サロン経営者にとって、いちばん 大事な仕事 とは

大事な仕事

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
5 48 秒です。


あなたのいちばん 大事な仕事 はなんですか?

施術の効果を高めるために、技術や知識を磨くこと?
お客さんの満足度を上げるために、接客スキルを上げること?

もちろん、施術者として考えれば、それもとても大事です。

でも、あなたが経営者なら、他にやるべき大切なことがあります。

取らぬ狸の皮算用

単価を10000円にして、1日に5人施術。

20日営業すれば1ヶ月で100万円。

年商1200万円。経費を抜いても、1000万円は軽いな♪

それだけあれば時間の余裕もできて、ゆっくり過ごせる。
空いた時間には好きな本を読んだり、予約の合間に、ゆっくりランチもしたいな。

なんて、甘い甘い!!

蜂蜜とメープルシロップを混ぜて
コトコト煮詰めたぐらい甘い!

こういうのを取らぬ狸の皮算用と言います。

まぁ、僕も開業前だけじゃなく、開業後しばらくは、こんな考えをしていました。。。
大間違いでしたけどね(._.)

そんなにお客は来ない

ハッキリ言って、自力でやってる限り、いきなりそんなにうまくいくことはありません。

オープンして1ヶ月間、友人にしか施術しなかったというのも、全然めずらしくありません。

集客について、ここでは詳しくは書きませんが、これが一番の難点です。

「1日に5人来て」の5人を集めるのが大変なんです。

「HP作って、チラシを配布したら来るでしょ?」

いいえ、来ません。
HPを作っても、チラシを撒いても、看板を立てても、集客のセオリーを踏まえていないと、誰も来ないどころか、気づいてすらもらえません。

初期投資の少ない1人サロンでも、最初の1年は利益がでないぐらいの覚悟が必要です。

集客できないと宝の持ち腐れ

サロンや治療院をしている以上、施術はとても大きく重要なコアスキルです。

だから、みんな施術の技術や知識を磨くし、日々、練習や勉強を怠りません。

もちろん、それもめっちゃ大事。

でも

どんなに立地がよくても

どんなにおしゃれな内装でも

どんなにサービスが良くても

どんなに人柄が良くても

ぜんぜん施術がイケてなかったら、お客さんはリピートしてくれません。

でも、お客さんがリピートするかどうかを判断するということは、1回目の施術を受け来てもらってからの話。

つまり。

どんなに素晴らしい技術を持っていても

どんなに知識が豊富でも

どんなに臨床経験が多くても

どんなに素晴らしい接客ができても

集客できなければ、誰にも知ってもらえません。

あなたの技術を発揮し繁盛サロンにするためには、施術を受けるお客さんを呼び込まないといけないのです。

そうしないと、宝の持ち腐れで終わってしまいます。

雇われスタッフのうちは会社やオーナー、店長・院長などが集客を考えてくれていました。

それがいちばん大事な仕事だからです。
だから、あなたは技術や知識を磨くことに集中できていたのです。

でも、1人サロンの経営者となったら、話はちがってきます。

集客がいちばん 大事な仕事

こんなふうに「集客・集客」というと、

「そんなん考えんと施術に集中したいねん!」

という人も、たくさんいます。

その気持もわかります。
僕も開業当初は同じでした。

「チャチャっと集客して、良い施術をしてたら口コミや紹介で勝手にお客さんは増えていくやろ」なんて考えていました。

いまになって思い返すと、考えが甘いを通り越して妄想の域に達してましたね。。。

お恥ずかしい。

でも、経営者である以上、集客のことを考えなければサロンの経営は成り立ちません
もちろん繁盛サロンのためにも集客は欠かせません。

あなたのいちばん大事な仕事は、施術でも接客でもなく「集客」なのです。

これを自分の重要な仕事として認識しているのといないとでは、大きな差となって現れます。

「ただの施術者」でいられるのは雇われのうちだけです。

たとえ小さくてもサロンの経営者となる以上「あなたのいちばん大事な仕事は集客」

やることが山盛り沢山

1人サロンのメリットは、自分で全てできるという点があります。
でも、それが最大のデメリットでもあります。

自分で全部出来る=自分で全部しないといけない。

お金ができてくると外注できるようになりますが、最初はほんとにすべて自分でしないといけません。

サロンの掃除や片づけはもちろん、お金の計算、銀行へのお使い、消耗品の買い出し、観葉植物の水やり、チラシまきやポスティング。

はては確定申告や税務署への提出。

サンキューレターを書いたり、文面を考えたり。
ブランクのお客様には再来店を促すレターを書いたり。

さらに一番大事なのが集客とリピートの安定化をどうするか。
フリーペーパーやポータルサイトに出稿するには、原稿を考えないいけません

さらに、上がってきたもののチェックもしないといけない。

もう、やることは、めちゃくちゃあります。

特に、経営が軌道に乗る=集客・リピートの流れが安定するまでは、もう大変です。

ここに一番時間と労力を取られれるし、注がないといけません。
そのためには、マーケティングの勉強をし続けないといけません。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★