紹介お願いレター

紹介お願いレター

うまくご紹介に繋がらない理由

ご紹介が発生しやすいのは、施術やサービスへの感動が薄まらない初回のすぐあとです。

とは言え、施術が終わった直後に紹介をお願いする=別の人の話をされるのは、お客さんにとって疎外感を感じる要因ともなります。

また、カウンセリングで聞いたことや今後のリピートのことなどが頭の中を占めているので、自分に関係ない紹介の話をされても、記憶に残りにくいという面もあります。

そのため、初回の施術が終わったその場では、お客様からご紹介について切り出さない限りこちらからは触れずに、サンキューレターとは別に「ご紹介お願いレター」を送ります。

対象は回数券やコースを購入した人、リピートの予約をした人に限定します。

感情で買って理性で納得する

人間は「感情で買って理性で納得する」と言われるように、購入した理由を後付で足して、納得しようとします。

例えば整体の回数券を購入した場合「続けて通わないとよくならないし、それだったら回数券のほうが得だし、回数券持ってるとちゃんと通わないといけなくなるし、一回でもこんなにカラダが楽になったんだし、ちゃんと続ければ体も変化するはずだし・・・」という会話を頭の中で何回も何回も繰り返して、理性的に納得していきます。

その状態で、紹介をお願いするレターが届くと、続けて通うというコミットメントの確認にもなり、とても有効です。

また、接触回数を増やして関係性を構築するのにも役立ちます。

文面はお好きなように書き換えてもらってもいいですが、注釈に書いていることを参考に文章を組み立ててください。

郵送するときは、印刷用紙や封筒を少し高級感のあるもの(和紙がオススメ)にすると、特別感も出るし、手にとってもらいやすくなります。

くれぐれもペラペラの茶封筒なんか使わないように。

利用は完全無料です。

ご利用は完全無料です。あとから追加で利用料が発生することもありません。
ぜひ、今すぐこの下のフォームからメールアドレスを登録してダウンロードしてください。

ダウンロードはこちら
 
ご登録いただいたメールアドレスに
ダウンロードURLをお送りします。
▼ ▼ ▼



*メールアドレス
*
*