業界の常識も お客さん目線で見れば超新鮮

業界の常識

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
6 15 秒です。


どんな 業界の常識 も、部外者から見れば目新しいもの。

それはサロンや治療院でも同じことが言えます。

サロン集客にとって、より多くの情報を知ってもらうということは、信頼を勝ち取り、競合の中から選んでもらう上で、とても大切です。

他にはない特別な事があれば、もちろん優先的に伝えましょう。

「でも、他もやってるしな・・・」「特に変わったことしてないし、目新しいことなんてないよ・・・」なんて思ってませんか?

なにも、特別なことじゃなくてもいいんです。

当たり前のことを伝えてトップに躍り出たビール会社

業界では当たり前だったことを伝えて、業界トップになったアメリカのビール会社の話を紹介します。

引用:「ハイパワー・マーケティング」
ジェイ・エイブラハム


1920年代初頭、10社ほどの醸造会社が精力的に競い合っていた。シュリッツの業績は今一つで、市場で第8位に甘んじていた。
どの醸造会社の広告も、基本的には同じメッセージだった。

「私達のビールは純度が高いものです」
ところが、これがどういう意味なのか説明るする会社はなかった。ただ、純度が高いとだけ言い続けたのである。

シュリッツは、売上を改善スべく、1人のコンサルタントを雇った。そのコンサルタントは、醸造所を見学し、シュリッツではどうやってビールを作っているのか聞いた。そして、彼はその内容に感銘を受けた。

シュリッツのビール工場はミシガン湖のすぐそばにあり、当時、その水は大変きれいなものだった。工場がその湖岸にあったにもかかわらず、シュリッツは深さ1500メートルのアルトワ式井戸を2つも掘っていた。最高のビールを作るのに最適なミネラルを含有した水は、その深さまで掘らなければ見つからなかったからだ。

さらにコンサルタントは、一番豊かな味と口当たりを生み出す醸造酵母菌の原菌を見つけ、それを開発するのに、5年以上かけて1623回の実験をした話も聞いた。

また、ビールの醸造に使う前に、水をどうやって蒸留するか、その工程も見学した。水を276℃まで熱し、再び冷却して液化する。しかも、完全に不純物を取り除くために、それを三度も繰り返すというのだ。

続いて、ビン詰の工程についての説明も受けた。そこでは、どのビンも870℃の上記に当てられ、ビールの味に影響を与える可能性のあるバクテリアや微生物をすべて殺菌していた。

そして、ビン詰して送り出す前に、純粋で豊かな味を確認するため、一度の醸造ごとに必ずテイスティングをするという現場も見た。

コンサルタントは、その醸造過程に圧倒され、シュリッツの経営陣に提言した。

「消費者にビールを醸造する際の驚くべき工程を知らせるべきです」

シュリッツの経営陣の答えはこうだった。

「なぜ、そんなことをする必要が?どこの会社もうちと同じことをやっているのに」

「しかし、ビール業界で、消費者にそれを知らせた人は誰もいません。何かをやって最初にその話をしたり、理由や成り行きを説明するものが、その時から、他のものにその市場で差をつけ、優位に立つものです」

こうしてシュリッツは、自社のビールがどうやって作られているかを業界初で宣伝した。これがシュリッツのUSPになったのである。

このUSPを通して、シュリッツは「純度」という言葉に実に様々な意味をもたせた。しかも、それは国中のビール愛飲家に非常に具体的な意味のある言葉になった。

シュリッツの見せた醸造やビン詰めの工程が他社のものとは格段に違う、はるかに価値のあるものに見えた。その結果、どのビール会社よりもシュリッツが魅力的な存在に思えるようになった。

シュリッツは、こうして半年で、業界で売上第8位から見事1位になった。

 

別に競合と違う特別なことをしたわけじゃないし、何か新しいことをはじめたわけでもありません。業界では常識だったことを、ただ伝えただけで業績が大きく回復したという、良い事例ですね。

あなたとお客様の当たり前は違う

長く同じ仕事をしていると、すべてに慣れてしまい、当たり前に感じてしまいがち。

でも、はじめてくるお客さんに取っては全てが新鮮です。

例えば、施術時に着替えを用意しているなら

「お着替えはオーガニックコットン100%で、肌にストレスがかからないよう、胴部分に縫い目のない特殊な製法のものをご用意しています」とか。

そこまでじゃなくても、

「一度着用したら洗濯しています」

「SS~3Lまでサイズ豊富です」

「使い捨てです」

「下着や汗が目立たないように黒色です」などなど。

他にも、タオルやオイル、フェイスペーパーや待合室のお茶やお水、施術後のハーブティー、ディスポーザブルのもなど、外でもやっている、当たり前だと思っていることも、お客様に取っては当たり前ではありません。

見込み客が、あなたをサロンを知って行こうと思ってるんだけど、気になってること(例えばちゃんと洗濯しているのか)がクリアになれば、それだけで来てもらえる可能性はグッと高くなります

業界の常識 をあえて伝える

専門家であるあなたにとっては当たり前でも、お客さんにとっては新しい情報というのは意外にたくさんあるはずです。

時にはお客さんの目線から見つめることで、

「こんなこと伝えたって・・・・」

が誰かの

「そうだったのか!」

になるかもしれませんよ。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★