サロン経営者にとって、いちばん 大事な仕事 とは

サロン経営者 一番 大事な仕事

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
3 26 秒です。


繁盛サロンになるためにしないといけない、あなたのいちばん 大事な仕事 はなんですか?

施術の効果を高めるために、技術や知識を磨くこと?

お客さんの満足度を上げるために、接客スキルを上げること?

もちろん、施術者として考えれば、それもとても大事です。

でも、あなたが経営者なら、他にやるべき、もっと 大事な仕事 があります。

集客できないと宝の持ち腐れ

サロンや治療院をしている以上、施術はとても大きく重要なコアスキルです。

だから、みんな施術の技術や知識を磨くし、日々、練習や勉強を怠りません。

もちろん、それもめっちゃ大事。

どんなに立地がよくても
どんなにおしゃれな内装でも
どんなにサービスが良くても
どんなに人柄が良くても

ぜんぜん施術がイケてなかったら、お客さんはリピートしてくれません。

でも、お客さんがリピートするかどうかを判断するということは、1回目の施術を受け来てもらってからの話。

つまり。

どんなに素晴らしい技術を持っていても
どんなに知識が豊富でも
どんなに臨床経験が多くても
どんなに素晴らしい接客ができても

集客できなければ、誰にも知ってもらえません。

あなたの技術を発揮し繁盛サロンにするためには、施術を受けるお客さんを呼び込まないといけないのです。

そうしないと、宝の持ち腐れで終わってしまいます。

雇われスタッフのうちは会社やオーナー、店長・院長などが集客を考えてくれていました。それがいちばん大事な仕事だからです。
だから、あなたは技術や知識を磨くことに集中できていたのです。

でも、1人サロンの経営者となったら、話はちがってきます。

集客がいちばん 大事な仕事

こんなふうに「集客・集客」というと、「そんなん考えんと施術に集中したいねん!」という人も、たくさんいます。

その気持もわかります。僕も開業当初は同じでした。

「チャチャっと集客して、良い施術をしてたら口コミや紹介で勝手にお客さんは増えていくやろ」なんて考えていました。

いまになって思い返すと、考えが甘いを通り越して妄想の域に達してましたね。。。

でも、経営者である以上、集客のことを考えなければサロンの経営は成り立ちません。もちろん繁盛サロンのためにも集客は欠かせません。

あなたのいちばん大事な仕事は、施術でも接客でもなく「集客」なのです。

これを自分の重要な仕事として認識しているのといないとでは、大きな差となって現れます。

「ただの施術者」でいられるのは雇われのうちだけです。

たとえ小さくてもサロンの経営者となる以上「あなたのいちばん大事な仕事は集客」

これをしっかりと、頭に入れておいてください。

1人サロンにマーケティング は必要ない?

2016.10.14

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★