第7の習慣 より、刃を研ぐー7つの習慣

7つの習慣 第7の習慣 刃を研ぐ


この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
5 25 秒です。


7つの習慣 という本を読んだことがありますか?
自己啓発の名著と言われ、世界中で3000万部以上売れ続けている本です。僕も何回も読んでます。
身についてるか、どうかはおいとて・・・

さてさて、新規集客がうまくいかない、リピートがうまく取れない。
でも、毎日の予約に対応するのに忙しいし、早く売上を作らないといけないから、じっくり勉強してる暇なんてない。
さっくりと使えるアイデアが欲しい!

わかります。その気持。

切れないノコギリを使い続ける木こり

森のなかで木こりが、ノコギリで木を切っています。
とても大変そうだったので声をかけると、もう5時間も木を切り続けているとのこと。
「 少し休んで刃を研いだらいかがですか?」

と声をかけると、

「 そんなヒマはない。木を切るだけで精一杯だ!!!」

と突き放されました。刃を研いだほうがもっと効果的に木を切ることができるのに……

これは「7つの習慣」 に出てくるエピソードです。

こうして他人事としてみると、さっさと刃を研いだほうが、よく切れて効率も上がるし、仕事も楽にできるのに。
と思うけど、自分の事となると難しいですよね。

7つの習慣

7つの習慣は、全世界で3000万部以上も売れている自己啓発書にして、成功哲学書のベストセラーです。
いまある自己啓発書の基礎になっているともいわれます。

僕もここ数年は年末から年始にかけて、読み返すようにしていて、そのたびに新しい気付きをくれる、素晴らしい本です。
それだけ僕が毎年、成長できていなという証かも知れませんが・・・

タイトルの通り、自分の高め、より良い人生を築くための「7つの習慣 」 について書かれています。

それぞれの習慣は次の通り。
※2013年に完訳版が出ましたが、旧訳版を読んでる人も多いと思うので()内に旧訳版での名称も併記しています。
僕も最初に読んだのは10年以上前なので、旧訳のほうが馴染みがあります。

  • 第1の習慣 主体的である (主体性を発揮する)
  • 第2の習慣 終わりを思い描くことから始める (目的を持って始める)
  • 第3の習慣 最優先事項を優先する (重要事項を優先する)
  • 第4の習慣 Win-Winを考える (Win-Winを考える)
  • 第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される (理解してから理解される)
  • 第6の習慣 シナジーを創り出す (相乗効果を発揮する)
  • 第7の習慣 刃を研ぐ (刃を研ぐ)

 

  • 第6の習慣 シナジーを創り出す (相乗効果を発揮する)
  • 第7の習慣 刃を研ぐ (刃を研ぐ)

この7つの習慣から、今日は第7の習慣「 刃を研ぐ」 についてご紹介します。

なんでいきなり第7やねん!とか突っ込まないように。

刃を研ぐ

 「 刃」 とは人間を形作る四つの側面(肉体、精神、知性、社会・情緒)のこと で、この4つを日頃から鍛えて、バランスを考えて磨いていくことで、すべての習慣が実現しやすくなると、著者のフランクリン・コヴィー博士は書いています。

そして、4つの刃を鍛えるということは、つまりは自己投資のこと。

 自分という道具に投資することが「 刃を研ぐ」 習慣なのである。自分自身を道具にして成果を出し、効果的な人生を生きるためには、定期的に四つの側面すべての刃を研ぐ時間を作らなければならない。

毎日の仕事や生活に追われていると、なかなか自己投資って目が向きません。

とくに、集客から施術、アフターフォロー、支払いや売上の管理などなど、すべて自分でしないといけない1人サロンの経営者となると、そんな時間を作りだすのも大変。

でも、わざわざ時間を割かなくても自己投資はできます。

毎日、寝る前に瞑想したり、ストレッチしたり、健康に良い食事を心がけたりすることも、立派な自己投資です。

この記事を読むのだって、ただ暇つぶしに読むのではなく、目的と課題意識を持って読めば、それだって自己投資。

もちろん、時間とお金が許すなら、セミナーや勉強会、ワークショップに参加するのもいいし、そこまでじゃなくたって本をよむぐらいはできますよね。

もし、7つの習慣をまだ読んでないなら、この本をよむことからはじめてみては?
メチャクチャ、有益な自己投資になりますよ。

ほんま、目からウロコが落ちるだけじゃなく、目ン玉まで落ちてしまうかも。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「 お、なかなか参考になるやん」 と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★