心が折れそう なときにオススメの対処法

心が折れそう なときにオススメの対処法

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
5 8 秒です。


心が折れそう になることって、 ありますよね・・・

この1週間、 予約がガラ空き。

ぜんぜんリピートが取れない。

広告出してんのに、 集客できない。

コミュニケーションの取れていたお客さんが離れていく。

残高が足りなくて、 引き落としできなかった請求書が届く。
それも次々に。

などなど。

何かにつまづいたり、 壁にぶつかったりして、 心が折れそう になる。。。

今日は、 そんなときにオススメの対処法をご紹介します。

それは。。。

エライ人達の共通点

自伝を書いたり、 伝記を書かれる人ってどんな人でしょう?

試しに、 これまでに僕が読んだのを挙げていくと、 こんな感じ。

スティーブ・ジョブズ(Apple創業者)

レイ・クロック(マクドをでっかくした人)

孫 正義(ソフトバンク創業者)

マーク・ザッカーバーグ(フェイブック創業者)

トーマス・エジソン(世界の発明王)

ウォルト・ディズニー(ディズニー創業者)

ジェフ・ベゾス(Amazon創業者)

三木谷 浩史(楽天創業者)

江副 浩正(リクルート創業者)

柳井 正(ファーストリテイリング会長)

本田 宗一郎(ホンダ技研創業者)

アルベルト・アインシュタイン(理論物理学者)

ジャッキー・チェン(呑めば呑むほど強くなる)

モハメド・アリ(蝶のように舞、 鉢のように刺す)

などなど。

みんな、 エラい人ばっか。

こういったが売れ続けている人たちには、 共通することが2つあります。

1つは、 もちろん成功していること。

それはビジネスであれ、 スポーツであれ、 芸術であれ、 他の人に真似出来ないような成功を成し遂げた人の自伝だからこそ、 たくさんの人が読みたいと思うのです。

そして、 2つ目の共通点は失敗していること。

自伝のセオリー

それはそれは、 大きな失敗を繰り返しています。

破産なんて当たり前。

数億円もの負債を抱えたり、 仕事仲間や友達だけじゃなく、 家族にも見放されたりもしています。
裁判で訴えられるのは序の口で、 刑事事件の被告になってる人だっているぐらい。

エジソンなんて、 小学校の先生があわなくて3ヶ月で中退してます。現代と価値観が違うとはいえ、 かなりアウトローですよね。

こんな人達の失敗や挫折、 逆境に比べたら、 これまで僕が経験してきた失敗なんて、 ほんとになんでもないことのように思えます。

そんな大きな失敗や困難を乗り越えて、 前に進んだからこそ、 成功を手に入れてハッピーエンドとなるのが、 だいたい自伝のパターンです。

そして、 そこに心が折れそうになったときの対処法が隠されています。

盛り上がりに 心が折れそう な失敗は欠かせない

とある大富豪の自伝

生まれたときから恵まれた環境にいて、 その後も順風満帆。
親の資産を引き継いで、 平和に暮らしましたとさ。

これでは、 盛り上がりも何もあったもんじゃありません。読みたいとも思わないですよね。

面白い自伝には、 失敗や挫折、 逆境は盛り上がりを作るために欠かせない要素です。

そして、 どんな人であれ、 失敗や挫折はつきものです。

じゃぁ、 失敗や挫折で心が折れそうなときにはどうすればいいかというと、 自伝を書いてるつもりになればいいのです。

心が折れそうな失敗や挫折があっても、 この後のクライマックスに向けた盛り上がりのための前振りだと思えば、 (それなりに)楽しむことができます。

サッカーの本田圭佑選手が、 右膝を故障したときに話してた内容が心に残っています。

曰く
この苦境は自分だけに起きている。苦境を乗り越えたときの成果も自分だけに与えられる。だから逃げずに、 逆に楽しんでいる。
(うろ覚えなんで細かいことはご容赦ください)

超ポジティブ!
なかなかここまでは難しいけど、 自伝だったらクライマックス前にある、 格好の盛り下げイベントですよね。

とはいえ。

苦しいことやツライこと、 イヤになることもあるので、 悩みのタネは尽きないし、 心が折れそうにもなります。

でも、 何かにつまずいたり、 壁にぶつかるというのは、 前進しているということ。

前に進んでなければつまずきもしないですからね^^

心が折れそうになったら「前に進んでいるからなんだ」と言い聞かせましょう。

そして、 前に進み続ければ道は開けます。

あきらめず、 一緒にガンバっていきましょう!

安定化志向と可塑性 脳の2つの特徴を活かして成功体質になる

2016.10.20

モチベーションを維持 する秘訣。 それは上げすぎないこと。

2016.10.06

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、 なかなか参考になるやん」と感じたなら、 SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、 ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★