日本人は世界で一番○○になりやすい理由は セロトニン 不足

知ってますか?日本人は世界で一番○○になりやすいんです。





この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
7 35 秒です。


日本人の多くの人が悩まされる可能性を秘めていて、 そして実際に多くの人が悩み、 苦しんでいる。

ニュースなどでよく取り上げられている、 もはや国民病とまで言われるほど、 多くの人がかかる病気を知っていますか?

それは、 心の病、 「鬱(うつ)」 です。

でも、 なんでそんなに多くの人が、 心の病に悩まされるのでしょうか?

幸せ感を生む 「 セロトニン 」

セロトニン とは、 神経伝達物質の1つ。

セロトニン が不足すると次のような症状が現れます。

疲れやすい、 やる気が出ない、 集中力が欠ける、 イラつき、 感情的、 落ち込みやすいといった精神的影響や、 食欲がなくなる、 不眠、 肩こり、 片頭痛などの肉体的影響など。
また、 買い物やギャンブルなどの様々な依存症が起きる原因にもなり、 統合失調症やうつ病、 パニック障害といった症状も引き起こす

反対に、 セロトニンが十分に分泌されていれば、 こういた不安感やストレスを必要以上に感じることなく 「多幸感」 を得ることができます。

あまり詳しくかいても、 このブログの主旨とはずれずので、 バックリと誤解を恐れず、 簡単すぎるほどにまとめると、 セロトニンが足りていればハッピー、 足りてないとアンハッピーな気持ちになるということです。

また、 セロトニンが多いと楽観的、 少ないと悲観的に物事を捉えるようになります。

では、 セロトニンの生成量が少ないから、 日本人が鬱になりやすいのか?というと、 実はそうではないことが最近の研究で分かってきました。

ポイントは運び屋です。

セロトニントランスポーター

セロトニンを運ぶ役割をする物質を 「セロトニントランスポーター」 といいます。

このセロトニントランスポーターは、 セロトニンを運搬できる量で 「L(lerge)」 と 「S(small)」 の2種類の因子があり、 この組み合わせで機能が決まります。

つまり、 次の3種類のセロトニントランスポーターが存在します。

LL型:セロトニン伝達量→多い

SL型:セロトニン伝達量→普通

SS型:セロトニン伝達量→少ない

これは両親からもらった遺伝子で決まるので、 両親ともにLL型だと子供もLL型、 両親ともにSS型だと子供もSS型、 両親ともにSL型だと、 子供はLL型、 SL型、 SS型のいずれた、 というように子供に受け継がれます。

血液型と似ていますね^^

そして、 ここからが重要です。

日本人の約68%は、 セロトニントランスポーターがSS型なんです。
欧米人と比較すると、 こんな感じ。日本人、 LL型少なっ!!

人種 SS型(少ない) SL型(標準) LL型(多い)
欧米人 19% 49% 32%
日本人 68% 30% 2%

つまり、 欧米人は楽観的に物事を捉える人が多く、 反対に日本人は悲観的に物事を捉える人が多い。そして、 そしてそれだけ鬱にやりやすいということ。

ちなみに、 日本人だけじゃなく中国人と韓国人もSS型が多く約63%。
まぁ、 東アジア全体が悲観主義、 ということですね・・・

これは遺伝的形質なので、 どうしようもありません。

個性尊重と集団尊重

楽観的に捉える人は 「なんとかなるやろう」 と突っ走ります。で、 それぞれが好き勝手なことをする。
大雑把に言うと、 こうして欧米は個性尊重の社会が作られていったのです。

一方、 物事を悲観的に捉える傾向が強いと、 自分だけではなんともできないので、 人の助けを求めるようになります。
お互いに悲観的に捉えやすいので、 協力することで少しでも不安を和らげ安心を得ようとする。

そうすることで集団の結束が強まり、 助けあうという精神や活動が強化されていき、 それが日本や中国、 韓国の特徴でもある集団帰属性の強い社会を作る要因となりました。

なので、 日本人の社会で突っ走る人は、 集団の中にいる人からすると秩序を乱す邪魔者と見られるので、 爪弾きにされる。よくある構図ですよね・・・

そして、 集団の中で交配し、 供が作られていくので、 SS型の遺伝的形質が受け継がれ、 どんどん増えていくことで、 今の日本社会が出来上がっているのです。

でも、 別にこれは悪いことではありません。

この悲観的に物事を捉える傾向が、 日本人特有の真面目さと勤勉さを生むもとでもあります。

不安だからガンバル

最近、 日本のトップメーカーの不正が明るみに出ましたが、 それでも 「メイド・イン・ジャパン=高品質」 というイメージは強くあるし、 実際にそのとおりだと思います。

これも悲観的に捉えるからこそ、 生み出されたものです。

「ここまでチェックしたけど、 まだ何か問題が起きるかもしれない」

「こんな使い方をすれば、 もしかするとここが壊れるかもしれない」

「もっと便利にしないと、 お客さんは使ってくれないかもしれない」

っていう不安があるから、 どんどん品質も向上するのです。

勉強や仕事も同じく。

悲観的に捉えてしまうから、 不安を払拭するためにガンバル。
だから、 成績も上がれば、 仕事もうまくいくようになる。

「このまま、 適当に放っておいてもなんとかなるやろ」 では、 勉強も出来るようにならないし、 仕事もうまくいくようにはなりませんよね^^

平均年収の140%

アメリカには多くの日本人や日系人を始め、 中国・中国系、 韓国・韓国系の人たちがいます。
アメリカのギャラップ社の調査によると、 これら東アジアの人たちの収入は、 アメリカ全体の約140%という結果が出ました。

つまりは、 日中韓の人たちは、 アメリカ人や他の国の人達よりも、 真面目に勤勉にがんばって勉強し、 仕事をするから、 収入が多いということ。

このブログを読んでいるということは、 あなたも、 サロン経営に対して、 何かしら不安や気になることがあり、 それを解決するために、 努力をしているんだと思います。

もしくは、 ただの暇つぶしか・・・

だから、 その努力をやめないでください。

最後になりましたが、 僕は楽観主義も悲観主義も否定しているわけではありません。
また、 楽観主義=前向き、 悲観主義=後ろ向きというわけでもありません。

人間の思考なんて、 そんな簡単に割り切れないですからね。

僕は自分でも、 かなり楽観的で前向きだと思っています。
でも、 医者に行かなかったのでそのまま仕事を続けていましたが、 確実に鬱だと診断される状態にはまり込んでいたこともあります。

もしあなたが悲観的に物事を捉えてしまう癖があったとしても、 それを気に病む必要はありません。

むしろ、 そのほうが良い結果を生む可能性を秘めているのです。
もちろん、 投げ出さずに、 ちゃんと努力すればですけどね^^


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを 「お、 なかなか参考になるやん」 と感じたなら、 SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、 ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの法則無料セミナー

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★