SEO対策 のテクニックに走る前に、おさえておきたい大事な基本

SEO対策 の大事な基本

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
9 35 秒です。


インターネットでの集客が大きなウェイトをしめるようになったいま、サイトをたくさんの人に見てもらって、集客に繋げるには SEO対策 は欠かせません。

SEO対策 をきっちりとするためには、多くの専門的な知識やテクニックが必要です。
でも、その前に大事なメチャクチャ基本的なことを忘れていては、SEO効果も半減です。

今日は、SEOテクニックに走る前におさえておきたい、大事なポイントについて解説します。

SEOとは

SEOとは「検索エンジン最適化=Search Engine Optimization」を略したもの。
インターネットを検索する仕組みにちゃんと見つけてもらうようになろうぜ!ということです。

例えば誰かが「腰痛 治し方」と検索したときに、検索結果にあなたのページが表示されていてば、観てもらえるかもしれません。
でも、検索結果に表示すらされていないと、この人にあなたのサイトを見てもらえる可能性は、限りなくゼロに近くなります。

なので、あなたのサイトを見てもらえる可能性を高くするために、検索結果の上位に表示されるようにするのがSEO対策の目的です。

SEO対策 =Googl対策

検索エンジンの種類はたくさんありますが、現在、日本では GoogleとYahooが90%以上 をしめています。
他にもBingやAsk、gooなどがありますが、それぞれのシェアは微々たるものなので、気にする必要なありません。

そして、実はYahooの検索エンジンも、中身はGoogleの検索エンジンを使っています。
以前は、Yahooも独自の検索エンジンを使っていましたが、2010年からはGoogleの仕組みを使っています。

なのでSEO対策は、ほぼGoogle対策と考えて問題ありません。

検索エンジンのアルゴリズムは公開されていない

このGoogleの検索エンジンが、どんな基準で検索順位を決めるのかというルールを アルゴリズム と言います。

このアルゴリズムに沿って、Googleの検索エンジンがちゃんとサイトを表示してくれるように、あ~だ、こ~だとSEO対策をしていくわけですが、実は Googleはアルゴリズムの中身を公開していません。 

アルゴリズムを公開すると、サイトの中身はほっといて、アルゴリズムにだけ対応すれば上位表示されるようになってしまいますからね。

だから世界中の専門家やプログラマ、アナリストなどが「こうじゃねぇか?」と推測して、それぞれの理論を発表しています。
それをもとにしているのが、現在のSEO対策です。

外部リンクが最高のSEO対策だった時代

かつては外部リンクが多ければ多いほど、良いサイトだと評価されている時代がありました。

これもGoogleが公表していたわけではありませんが、リンクが多いサイトほど上位表示されるので「リンクを増やせば上位に表示されるぞ!」と推測するのは簡単だったんでしょうね。
すると、みんなよってたかって、外部リンクを増やしまくって、外部リンクだらけのサイトがWEB上に溢れかえっていました。

当時は「外部リンク1000件○○○○円」なんて、外部リンクを売っているSEO対策の会社もありました。

でも、この手法は、いまではブラックハットといわれ、無意味な外部リンクを増やすことは、サイトの評価を下げる大きな原因となっています。

でも、Googleも適当にこんなルールを作ったわけではありません。
学術論文の評価基準として、どれだけ他の論文に引用されているのか?というのがあります。
他の論文にたくさん引用されているほど、優れた理論や学説が書かれた論文だ。ということです。これはノーベル賞などでも同じ。

Googleもこれを真似して、他のサイトからリンクをたくさん貼られているサイトほど、優れたサイトだ。というアルゴリズムを作ったのです。

Googleはみんなに質問される物知りの人になりたい

さて、じゃあグーグルさんはなんで、こんなアルゴリズムを作っているのかというと、何かがあったときに真っ先に訪ねてもらえる人になりたいからです。

検索エンジンは何かを探している人、困っている人などが、自分の問題を解決する方法がないかな~と、調べ物をするときに使うもの。

グーグルさんは聞かれた質問に対して、一番いいサイトを紹介し続けることで、いつでもなんでも聞いてもらえるようになろうとしています。

コシイタオ
ちょっと、腰痛いんやけど、いいと知らん?
グーグルさん
ここなんか、いかがっすか?

サイトを見てみると・・・

コシイタオ
いや~、めっちゃ助かった~。
また困ったことあったら、あんたにお願いするわ。

そうなるためには、質問した人が満足するサイトを紹介しないといけません。

一方、グーグルさんが恐れているのは、こうなること。

カタコリオ
ちょっと、肩凝ってるんやけど、いいとこ知らん?
グーグルさん
ここなんか、いかがっすか?

サイトを見てみると・・・

カタコリオ
全然、イケてないやん!オレが探してるのと違うし。アンタにはもう聞かへんわ。

つまり、グーグルさんは質問者=ユーザーのことを第一に考えているのです。

てことは、サイトを作るときには、自分の言いたいことを書くだけじゃなく、質問者が満足する、質問者の役に立つサイトになってないといけません。

まずはサイトの内容を充実させること

そのために何よりも大事なのはサイトの内容。
そして情報量です。

メチャクチャ役に立つページが1つだけのサイトよりも、質問の答えに近いことがたくさんのっているサイトのほうが、質問者の役に立つと判断されます。

例えば「ギックリ腰」と検索した場合

グーグルさん
ギックリ腰のことはやたら詳しく書いてるけど、それ以外はぜんぜん情報がないなぁ。
どこに何が書いてるかも分かりにくいし、文字ばっかりで写真もないな。
ここは紹介しても役にたたなさそうやから、やめとこ。

だとダメですよね。

グーグルさん
ぎっくり腰だけじゃなくて、慢性腰痛た背中の痛み、他にも関係ありそうなことがいっぱい載ってるやん。
ページ数は多いけど、どこに何が書いてるかわかりやすいし、写真や動画もあってわかりやすそう。
こっちを紹介しよう。

って、グーグルさんに思ってもらうことが大事。

他にも、スマホ対応や、サイトのスピード、SSL対応など、色々とやることはありますが、まずはサイトの内容を充実させること。
それが、SEO対策でいちばん大事な基本中の基本です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

 

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★