アメブロ集客 だけに頼ってるサロンに先がない理由

アメブロ集客 だめ

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

アメブロ集客 だけで大丈夫!

なんて、 まだ本気で思ってますか?

折込チラシやポスティング、 ホームページにブログ、 フェイスブックやメルマガに各種ポータルサイト。
集客する手段は無数にありますが、 どれを使うのがいいのでしょうか?

結論から言えば、 できるだけ多くの集客方法を使うのが正解です。

もちろん、 資金や手間、 さらには効果などできちんと測る必要はあります。

いきなりサロンページが削除

1人サロンを経営されている方、 特に女性で多いのがアメブロだけに頼っているというケース。
集客のルートを1つに頼るというのは、 とてもリクスがあります。
特にアメブロなどの無料ツールは、 ある日突然、 運営側のルールが変わることもあります。

アメブロはもともと、 コミュニケーションのためのツールなので、 ビジネス利用はNGです。
メニューを全面に出していたり、 割引などのオファーを常時公開していると、 コミュニケーションのブログではなくビジネス用ブログと判断され、 掲載がストップされます。

2014年には、 このルールの適用を厳しくなり、 多くのビジネスブログのページが削除されました。
僕も経営している整体院のブログが、 事前連絡なくいきなりアカウントごと削除されました。

もともとアメブロでの集客には力を入れていなかったので、 影響は殆どありませんでしたが、 アメブロだけに頼っていれば大打撃を受けたでしょう。
というか、 集客できなくなっていたはず。

フェイスブックページがタイムライン表示に

また、 フェイスブックもかつてはホームページのようなデザインを作ることができていました。
それが、 ある日突然、 タイムライン表示だけに変更されるということがありました。

僕の整体院のフェイスブックページも、 オープンして3週間ぐらいでしたが、 いきなりタイムラインだけに。
これには、 かなりヘコミました。。。

このときには、 フェイスブックをHP代わりに集客をしていたサロンや会社はもちろん、 ページのカスタマイズを商品にしていた会社までも大打撃を受けて、 潰れたところもありました。

このように、 無料ツールだけに頼るのは、 とても大きなリスクがあります。

1本よりも10本の釣竿をたらす

釣り竿を一本だけ垂らしていると、 1匹ずつしか釣れません。
しかも、 その1本が確実に釣れるかどうか、 いつ釣れるかはわかりません。
いきなり、 糸が切れたり、 竿が折れる可能性だってあります。
だから1本だけ釣り竿を垂らすより、 10本の釣り竿をたらしたほうが、 釣れる確率は高くなります。
それも、 おなじ場所に10本垂らすより、 それぞれ違った釣座をを10本垂らすほうが、 釣れる確立はあがるます。
魚も種類によっては、 好む餌が違います。
水深の浅いところにいるのか、 深いところにいるのか。
流れのあるところにいるのか、 淀みにいるのか。

もちろん、 それだけの釣り竿を準備するのも手間が掛かるし、 釣っている最中も10本見ないといけないので、 それはもう大変です。

集客もこれと同じです。

できるだけ多くの集客ルートを用意する

集客方法を1つだけにするのは、 とても楽です。
管理や更新の手間も、 効果集計や反応の調査も1つだけでいいので、 楽ちんです。

でも、 集客方法が1つだけでは、 とても多くの見込み客を逃してしまいます。

例えば、 アメブロだけに頼っていると、 アメブロを見る人だけしか集客できません。
僕はアメブロを見ますが、 それは仕事で必要なときだけです。

フェイスブックも同じくです。
ホームページはネット集客の中心となりますが、 それだってネットを使わない人には見てもらえません。

だから、 チラシやDMを使ったリアル集客も,色々と必要になります。

チラシを例に取ってみても、 新聞折り込みだけでは、 新聞を取っていない人には気付いてすらもらえません。

ポスティングだけに頼っていては、 セキュリティが厳しくてポスティングできないマンションに住んでいる人にはアプローチできません。

サロン前の看板にチラシを置いていても、 通りかからない人には取ってもらえません。

ホットペッパーなどのフリーペーパーに広告を載せても、 見ない人は永遠に集客できません。

このように出来るだけ多くの場所(チャネル)に糸を垂らし、 それぞれに好む餌(ヘッドラインやオファー)を仕掛ける必要があります。

それで、 いつまで経っても反応がなければ、 餌を変え、 深度を変えて、 色々試しながら食いつくまで試します。
そうやって色々な釣り方を試していくと、 ここにいる魚はこの餌でこんな動かし方をすれば釣れるというのが、 だいたいわかってきます。

そうなれば、 そこにもっとたくさんの糸を垂らせば、 楽してたくさん釣り上げることができます。
そうして、 集客力を強くしていくのです。

あなたは、 アメブロ一本で大丈夫ですか?

ホームページ はサロンや治療院に必要なのか?

2017.06.01

サロン集客を ポータルサイト頼み にするとダメな6つの理由

2017.05.25

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、 なかなか参考になるやん」と感じたなら、 SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、 ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、 お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

みんなにシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★