オレにこの ペンを売ってみろ !って言われたら、どうやって売りますか?

オレに この ペンを売ってみろ

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
4 46 秒です。


「 オレに このペンを売ってみろ !! 」

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」という映画の劇中、レオナルド・ディカプリオ演じる、ジョーダン・ベルフォードが、口にしたセリフです。
「オレにこのペンを売ってみろ」と言われたブラッドというキャラクターは、これぞセールスの真髄というような回答をします。
それも、サラッと一言で。

僕はこのシーンを観て、大げさでなく、雷に打たれたような衝撃を感じました。
答えは、後ほど。

どうやったら一言でペンを売ることができるのか、ちょっと考えながら読んでみてください。

長くリピートしてもらう理由付けは?

サロン経営に限らず、安定した経営のために、できるだけ長い間、多くの回数リピートしてもらうことは基本中の基本です。

とはいえ、これがなかなか難しい。
だから、みんな試行錯誤を繰り返し、四苦八苦するんですが。。。

肩こりや腰痛などの症状を改善したいから、マッサージ・鍼灸・整体などで施術を受けるというのは、多くの人が思いつくことですよね。

実際、集客するときには症状をメインに据えることになるし、僕の院に来るのも症状の自覚があって、それを解決したいからという方がほとんどです。

でも、症状の改善だけにフォーカスすると、痛みや苦痛がなくなったら(あるいは軽くなったら)、顧客はニーズが満たされることになり、離れていってしまいます。
なので、顧客が気づいていない、別のニーズを作り出す必要があります。

ニーズを作りだす

例えばそれは、症状を改善するだけじゃなく、再発させないための定期的なメンテナンスや、健康器具・健康食品の購入。

自分でいい状態を維持できる体を作るためのパーソナルトレーニングやストレッチなど、症状を改善したあとも、続けてリピートする必要性(ニーズ)があると示すことが重要です。

つまりは「腰痛を治したい!」というニーズを持っている人に、「腰痛を再発させないカラダ作り」という別のニーズを作り出して前提条件を置き換えないと、長期的なリピートは望めないということ。

でも、腰痛が軽くなったあとで、「じゃぁ、これから月1回続けていきましょう」とか「バランス良くカラダを使えるトレーニングしていきましょう」と言ってもちょっと遅い。

「なんで?もう腰痛治ったし。」、「メンテナンスとか言うてるけど、ただ引き伸ばしたいだけちゃうの?」と思われて、なかなか受け入れてもらえません。

だから、症状が治まった時点ではなく、最初から前提条件を置き換えてないと、後出し感が強くなってしまいます。

「この ペンを売ってみろ 」って言われたら、、

ペンを売る方法は、思いつきましたか?

正解は「ペンパイナッポーアッポーペン」

ではなく、「名前を書け」

映画では、食事中にこの会話がかわされます。
「ペンを売ってみろ」と言われたブラッドは、一言「そのナプキンに名前を書け」。

しかも、店員にケチャップを持ってこいと要求しながら、大して考える事もなく。

ペンを持っていないジョーダン・ベルフォードは、名前を書くにはペンを売ってもらうしかないですよね。

ナプキンに名前を書くというニーズを作り出し、解決策としてのペンを売ったのです。
お見事。


ウルフ・オブ・ウォールストリート

この映画のモデルになったジョーダン・ベルフォートは実在の人物です。
映画では、どちらかというとアジ演説ばっかりで、実際にセールストークをしているシーンはほとんどありませんが、巧みなセールストークで株取引の仲介業で巨富を築きます。

が、違法行為が発覚し、あえなく逮捕され実刑を受けます。

出所後、そのスキルを活かしてセールストレーナーとして、セミナーを開催したり、教材を販売しています。
なので、「 ペンを売ってみろ ・名前を書け」トークはけっこう有名です。

映画は3時間近くあるのに、テンションを切らさず、時間を感じさせないところは、さすがは巨匠マーティン・スコセッシ。

ディカプリオのセレブっぷりと、ヤク中っぷりもぶっ飛んでて、おすすめです。

ちなみに、映画に出てくる「F★★k」の回数でギネス認定されています。
性的に過激なシーもがかなり多いので、お子さんとは一緒に観ないほうがいいかも。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの法則無料セミナー

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★