人はよく会う人を信用し、信頼し、好きになるザイオン効果

よく会う人を信用するし信頼するし好きになる

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

人間はよく会う人、よく連絡を取る人に親近感を覚え、信頼感も生まれます。

だから、恋愛は同じクラスや部活、塾、バイト、職場など、身近な人との間で起こりやすいんですね。

そして、このことはサロン経営にとってリピートやアップセルなど、売上と利益を安定させるのに、めっちゃ重要です。

ザイオン効果

人は接触回数の多いひとや物に、親近感を持ちやすいという性質があります

これをザイオン効果と言います。

テレビで毎日のように見ているタレントさんやアナウンサーさんは、実際に会ったことがなくても、なんとなく親しみを感じていることが多いですよね。

また、たまにしか会わない人よりも、毎日顔を会わす人に対して親近感を感じるので、近くにいる人とは、仲良くなるし恋愛対象にもなりやすいのです。

同じクラスになって、仲良くなって、一緒にいる時間が長くなるうちに、気がつくと好きになっていた。というのが典型的なぱたーんですよね。
て、考えると、一目惚れってかなりレアなんですね。

ちなみに僕の初恋は、隣ではないけど家族ぐるみの付き合いがある、近所のお家の同い年の女の子でした。
しかも、2人とも年が同じ兄が2人いて、4人とも同じ少年野球のチームに入ってて、さらに僕の父はチームの指導者という絡みっぷり。
小学生になると僕もチームに入り、初恋の相手はマネージャーをやってました。
まるで漫画のような設定ですね。

なんて、僕の恋愛遍歴なんておいといて。

お客さんに親近感を感じてもらい、信頼されるためには、恋愛と同じく、こまめに接触を取り続けることがとっても重要です。

大企業はどうして広告を出し続けるのか

車、家電、飲料、食品、レストラン、住宅、銀行などなど。色んな企業が莫大なお金を支払ってテレビでCMを流し続けています。

新しい商品を紹介しているCMもあれば、昔からの商品を紹介し続けているCMもたくさん。

例えば、「アサヒ スーパードライ」のCM。
日本人でお酒を飲む人なら、たぶん99%以上の人が知ってるでしょう。

新しい商品やシーズナリティーな商品を宣伝するならまだしも、これだけ認知度が高い商品のCMを流し続ける意味は、どこにあるんでしょうか?

それは自己満足。

ではありません。

CMを流し続けることで、スーパードライに親近感を感じてもらい、ビールを買うときに選んでもらおう、という狙いがあるのです。
これもザイオン効果の応用ですね。

サロンではどうすればいいの?

じゃぁ、サロンに応用するにはどうすればいいのでしょうか?

まさか、CMを流しまくるわけにはいきません。

CMを作って、公告の枠を買って流してなんて、とてもじゃないけど個人でできる金額ではありませんしね。
(局やエリア、時間帯にもよりますが、15秒のCMを1回流すだけで2~300万円と言われます)

だったら何をするのかというと、ニュースレターやメールマガジンです。

でも、メールマガジンは他のメールに埋もれてしまって読まれないことが多いのも事実。

読まれないメールは送っていないのと同じことなので、手にとって見てもらいやすい、ハガキや封書を送るのがオススメです。

なかでも、接触頻度を高めるのに必ずやるべきなのは、毎月のニュースレターの発行です。

他にもサンキューレターや時候の挨拶、来店期間が空いたときの伺いレター、バースデーカードなど、色々考えられます。

ポストに自分宛ての郵便物が届いていたら、少なくともどこから来ているのか、何が書かれているのかぐらいは、ざっと確認しますよね。

それだけでも、接触したことになりザイオン効果が高まります

内容が面白かったり、役に立ったりして読み込んでもらえるなら、さらに親近感もザイオン効果も高まります。

まずはコンタクトし続けること

こうして接触を取り続けることが、結果的には長いリピートにつながり、LTV(生涯顧客価値)が大きくなり、サロンの安定経営へとつながるのです。

「え~、毎月レターを送るなんて大変・・・」て思いました?

でも、ホントにそうでしょうか?

新しいチラシを作って発注したり、フリーペーパーに出す広告を考えたり、PPCをメンテナンスしたりするほうが、よっぽど大変じゃないですか?
お金もかかるし。

既存顧客に連絡をとる場合、メールなら無料だし、ハガキでも62円、手紙で82円しかかかりません。

ネット広告にしてもリアル広告にしても、競合が増えて、見込み客選択肢が多くなったことで、新規を1人獲得するのに1万円を越すのも当たり前になってきました。

それだけお金をかけても、リピートに続くかどうかはわかりません。

だったら、すでにリピートしている人をつなぎ留めておくほうが、はるかに簡単

経営的に見ても、新規を追いかけ続けるより、しっかりリピートする仕組みを作るほうが大事なのです。

そのためも、接触頻度を高めてザイオン効果を活用していきましょう。

新規集客をガンバれば儲かる!と思っている人は読んで下さい

2016.11.12

安定したサロン経営に欠かせない「LTV」という考え方

2016.10.22

「口コミに繋がるアンケート」無料プレゼント

いま羅針盤のメールマガジンに登録すると、口コミに繋がるアンケートをはじめ、集客やリピート獲得に役立つツールを無料でプレゼント!

みんなにシェアする

7日間無料メールセミナー

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★