相場 を見て、施術単価を決めちゃいけない2つの理由

相場 施術単価

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
6 56 秒です。


あなたは施術メニューの料金を決めるときに、 相場 を気にして決めましたか?

それは、価格をどうやって決めればいいか?

サロンを開業するときに、多くの人が悩むことです。

物販や飲食などは、原価があって、それに経費や人件費、さらに利益を乗せることで価格が決まります。
一般に、飲食は30%が目安、物販だと40%と言われます。
もちろん、商品にもよって違うし(飲み物は原価率が低い)、お店の規模、ブランドなどの要素でも変わります。

とはいえ、商品原価があり、流通費、加工費、人件費、欲しい利益などの積み重ねで、価格が決まることは同じです。

じゃぁ、役務(サービス)が主体の施術の価格って、どうやって決めればいいんでしょう?

まずは周辺の競合を調べまくる

価格をどうしたらいいかわからないと、大体の人は競合のサロンが、どれぐらいの価格なのかを調べます。
僕も調べまくりました。

で、見れば見るほど、わからなくなる。
ものすごい高価格なサロンもあれば、びっくりするぐらい低価格のサロンもある。
そもそも、価格がオープンになってないところもある。

なんで、こんなに高い価格でお客さんが来るのか?
どうやって、こんな安い価格でやっていけるんだろう?

考えれば考えるほど、迷いの森に入っていきます。

そして、やりがちなのが「相場に合わせる」こと。
でも、これは間違いです。

相場は気にしない

価格が決められないからと言って、相場を見て、それに合わせることに意味はありません。

それには2つの理由があります。

1つ目は、それぞれ状況が違うこと。
一般に、大規模なチェ-ンは低価格なことが多いです。
それは大量仕入れができることや、広告宣伝をまとめて行えること、従業員数が多いので、回転数を上げて薄利多売ができることなどによります。
反対にチェーンだから、ブランド力で高くなっているところもあります。
こういったサロンは、マーケティングや経営の理論にそって、価格が決められているはずです。

一方、個人経営の小規模サロンでは、もうめちゃくちゃと言っていいほど価格がバラバラです。
一家を支える収入の柱としてサロンを経営している人と、片手間で副業的にやっている人だと状況が違うし、従業員がいるのか、1人サロンなのか、テナントなのか、自宅なのか、出張なのかなどなど、1つとして同じ状況のサロンは存在しないので、価格の決め方が違うのも当然です。

そして、個人経営のサロンの多くが、価格の決め方を知らずに決めています。
この人達も、自分で価格を決められないから「周りはどれぐらいだろう」と見回して、平均的な価格を設定する。
それが、相場になっているのです。

価格の決め方を知らない人が作り出した相場を参考にしても、意味がない。
これが2つ目の理由です。

不安だから、少し安くする。は大間違い

多くの人は、相場を見て迷いに迷った挙句、どうするかというと、周辺の競合より少し安い価格を設定してしまいます。

オープンしたてだし。。。
まだ、慣れてないし。。。
高い金額をもらうのに抵抗が。。。
最初のうちは、安い金額で。。。

これも、また大きな間違いです。

1人サロンにかぎらず、個人でサロンを経営する以上、チェーン店に価格競争では絶対に勝てません。
大型チェーンは資金力があるので、ある程度の期間、利益がなくても耐えることができます。

でも、資金力のない個人サロンは、利益が出なくなると、すぐに潰れます。
せっかく独立開業したのに、あっさり潰れてしまうなんて、残念過ぎますよね。

また、安い価格にすると「安い」ことに価値を感じるお客さんが集まります
こういうお客さんは、他に安い所があれば、すぐに流れるのでリピート率も低くなって、経営を安定させることができません。

そして、経営が立ち行かなくなって廃業する。
というのが良くあるパターンです。

ほしい収入から逆算する

じゃぁ、どうやって決めればいいのでしょうか?
カンタンです。
あなたが欲しい年収から逆算すればいいだけです。

それともう1つ大切な要素があります。
それは、どんな働き方をしたいのか。ということ。

1年365日休みなく働くのと、週休2日で働くのとでは、1日あたりに必要な売上が変わってきます。
どんな働き方をしたいのか、どれぐらい休みたいのか、どれぐらいの稼働率で働きたいのか、も一緒に考えます。

年収1000万円、年間休日120日、1日8時間労働、回転率50%の場合

年収を1000万円にするためには、経費を考える必要があるので、売上が1000万円では足りません。
この後の計算をしやすくするために、経費を440万円とします。

年間に必要な売上=1440万円。これを、分解していきます。

1440万円÷12ヶ月=120万円…1ヶ月の売上120万円
120日÷12ヶ月=10日…1ヶ月の休日20日
120万円÷20日=6万円…1日の売上6万円

これで1日に必要な売上が6万円とわかりました。
ココから、単価を出していきます。

1日の労働時間が8時間で、稼働率が50%なので、施術の実働は4時間。
1回の施術が1時間とすると、1日に4人のお客さんを施術できます。

6万円÷4人=1万5000円

施術が1時間の場合、単価は1万5000円が最低ラインとなります。

今回は計算しやすくするために、年間の売上を1440万円(120×12)にしました。
自宅サロンだと、テナント料がかからないので経費もぐっと下がるし、営業日数や時間を増やすなら、もっと単価を下げることもできます。

それでも、1人サロンで余裕をもって経営していくなら、1時間1万円ぐらいが最低ラインだと思います。

そんな金額をもらえるほどの技術も知識もない・・・
だったら、高めればいいだけです。

僕の整体院では30分のコースが12000円です。
他のコースも、この金額をもとに価格を決めているので、1ヶ月うち15日休んでも、売上が100万円を越しています。
稼働率も40%より低く抑えています。

自分の時間もたくさんあるし、子供と過ごす時間も長いです。
本もいっぱい読めるし、趣味に使う時間も増えました。

一度あたなも、欲しい年収と叶えたい働き方から、価格を計算してみてください。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

ご自由にコメントをどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★