信頼性を高める3つの方法

信頼性を高める3つの方法

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは。
繁盛サロン育成塾 羅針盤の山口です。

サロン経営者にとって「お客さんに信頼してもらえるか」というのは、とても重要な課題ですよね。

どんなに

「この施術が素晴らしい」

「このサービスは最高です!」

とすすめても、その言葉が信頼されなければ全く意味がありません。
そこで今日は、簡単にあなたの信頼性を高める3つの方法をお伝えします。

信頼性を高める方法その1:誰かに語ってもらう

これは、とても簡単ですがすごく効果がある方法です。

誰かに、あなたのことについて語ってもらうのです。

自分で自分のことを語ると、それはすごく嘘っぽく聞こえてしまいますよね。
下手すると「あんたの自慢話なんか聞きたくねーよ」って思われてしまいます。

一旦、そう感じられるとバイアスがかかって、ホントのことであっても嘘っぽく聞こえてしまう。。。

そんな事になってしまうと、信頼性もへったくれもありません。

そうではなく、お客さんやあなたの周囲の人にあなたについて、語ってもらいましょう。

特に、満足しているお客さんの声は、他の何よりも、あなたの信頼性を高めてくれます。

信頼性を高める方法その2:お客さんの成功ストーリーを語る

あなたの施術やサービスを通して、これまでに来たお客さんがどんな風に変わったのか?

それをストーリーにしましょう。

あなたと出会う前の状況、
あなたに出会ってからの変化。
そして、今の状況。

これをストーリーで伝えれば、多くの人の感情をかき立てあなたのメッセージを伝えてくれます。

ポイントはあなたの見込み客がそのストーリを読んで「自分のことだ!」と感じる内容にすること。

ターゲットは腰痛に悩んでいるのに「3ヶ月で10kg痩せた!!」って言われても、何も響かないですからね^^

信頼性を高める方法その3:有名人を使う

これはちょっと、というかかなりズル賢い方法です。

有名人を使うと、一気に信頼性が高まるというのは、想像に難くないと思います。
サプリメントや健康食品の広告なんて、有名人だらけですからね。

とは言っても、たまたま有名人があなたのサロンに来て施術を受けてくれるのを待つ、というわけではありません。

TV局やスタジオなどが近くにあれば、そんな偶然(?)も期待できなくないでしょうけどね。

ちなみに僕の整体院は関西テレビのすぐ近くなので、これまで何人かアナウンサーさんが来てくれました。でも、全員が顔も名前も出しちゃダメ~とのこと。
アナウンサーといえどサラリーマンなんで、色々と厳しいみたいです。トホホ。

だからといって、高いお金を払って有名人を使ってCMを作るというわけでもありません。

では、どうするのかというと間接的に有名人を使うのです。

もう少し具体的に言うと、

「有名人の言葉を引用する」

ということです。

例えば、こんな感じ。

日本では知らない人がいないほど有名な、とあるプロ野球の選手が、ヒーローインタビューでこんな言葉を言いました。

「カイロプラクティックを受けていなければ、今の僕はこんなプレーをできていなかった」

あるいは

ママタレントとしても活躍する女優さんが、妊娠前と変わらないスタイルの秘訣をきかれて

「産後に骨盤矯正を受けてケアしたから、妊娠前を同じ衣装が着れるんです」

などなど。

実際にあなたが施術をしたのではなく、同じ(ような)技術や施術を提供しているのであれば、こういった有名人の言葉を活用することができますよね。

こんな風に、ニュースや新聞をチェックして、超有名人の言葉を探します。

その中から、あなたのサービスや商品に使えるものがないか、チェックしてみてください。
きっと使えるものがあるはずです。

集客を始める前に 知っておくべき人を動かす6つの力

2017.06.12

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

羅針盤の山口でした。

みんなにシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★