戦略とか戦術って言うけど、違いは何なのさ?

戦略とか戦術って言うけど、違いは何なのさ?

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

あなた「戦略」という言葉を知っていますか?
「●●の経営戦略」や「ブルーオーシャン戦略」、「プラットフォーム戦略」など、書籍や雑誌などでもよく出てくるので、聞いたことや見たことがあるんじゃないかと思います。

では、戦略とよく似た言葉で戦術はどうでしょう?


今回は、この2つの違いをわかりやすく説明します。

戦略も戦術も「戦」という字が入ってることからわかるように、軍事のシーンで使われていた言葉です。

最初にビジネスに用いたのは、ピーター・ドラッカーだと言われています。
ビジネスも勘や経験だけに頼るのではなく、戦争と同じように環境を分析し、それに見合った作戦を立てることが必要だということで戦略という言葉を使ったそうです。
すごい発想ですよね。

その後、経営戦略や事業戦略、マーケティング戦略や販売戦略、価格戦略などなど、いろいろ所で戦略という言葉が使われるようになりました。
また、戦略という言葉が広く使われるにつれて、戦術という言葉も使われるよになっててきました。

この2つの違いって、なんでしょう?

戦略は目に見えない

戦略というのは、戦争の総合的な「準備」「計画」「運用」のことで、戦争に勝つための「長期的な」計略とされています。
例えば、そもそもどこと戦争をするのかとか、いつ戦争を始めるのかとか、戦争を行うための政治的な駆け引きなどです。

なので、戦略そのものは目に見えません
戦略をまとめた資料などは見れますけどね。

サロン経営に当てはめるなら、提供するサービス、価格、広告宣伝など、目的や目標達成のために取る手段をまとめたものが戦略です。

戦術は目に見える

一方、戦術とは、戦闘に勝つための方法です。
戦闘は、極論すると、兵隊さん1人1人の戦いのこと。
戦場で兵隊さんが有利に戦うための戦力の配置や陣形、使う武器を決めるようなものを戦術と考えると理解しやすいと思います。

これらは、形や行動として、見ることができます。

サロン経営では、部分的で短期的な決定が必要なこと。
例えば、施術中にどんなトークをするのか?どんな広告を使うのか?どんなツールを使うか?などが戦術と言うことができます。

戦闘は、個別の症状に対するテクニックや、広告の写真やキャッチコピー、トークの切り返しなどになります。

なので、戦略があって、その下に戦術がいくつもぶら下がっている感じです。
決して反対ではありません。

考える時も、戦略があって、その戦略を実行する手段として、戦術を考えていきます。
この順番が間違っていると、集客がうまくいかない、リピートが続かない、価格競争に巻き込まれる、なんてことに陥ります。

TVに映る戦略はじつは戦術

カンブリア宮殿やガイアの夜明、プロフェッショナルなどのTV番組で「苦境から大逆転した経営戦略」というのがよく出てきます。
観てて、すごく面白いし、勉強にもなります。観てない人はおすすめです。毎週見てください。

そんな、ことはさておき、TVで戦略として写しているのは、実は戦術です。
戦略とは全体像なので、映像として成り立たないから仕方ないんですけどね。

あなたの周りでも「戦略、戦略」て言って、戦術のことばかり話してる人はいませんか?

「口コミに繋がるアンケート」無料プレゼント

いま羅針盤のメールマガジンに登録すると、口コミに繋がるアンケートをはじめ、集客やリピート獲得に役立つツールを無料でプレゼント!

みんなにシェアする

7日間無料メールセミナー

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★