メールアドレスをゲットする簡単な方法

メールアドレスをゲットする簡単なコツ

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

あなたは、サロンに来てくれたお客さんのメールアドレスを、ちゃんとい聞いていますか?

なかなかうまくメールアドレスを教えてもらえないというあなたに、メールアドレスをゲットする簡単なコツを伝授します。

メールアドレスを入手するメリット

お客さんのメールアドレスを聞き出すと、どんなメリットがあるでしょうか?

接触頻度を増やすことができる

お客さんと一対一で接触する方法は大きく分けて次の3つ

  1. 対面、対話する:サロンに来たり電話で会話する
  2. DM・レターを送る:DMやお手紙、時候の挨拶など郵便物を送る
  3. メールを送る:Eメールにメールを送る
  4. SNSでメッセージを送る:FBやLine@などでメッセージを送る

ブログやHPを見てもらう、動画を見てもらうというのも接触方法の1つですが、多くの人に対して開かれていて、あまり個人間のやり取りとしては捉えてもらえないので、ココでは除外します。

よく接触する人に気を許す「ザイオン効果」

人間はよく会う人、よく接触する人を信用し、信頼感を覚えるという傾向があります。
このことを「ザイオン効果」といいます。

ニュースレターや年賀状などの時候の挨拶に加え、メールを使って接触頻度を上げることでザイオン効果も強くなり、それが信頼性の構築へと繋がります。

そうすると、リピート率も上がりやすくなるし、アップセルやクロスセルも受け入れてもらいやすくなるので、売上を上げるにはとても有効です。

また、来店の期間が空いて休眠してしまっても、接触を取り続けることで復活してもらえる確率も高くなるので、売上を安定させるにはとても重要。

営業マンが足繁くクライアントのもとに通うのも、そのときに発注があることを期待しているのではなく、信頼感を感じてもらうことで、何かあったときに呼んでもらえることを期待しているんですね。

しかも、メールは基本的に無料です。
(サーバーやアカウント管理費が必要なケースもありますが、メール送信自体は無料)

なので、ザイオン効果を強めるために、メールアドレスをゲットして活用しないなんて、もったいないことをする手はありません。

とは言え、なかなか書いてくれないのが実情ですよね。

わかります。。。

メールアドレスを欠かない理由

カウンセリングシートにメールアドレスの欄を作っていても、なかなか書いてくれません。
「ご予約の前日にご案内メールをお送りします」て書いてても半分ぐらいのお客さんが書いてくれれば、いいほうだと思います。

なんで書いてくれないのでしょうか?

それほど、難しい深刻な理由があるわけではありません。大体、次の2つぐらい。

メールアドレスが流出することへの懸念

個人情報の流出、よくニュースでも取り上げられていますよね。

しかも日本を代表するユ●クロやソ●ー、Yah●oや楽天など世界規模の企業がハッカーの攻撃にあって、メールアドレスなどの個人情報が流出しているんです。しがない個人事業のサロンや治療院なんか狙われたらイチコロ!と思われていても仕方はありません。

こういった情報流出に敏感な人は、しつこく「アドレスを書いてください」というと、「怪しい・・・」と思われてしまいかねません。

そうなったらリピートどころではないので、「個人情報がねぇ。。。」というお客さんには、無理にお願いしないようにしましょう。

メールアドレスを書くのが面倒くさい

とはいえ、メールアドレスを書いてくれない人の大半は、こちらの理由ではないでしょうか?

普段からメールアドレスを書くことの多い人ならまだしも、自分のメールドレスを覚えていない人もいます。

また、アルファベットも書き慣れてないと(特に年配の方)、そもそも書くことがチョーめんどくさくなります。

僕もあまりお店などでは、メールアドレスを書きません。
何故かと言うと、面倒くさいから。

あなたはどうですか。

じゃぁ、自分から進んでメールアドレスを書いてくれない人はあきらめるのかというと、別にあきらめなくても大丈夫です。

あきらめるって、してしまうとこの記事を書いた意味がなくなっちゃいますからね^^

メールアドレスを簡単にゲットする方法

それは、とっても簡単です。

初回の施術が終わった後に、こういいます。

山口 和也
初めて施術したときは「好転反応」という反応が出ます。どんな反応が出るかは人それぞれですが、初回の施術後にどんな好転反応がでたか?というのが、2回目以降の施術を考えるのに、メチャクチャ大事なんです。
だから、今から24時間の間に●●さんにどんな好転反応がでたかを、メールで教えてください。
なんとも無ければ「何もなかった」でいいし、色々な反応が出たら細かく伝えていただければ、それをもとに2回めの施術を組み立てていきます。
今日は初回なので色々とお話しましたけど、他の事は忘れてもいいから、メールを送ることだけは忘れないでくださいね^^

これだけです。

あとはメールアドレスと、いま話した内容を書いたカードなどを作って渡せばOK(^O^)/

ポイントは24時間。
別に48時間でも72時間でもいいじゃないか?と思われるかもしれませんが、時間が空きすぎすとかなりの確率で忘れられます。

なので24時間なのです。
できればお渡しするカードに”7月7日の20:00までにメールをください”って日時まで指定して書いてると、さらに忘れられなくなります。

また、サンキューレター(来店当日に送る)でも、好転反応に触れていると、送ってくれる確率が上がります。

メールが来なかったら・・・

ここまでしてもメールが来ないこともあります。
そんな時は、メールがないので心配しています・・・というお手紙を送ります。

文面はだいたいこんな感じ。

山口 和也
こんにちは。●●さん。■✖▼サロンの★★です。先日はご来店いただきありがとうございました。
その後、お体の調子はいかがでしょうか?
好転反応が強く出過ぎていないか、どこかに痛みや違和感などが出ていなか心配しています。好転反応だけじゃなく、何かお体のことで気になることや疑問などがあれば、お気軽に1234567@abcdef.comまで、お気軽にご連絡ください。●●さんからのご連絡を心よりお待ちしております。

こんな感じのお手紙を、施術の翌々日(48時間後)に届くように送ります。

そうすると、ホントに翌日のメールを忘れていた人は、連絡をくれる確率が高くなります。

とはいえ、それでも100%の人がメールを送ってくれるわけではありません。

りぴーと率100%なんてありえないので、そんな場合は縁がなかったと思ってあきらめましょう。

「口コミに繋がるアンケート」無料プレゼント

いま羅針盤のメールマガジンに登録すると、口コミに繋がるアンケートをはじめ、集客やリピート獲得に役立つツールを無料でプレゼント!

みんなにシェアする

7日間無料メールセミナー

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★