『失敗しないサロン集客の法則 無料動画』はコチラから

【単価アップ】値上げ をしたいなら、牛丼を理解することからはじめましょう。

値上げ したい

サロン集客マニュアル

単価が低いから 値上げをしたい。

でも、 値上げをするとお客さんが離れてしまうかも。

あるいは、 集客できなくなるかも。

そんな不安があって、 なかなか 値上げ に踏み切れない。

なんてことで悩んではいませんか?

もし、 そうなら牛丼を理解することで、 値上げへの道標が見えるようになります。

牛丼とすきやき丼の違いはどこに・・・?

牛丼に値段をつけるならどれぐらいでしょう?

吉野家などの代表される大手チェーン店だと、 280円~380円ぐらい。

定食屋や食堂なんかだと、 高くても7~800円ってところでしょう。

でも、 すきやき丼だとどうでしょう?

1,500円。2,000円でも納得感がありますよね。

何が違うんでしょうか?

牛丼とすき焼き丼って、 ほとんど同じ材料でできてますよね?

下手すると、 すきやき丼はネギや豆腐、 しらたきなんかの具も入るので、 ほとんど牛肉の牛丼よりも原価が安い可能性だってあります。

なのに、 なんですきやき丼は2,000円以上してもOKなのに、 牛丼だと300円ぐらいになってしまうのでしょう?

価格の妥当性はどこから?

それは、 比較対象が違うから。

牛丼というと大手チェーンの280円や380円というイメージが強い。なので、 多くの人はその値段を基準にして値段を判断します。

一方、 すき焼きときくと、 それだけで「ぜいたくなご馳走」というイメージがあります。

でも、 すき焼きを料理屋さんに食べに行くと、 5,000円や6,000円は当たり前。

高級店だったら1万円、 1万5000円だってめずらしくありません。

それを基準に考えるから、 すき焼き丼が2,000円だとしても、 別におかしいとは思わないのです。

価格に対する絶対的な物差しを持っていない

お客さんは、 商品やサービスの絶対的な価値を理解しているわけではありません。

ものの値段に限らず、 人間はこれまでの経験と比較することでしか、 物事の基準を判断できないのです。

サロンの場合、 クイックマッサージと比較されるようなサービスや施術内容だと、 30分2,980円のマッサージ店と同じ土俵で比べられることになります。

施術単価を30分10,000円にしたければ、 30分2980円のクイックマッサージではなく、 10,000円で施術をしている競合と比較されるようにしないといけません。

周りのお店が牛丼を提供しているからといって、 あなたも牛丼で勝負する必要はないのです。

値上げ のポイントは【Apple to Orange】

また、 さらに単価をあげるには、 まったく違う他のサービスと比較する方法もあります。

たとえば、 あなたが姿勢矯正をしているなら、 同じ矯正や整体ではなくエステや美容整形と比較することで、 「整体なら高いけど、 エステに行くよりも安いしな」と感じてもらうこともできます。

もしも、 まわりにすき焼き丼がいっぱいなら、 ステーキやお寿司と比べればいいのです。

似たようなサービスを提供している競合と、 同じ土俵で勝負していると、 最終的には価格競争に陥ってしまいます。数年前の牛丼チェーンがいい見本ですよね。

そうなったとき、 最終的に勝ち残るのは、 体力=資金力のある方。

桁を数えるのが嫌になるぐらい貯金があるのなら別ですが、 個人サロンではそんなことになっちゃうとすぐに潰れてしまいます。

そうならないためには、 すき焼き丼で勝負していきましょう^^


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、 なかなか参考になるやん」と感じたなら、 SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、 ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、 お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

s\サロン集客ガイドブック

みんなにシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。