努力し続けるために大切なポイント

努力し続けるためのコツ

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんにちは。羅針盤の山口です。

仕事にしても、趣味にしても、それなりの成果を出そうと思うと努力が必要です。

「何をいまさら」と思うかもしれませんが、とっても大事なこと。

そして、努力は続けないと意味がありません。

今日は、努力を続けるために大切な、とても大切なことをお伝えします。

努力は根性論じゃない

世の中には、努力を続けられる人と、続けられない人がいます。

あなたはどちらでしょうか?

中には、何も意識しなくても努力できてしまう。という“天才”もいると思います。

でも、それは一部の人の話で、僕も含め普通の人は、なかなかそうはいきません。

僕なんてすぐに怠けたがる。

できるだけ努力をしないで生きていこうと、常日頃から考えるぐらい、努力し続けることが苦手です。

ちなみに、座右の銘は「最小限の努力で最大限の成果」
あんまり大きな声では言えませんけどね^^

でも、実はちょっとしたコツで『努力を続けること』ができるようになります。

努力した成果を発表する

そのコツとは、「努力した成果を発表する」というもの。

自分が努力してやってきたことを発表して、それに対する評価をしてもらうのです。

「成果」というと、いいことを発表しなくてはいけないと、思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

いいことも、悪いことも成果です。

だから、努力してチャレンジしてみて、結果的に失敗したとしても、それは成果です。

努力の成果を発表する場があるからこそ、ごまかしは効かないし、努力し続けないといけない。
ちょっと、追い詰められているような気がするかも知れませんが、それでいいのです。

僕の場合は、こうやってブログを書いたり、メルマガを書いたり、電子書籍を出版したり、セミナーやったりすることがコンサルトしての発表の場です。

僕が持っているマーケティングや経営の知識なんて、たかが知れているので、アウトプットし続けるためには、それ以上にインプットして実践し続けないといけません。

だから、僕の整体院でも使えると思ったことは、かたっぱしから試していってます。
もちろん、アホほど失敗もします。

でも、そこから学びがあるし、だからこそ机上の空論じゃなくて、より実践的なアイデアやコツなんかを、皆さんに提供することができるのです。

努力も失敗も隠さなくていい

努力をしても、いい結果にならなかったらダメ、という考えを持っていたら、確実にモチベーションが下がっていきます。

ずっと上手くいき続ける、なんてことは絶対のありえないので、ダメな結果がでたとしても努力した分は評価をもらっておく。ということも大切です。

「失敗したことは隠したい」

「努力したことは隠しておきたい」

というのも分からなくはないですが、これは忘れてしまいましょう。

努力したことを表に出せば、必ず評価してくれる人が現れます。

幸いなことに日本では、努力したことそのものを評価する。という風潮があります。

達成できなくても「よくがんばった!」という評価がもらえてしまうのです。日本人はみんな、基本的に優しい。

それを糧にして、次も努力できるようにするのです。

ぜひあなたも、自分が努力した成果を発表してください。

それがあなたの成長につながります。

「口コミに繋がるアンケート」無料プレゼント

いま羅針盤のメールマガジンに登録すると、口コミに繋がるアンケートをはじめ、集客やリピート獲得に役立つツールを無料でプレゼント!

みんなにシェアする

7日間無料メールセミナー

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★