ビジネスも自転車と同じく動き出しが一番しんどい

ビジネスも自転車と同じく動き出しが一番しんどい

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

僕はマウンテンバイクとロードレーサーを持っています。
1人で乗るときは、このどちらかですが、子供を保育園に送り迎えするときや、一緒に出かけるときは、子供乗せ用の自転車を使います。
電動アシストはついてないので、こぎ出しが結構しんどいです。

でも、行ったん動き出すとあとは楽に進めます。

スタートが一番しんどい

ビジネスも自転車とにています。

動き出してスピードに乗るまでは、力も使うし、ふらつきもします。
でも、一旦、動き出して、スピードに乗れば安定して、楽に動き続けられるようになります。

初めて独立開業する場合や、新しいビジネスを始める場合は、特に動き出しがしんどいものです。
動いてないんじゃないかと思うぐらい。

実際に、頑張っても頑張っても、ほとんど動かない場合もあります。
でも、こがなければ自転車は動きません。

独立開業も、自分から動かないかぎり、前に向かって進むことはありません。

行き先とルートを決めることが大事

しんどくても頑張ってこぎ続けるには、行き先を決めること、そして絶対に行き着くんだと思うことが大事です。

行けても行けなくても、どっちでもいいや、というぐらいの気持ちだと、しんどい思いをしてまでペダルを回そうという気にはなりません。

また、行き先が決まっていないと、せっかく動き出しても、行き方が分からないかもしれません。
行き先が決まっていても、途中のルートを知らないと、行き着くことはできません。

力いっぱい、頑張ってこぐことも大事。
それと同じぐらい、行き先とルートを決めることが大事です。

とにかくこぎ続ける

自転車はこぎ続けていないと止まってしまいます。

ビジネスも一緒でこぎ続けないと止まります。

平坦な道もあれば、坂道もあります。
特に独立開業した当初は、きっっつい上り坂です。

新規のお客さんは来ないし、リピートはつづかない。
HPのアクセスは伸びないし、チラシの反応もない。
電話が壊れてるんじゃないかと思うぐらい、問合せや予約の電話が来ない時もあります。

売上は上がらないし、もちろん利益もでない。タダ働き同然です。

独立開業できたからと言って、そこで力を抜くと、すぐに失速して止まってしまいます。

止まっても、再度こぎ出す力ややる気が残っていれば頑張れますが、そうじゃなかったら力尽きてリタイヤ。
一度上り坂で止まってしまうと、動き出すのはめちゃくちゃ大変です。

上り坂を超えて、平坦な道や下り坂に入ると、楽に進めるようになります。
場合によっては何もしなくても、売上や利益が増えていきます。
先の方まで予約も埋まってくるし、新規のお客さんを断ることも出てきます。

次のしんどい坂は必ずやってくる

下り坂のときは、何もしなくても進めますが、次の上りに向けてペダルをこぎ続けていないと、上り坂になった途端に失速してしまいます。

だから、上り坂でしんどいときでも、下り坂で楽なときも、ペダルを回し続けないといけないのです。
ずっとこぎ続けてると、力がついて少しの力でも、スピードが出せるようになってきます。

でも、どんなに楽にこぐことができても、ペダルを回すことをやめたら、止まってしまいます。
その覚悟がなければ、独立開業しても、続けていくことはできません。

だけど、自分でハンドルを握って、自分の力で頑張ってこぎ続けるからこそ、自分の通りたいルートを通って、自分が行きたいところに行けるのです。

自分で独立開業するからこそ、やりたい仕事をして、ほしい収入を得て、夢や目標を叶えることができるのです。

あなたも、がんばってこぎ始めてください。

「口コミに繋がるアンケート」無料プレゼント

いま羅針盤のメールマガジンに登録すると、口コミに繋がるアンケートをはじめ、集客やリピート獲得に役立つツールを無料でプレゼント!

みんなにシェアする

7日間無料メールセミナー

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター>
1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。
自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。
現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。 
★詳しいプロフィールはこちら★