独立開業はイチかバチかのギャンブルじゃない

独立開業はイチかバチかのギャンブルじゃない

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

独立して、自分でサロンを開業することをギャンブルのように考えていませんか?
運良くいけば、たくさん儲けて、収入もアップ!
運が悪ければ、経営がうまくいかずに、借金を抱えることになるかも。。。

こんな考えをしているなら、独立開業なんてしないほうが身のためです。

独立開業はギャンブルじゃない

いきなりですが、僕はギャンブルに、全く興味がありません。

パチンコは学生時代に誘われて数回行った程度。
阪神競馬場が家の近くなので、子供を連れて遊びに行くことがありますが(キッズエリアが併設されています)、馬券を1回も買ったことがありません。
麻雀はゲームで覚えましたが、お金をかけてやろうと思った事がありません。

別に父親がパチンコ依存だったとか、お金を損したくないからとか、興奮する楽しさがわからないとかではなく、全く興味がないのです。
ギャンブルにハマっている人を見ると、「あぁ、アホやな」と思うだけ。

だから、カジノなんて行きたいと思ったことすらありません。

独立開業にはギャンブル的要素は、まったくないし、即断即決ができる人の特権でもありません。
反対にギャンブル的要素を感じながら経営をするということは、経営者失格です。
むしろ慎重に石橋を叩いて渡るぐらいの方が、経営者に向いているといえます。

やるべきことをやらないからギャンブルになる

じゃぁ、経営に失敗して廃業・閉店していく人は、運が悪かったんじゃないの?

運なんて関係ありません。
やるべきことを、きちんとしていないから経営に失敗するし、ギャンブルになってしまうのです。

自分のサロンの近くに、有名なチェーン店が出店した。
もともと競合が少ない地域に出店したのに、どんどん競合が増えてきた。
ショッピングモールができて、人の流れが変わった

などなど。

こんな事で運が悪いとか言ってると、経営なんてできません。
そもそも、周りの環境が変わらないという前提で、サロン経営をしていることが間違い。

環境なんて、常に変化し続けていきます。
消費者の好みや動向も、ず~っと変わっていきます。

こういう施術やメニューが人気がある
このエリアには人が多く集まる
駅のこっち側の方が、人通りが多い

でも、これって単に「いま」の話ですよね。

昔からずっとそうだったわけじゃないし、今後も続く保証なんてありません。
環境の変化に柔軟に対応して、自分も変化し続けないと、サロンの経営はできません。

独立開業するには、勉強も修行も調査も準備もテストも勇気も必要です。
ときには、即断即決が必要なこともあります。

でも、基本的にはしっかり考えて、慎重に物事をすすめる。
特に初めて独立開業する場合は、慎重にも慎重を重ねるぐらいの気持ちが必要です。

とはいえ、石橋を叩きすぎて、いつまでたっても渡れない、なんてことになると笑い話にもならないので、注意しましょう。

「口コミに繋がるアンケート」無料プレゼント

いま羅針盤のメールマガジンに登録すると、口コミに繋がるアンケートをはじめ、集客やリピート獲得に役立つツールを無料でプレゼント!

みんなにシェアする

7日間無料メールセミナー

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★