SEO は難しい?ゼロから始めるSEO対策

ゼロから始める SEO

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
11 10 秒です。


SEO 対策が大事なのは、サロンや治療院でも同じこと。
でも、SEOってなんだか難しそう。。。

なんて二の足を踏んでいませんか?
GoogleのSEO評価の基準は200項目以上あると言われるので、そのすべてに対策をしていくのは、とてもじゃないけどできたものではありません。
でも、SEOの中心となる基礎的なところをクリアしていけば、それなりにSEOに強いサイトを作ることも難しくありません。

まずは、基本的なところからはじめてみましょう。

ウェブページとウェブサイトとホームページ

ウェブサイトと本の構造

そもそもウェブって何?

Webとは、蜘蛛の巣やクモの巣状のものをいいます。
インターネットの情報網が、世界中に張り巡らされているのが、クモの巣のようなイメージなので『Web・ウェブ』と呼ばれるようになりました。
また、アドレスの最初についている『WWW』は、『World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)』の略で、直訳すると世界中に広がるクモの巣となります。

本の構造に似ている

ウェブページとは、インターネット上に公開されている、固有のURLを持つページ単体のこと。
そのウェブページが複数集まるとウェブサイトになります。

1枚だとただのページだけど、たくさん集まると本になる紙の本と同じです。

ホームページやブログというのは、ウェブサイトをどのように使うか、によって使い分けられています。
紙の本も内容で小説や漫画、ビジネス書、実用書などと分けられるのと似ています。

しかし、もともとブログ作成ツールであったワードプレスが普及し、ホームページがブログ機能も持つことも増え、いまでは切り分けが曖昧になっています。

一般的に、企業や官公庁などの組織、店舗、病院などビジネスのために、固定された情報を開示しているものをホームページ。
個人が日記的に更新しているものをブログと呼びますが、これもはっきりと使い分けられているわけではありません。

また、本来ホームページとは、ブラウザを起ち上げたときに表示される画面や、ウェブサイトのトップページのことを意味していました。
それが誤用され、ウェブサイト全体をホームページと呼ぶようになり、定着して今にいたります。

つまり『Webページ』=1枚のページ。
『Webサイト』=複数のページが集まったもの=『ホームページ』。

ということです。

SEOの基礎用語

SEO はクローラー対策

基礎用語① 検索エンジン

インターネットに存在する情報(ウェブサイト、画像ファイル、動画、ニュースなど)を
検索する機能および、そのプログラムのこと。

いまの日本ではGoogleとYahoo!が二大巨頭です。

順位 検索エンジン
1位 Google 67.38%
2位 Yahoo! 27.18%
3位 Bing 4.69%
4位 Baidu 0.51%
5位 DuckDuckGo 0.07%
6位 その他 0.17%

※参照 StarCounter

でも、Yahoo!の検索エンジンも、Googleの仕組みを使っているので、実質的にはGoogleの検索エンジンが94.56%のシェアをもっていることになります。

また、世界全体でみてもGoogleのシェアは92.49%なので、いまのところ検索エンジン=Googleと考えて、ほぼ問題ない状況です。

基礎用語② SEO

Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の頭文字をとった略語。
Google や Yahoo! の 検索結果で、サイトを正しく評価してもらうためにおこなう対策のこと。
SEO対策ともいいます。

検索エンジンのシェアは、ほぼGoogleの独占状態なので、SEO対策=Google対策とも言えます。

基礎用語③ クローラー

インターネット上にある、テキストや画像などの情報を集めて、自動的に整理してデータベース化するプログラムのこと。
Botやロボット、スパイダーとも呼ばれます。
また、プログラムがウェブサイトを回遊し、情報を集めることを「クロール」といいます。

クローラー(Crowler)には、もともと『這うもの』という意味があり、そこから転じて、芋虫やトカゲなどの這って進む生き物のとこも、クローラーといわれます。
なので、僕のアタマの中ではクローラーは芋虫のイメージになっちゃってます。

ちなみに、水泳のクロールは、両手を動かして進む動きがトカゲなどが腹ばいで進む動きに似ているから、クロールという名前になっているそうです。

基礎用語④インデックス

検索エンジンがもっている、ウェブページのデータベースのこと。
クローラーがインターネット上のページをクロール(巡回)し、情報を集めることでインデックス(整理)して、サーバーに保管しています。
検索エンジンを使うユーザーは、インターネット上のウェブページやサイトを直接調べているのではなく、Googleなどの検索エンジンがインデックスしてサーバーに保管している情報を調べている、ということになります。

つまり、検索しているユーザーに正しく発見してもらうには、クローラーに情報を正確に伝え、正しくインデックスしてもらうこと=SEOが大切になってきます。

基礎用語⑤アルゴリズム

Googleなどの検索エンジンがインデックスした情報を、検索結果に対してランキング付けする評価基準のこと。
検索しているユーザーが求める情報がすぐに手に入るように、アルゴリズムは日々更新され続けています。
大きな更新が実施されたときは、検索結果の順位が大きく入れ替わることがあり、これを「荒れる」といいます。

基礎用語⑥ ソースコード

コンピュータプログラミング言語で書かれた、コンピュータプログラム(文字列)のこと。
コンピューターが動くためには、色々な種類のコンピューター言語が使われますが、それらをすべて勉強するのはとても難しいし、そもそも必要ありません。

でも、自分でウェブサイトを作ってSEOを強化していくには、ページの表に見えている文章や画像だけでなく、その裏側に情報を付け加えたり、修正したりすることも必要です。

なので『HTML』と『CSS』というソースは、多少でもいいので、勉強したほうがいいでしょう。

SEO の基本的な考え方

インデックスは情報の整理

検索エンジン がやってること

インターネットを検索したときに出てくる情報は、すべてGoogleが評価した順番に表示されています。
クローラーがサイトの情報を精査して、Googleが決めた評価項目と照らし合わせて評価を決めているのです。

Googleは、そうしてページの情報をあらかじめ整理して、検索されてから結果を返すまでのスピードを上げることでユーザーの利便性を高めています。

たくさんある検索エンジンの中でGoogleが一番使われるようになったのは、他の検索エンジンに比べて、検索に対する結果が役に立つものが表示されやすいのと、その表示スピードが早かったからです。

そして、この精度を高めるために、検索アルゴリズムは常に更新され続けているのです。

検索エンジンのクローラーって何してるの?

クローラーは簡単に言えば「インターネット上の情報を集めてくる芋虫ロボット」です。
そしてクローラーが集めた情報を、あとで取り出されやすいように整理されたものをインデックスと言います。

クローラーは、必ずしもすべてのウェブページを巡回し、情報収集→インデックスができるわけではありません。
また、公開したページをすぐに発見できるわけでもありません。
クローラーが発見・巡回しやすく、情報を収集しやすいように工夫することもSEO対策の大事なポイントです。

クローラービリティ

ユーザーにとってのWEBサイトの利用しやすさを「ユーザビリティ」といいます。
それに対して、クローラーにとってのWEBサイトの巡回しやすさを「クローラビリティ」といいます。
サイトのクローラビリティが低いということは、うまく情報がインデックスされないということ。

インデックスされなければ、検索ユーザーにも見つけてもらいにくくなるので、サイトの情報量が多くなればなるほど、クローラビリティ改善の重要度は高くなります。

1日に35億回

Googleを始めとした検索エンジンは、情報を探しているユーザーにとって、役に立って満足してもらえる情報が載っているサイトを紹介したい、と考えています。

いい情報を的確に紹介することで、たくさん使ってもらえるようになり、そうすることでさらにアルゴリズムの精度がたかくなり、いい情報を紹介できるようになり、、、

いま、世界中でGoogle検索は1日に35億回も使われいるそうです。
すごい数ですよね。
これだけ質問されるから、どんどん検索エンジンの頭が良くなり、より情報が集まるようになっていくということです。

まぁ、考えようによっては、怖いですけどね。。。

SEO対策する目的は

SEOの目的は無料集客
ホームページで集客するためには、検索結果の上位に表示されることがメチャクチャ大事です。そして、SEOとは検索結果の上位に表示させるための対策です。

では、そもそもなんで検索結果の上の方に表示させたいのでしょうか?

あなたも実際に何かを検索した時のことを考えてみてください。

ほとんどの場合、1ページ目に表示されたサイトをいくつかを見ると解決したり、別のキーワードで検索し直したりして2、3ページ目以降はあまり見ないのではないでしょうか?
いま、ウェブページの数は1兆をこえているそうです。
つまり、1ページ目に表示されなければ、砂浜に落ちた米粒のように発見してもらうことは、ほぼできないということ。
多くの見込み客にサイトを見てもらえるかどうか、さらには集客に繋がるかどうかは、検索結果の上位に表示されるかどうかにかかっているのです。

リスティング広告など広告を使ってホームページにアクセスを集めるのも、集客方法の1つですが、広告である以上は、少なくないお金がかかってきます。

でも、SEOで上位表示されるようになれば、広告費をかけなくてもアクセスを集められるようになります。
つまりは、無料で集客できるようになるために、SEO対策は欠かせないのです。

まずはこれ!サロンが グーグルアナリティクス でチェックするべき6項目

2018.01.09

SEO対策 のテクニックに走る前に、おさえておきたい大事な基本

2017.11.14

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

SEOマニュアルプレゼント
あなたもこんな間違ったSEO対策していませんか?
予約の空き状況をブログで発信している
毎日ブログを更新してページ数を増やす
キーワードを繰り返し使って記事を書く
これ、みんなマイナス効果です。
今なら1人サロン・治療院のための、ゼロから始める SEO対策マニュアルを無料プレゼント!

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★