サロン集客で避けては通れない「 USP 」とは・・・

サロン集客で避けては通れない「USP」とは

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
3 35 秒です。


マーケティングをする上で、欠かせない物があります。
それはユニークセリングプロポジション(Unique Selling Proposition)
略して「USP」といいます。

USP とは

日本語にすると「独自の売り」と言われるマーケティング用語。
競合と比較して、自分のサロンの強みを端的にまとめたものです。

熱々の焼きたてピザを、玄関まで30分以内に。それ以上待ったら、無料!

これはドミノ・ピザのUSPです。
これが、キャッチフレーズとして知られて有名になり、「ピザならドミノ」と言われるまでに成長しました。

日本に参入した当初も「30分以内にお届け」を全面に押し出していましたね。
でも、信号無視やスピード違反などの危険な運転や、実際に事故が起きたりしたことで、すぐに使われなくなりました。。。

USPは必ずしも独自性ではない

さて、USPを考えるとき、強みが端的に表現されていることは重要なのですが、それは独自性でなくてもいいということ。
そもそも、他のどこにも真似出来ない独自性なんて、そうそう作れるものではありません。

ドミノ・ピザの30分で届けることも、間に合わなかったら無料にすることも、どの競合でも真似できることです。

宅配ピザであれば、どこでも必ず「すぐにお届けします!」と宣伝しています。
これは当時も同じで、物理的に不可能なことではありません。

けっして「ピザの具が偏らないように、できるだけゆっくり、安全運転でお届けします」とは言いません。

ただ、30分という具体的な時間を数字で示して、「無理なら無料」という提案をユーザーにしたことで、独自の強みになっているのです。

【proposition】には、商業上の提案、提議、計画、案、提案、陳述、主張、商取引などでの条件の提示といった意味があります。
競合に真似できることでも、提案自体に独自性があれば、それが強みになり、強力なUSPになるのです。

USPはお客さんのためにある

USPを考えましょうというと、自分のサロンをアピールすることばかり上げてしまいがちです。

●▲■式美容整体で・・・
これまで●●●●人の脂肪をとってきた・・・
最新の機械でうんちゃらかんちゃら・・・・

これは単なるサロンのスペックの宣伝であって、USPではありません。
もちろん、これがUSPに含まれる可能性もありますが、それは結果論。

まず、考えるのはターゲット。
USPを作る前に考えないといけないのがターゲットです。
さらに踏み込むならペルソナです。

ターゲット(ペルソナ)があり、求めているベネフィットが明確になっていて、初めてUSPは意味を持ちます。

ドミノ・ピザの場合、「急いでないから1時間かかってもいいよ~」という人には「30分でお届け」はUSPになりません。

USP、USPと考える前に、まずあなたのターゲットのお客さんを見ましょう。
そして、何を求めているのか、それにどうやって答えることができるのか。
まずは、お客さんの目線で考えることが、もっとも重要です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★