チラシ集客で「一回配布して終わり」がダメな理由

チラシ集客で「一回配布して終わり」がダメな理由

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

いきなりですが問題です。

ポスティングでも新聞折込でもいいのですが、新しく作ったチラシを2万部配布する場合に、あなたなら次のどちらの方法で配布しますか?

<1>20,000部×1回

<2>5,000部×4回

その理由も一緒に考えてみてください。

結論から言うと、5,000部×4回が正解です。

集客するにはできるだけ多くの人に、あなたのサロンを知ってもらわないといけません。

だからチラシで集客するなら、一気にたくさん配布してしまえ~。というのは間違い。

では、その理由をみていきましょう。

ダメな理由その1:効果が分からない

チラシに限らず、フリーペーパーなどの広告やネット広告など、すべての広告はずっとテストの繰り返しです。

そのため、チラシ集客の場合は、少ない部数で反応をみながら修正を繰り返していき、少しづつ精度を高めていくことがとても重要です。

新しく作ったチラシの場合、配布するまでどれぐらいの反応があるのかはわかりません

もしかすると、全く反応がないということも考えられます。というか、初めて作ったチラシだと、たぶん反応はありません。

そんな状態で大量に配布するのは、広告費を無駄にしてしまうリスクがあります。

僕も初めて作ったチラシは新聞折込とポスティングで3万部配布して、反応ゼロでした。

もう、かなり前のことなので、どれぐらいのコストがかかったのかは覚えていません、たぶんこれぐらい↓。

A4両面フルカラーのチラシ3万部だと、印刷だけで4万円ぐらい。
配布は新聞折込とポスティングが1部2.5円として7万円。
合計11万円。

で、誰も来なかったので、11万円はドブに捨てたようなもんです。。。

効果がないと分かってれば、そんなチラシを大量に配布するなんてことしませんでした。
知らないというのは怖いですね(T_T)

ダメな理由その2:タイミングを逃す

 

同じモノやサービスを買うとしても、人によってタイミングはバラバラです。

例えば、肩こりのAさん、Bさん、Cさんがいたとします。

Aさん
頭痛がするぐらい肩がこっているので、すぐになんとかしたい。
肩こりの得意な治療院やサロンを探している。

Bさん
肩こりがツライので、時間ができたらなんとかしたい
セルフケアだけでは効果が低いので、治療院やサロンを探そうかなぁ、と思っている。

Cさん
肩はこってるけど、それほどツラくはない。
セルフケアで十分と思っている。

このタイミングでチラシを目にすると、どんな行動になるでしょうか?

Aさん
かなり関心を持ってもらえるので、すぐにでも予約や問合せにつながる可能性も高くなります。

Bさん
選択肢の一つとして記憶される確率が高くなります。
そのうち連絡してみようと思って、チラシをとっておくかも知れません。

Cさん
記憶にも残らず捨てられて終わり。

チラシの配布が一回だけだと、Aさんが来て、いずれBさんが来るかもしれない可能性を残して終わりです。

でも、3人の状況はずっとこのままではありません。

Bさんが、そのうち行こうと思って残しておいたチラシを、捨ててしまっているということも考えられます。

Cさんが、突然仕事がめちゃくちゃ忙しくなって、Aさん並に肩こりがツラくなるかもしれません。

このときに、またチラシを見るとどうなるでしょうか?

BさんもCさんも、予約や問合せという行動を起こす確率が高くなります。
でも、チラシを1回しか配布していないと、その確率は限りなくゼロに近くなってしまいます。

このように、ニーズが発生するタイミングは、人によってそれぞれ違います。

だから、チラシに限らず広告は定期的に出し続けないといけないのです。

オープン時にやってしまいがち

開業したときは、誰でも「ガンバって集客するぞ!」と思いますよね。
で、ぶっつけ本番で作ったチラシを大量に配布する。

これは、ホントに多くの人が開業時にやってしまいがちなミスです。
前にも書きましたが、僕もやらかしました。

あとは、経営が苦しくなってきたとき。

起死回生のチャンスとばかりに大量のチラシを配布するけど、それまでチラシを作ってきていないので、反応のあるチラシを作れない。そして、効果がなくてドツボにハマる。。。

で、みんなどうするかというと

中身を見直して、またチラシを配布しよう!

ではなく

チラシって効果ないんだ・・・

と思って、チラシでの集客をあきらめてしまいます。
でも、ホントのところは「チラシで集客できない」のではなく、「集客できるチラシが作れない」のです。

少部数でテストを繰り返す

チラシで集客するには、少部数でのテストが必須です。

僕は、自分でポスティングできる1000~2000部程度でのテストをおすすめしています。
部数の目安は1週間で配布できるボリュームにすること。

チラシを配布しきったら、1~2週間ほど様子を見ます。

で、反応を見て修正して、また配布。これを繰り返します。

もし、チラシを見て来てくれたお客さんがいれば、なぜそのチラシをみて来てくれたのか、何が気に入ったのか、どうしてあなたのサロンを選んだのかを、ちゃんと教えてもらいましょう。

そうやって、ターゲットに何が響いているのか、何が共感を得ているのかなどを知ることが、より効果の高いチラシを作るために大切なステップです。

そしてある程度の効果が見込めるチラシが出来上がったら、ポスティングや新聞折込の業者に発注して、5,000~10,000部ぐらい配布します。

これも、もちろんテストなので、反応を見ては修正していきます。

こうやって繰り返していくことで、どれぐらいの部数のチラシを配布すれば、どれぐらい集客できるのかだ、だいたいですが予測できるようになっていきます。

そうすると、必要なときに必要なだけ(完全にではないですが)集客できるようになり、経営も楽になっていきます。

ポイントは「チラシはいきなり大量にまかない」。覚えておいてください^^

集客できるチラシ作成マニュアルプレゼント!

集客チラシStep by Step(無料
集客や広告の初心者でもステップにそって作業するだけで、集客できるチラシを作ることができるチラシ作成マニュアルです。(全48ページ) 広告を作る際の参考になる、実際に投函や折込まれていたチラシのサンプル121種類がセットになっています。
集客チラシ作成マニュアル

「口コミに繋がるアンケート」無料プレゼント

いま羅針盤のメールマガジンに登録すると、口コミに繋がるアンケートをはじめ、集客やリピート獲得に役立つツールを無料でプレゼント!

みんなにシェアする

7日間無料メールセミナー

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★