サロン経営に必要な4ステップ 政略・戦略・戦術・戦闘

サロン経営に必要な4ステップ 政略・戦略・戦術・戦闘

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
5 45 秒です。


ビジネス書やセミナーなどで、戦略と戦術という言葉はよく出てきます 。
経営やマーケティングについて学んだなら、知っていて当たり前レベルの言葉です 。
では、政略って知ってますか?

戦略より大事な政略

政略とは、戦略の上位概念です 。
あまりビジネス書なんかでは見かけないのですが、けっこう大事です 。

実際の戦争では、この国の領土を取るぞ!とか、ちょっと懲らしめてやるぞ!など政治的な判断=政略があって、戦略が作られます 。
政略がなくて、戦略だけがあると軍事独裁ですね 。

サロン経営では「サロンを経営する目的・目標」にあたります 。

達成したい状態があって、そこまでのギャップを知ることで初めて戦略が立てられるのです 。
なので、いきなり「戦略立てるぞ!」て言ってる経営者は的はずれ 。
行き先も決まっていないのに、電車にのるぞ!って言ってるようなもんです 。

戦略と戦術 って言うけど、違いは何なのさ?

2016.09.15

政略・戦略・戦術・戦闘をプロ野球に例えてみると

政略・戦略・戦術・戦闘って言葉だけ見るとややこしいですが、スポーツに例えると、わかりやすくなります 。

プロ野球球団の政略

プロ野球の各球団が目指しているのは、ペナントレースと日本シリーズ勝って、優勝=日本一になること 。(のはず)

これが目的=政略です 。

プロ野球球団の戦略

では、戦略はどうでしょう
日本一になるためには、チームを強くしないといけません 。
そのために、助っ人外国人を入れたり、選手をトレードしたり、ドラフトで新人を取ったりといった選手の増強が行われます 。
また、監督やコーチが変えたり、新しい練習やトレーニング、機械が導入されたりします 。

もう少し、ブレイク・ダウンすると、選手の起用方法やピッチャーのローテーションなんかも戦略にあたります 。

プロ野球では、より多く勝つための対策をすることが戦略です 。

プロ野球球団の戦術

じゃぁ、戦術はというと、実際の試合での監督の采配です 。
実際の試合では、点数やイニング、アウトカウントやボールカウント、ランナーの位置、バッターが誰か、ピッチャーは誰かなど、いろいろな要素が絡みあいます 。
ヒッティングかバントか、代打を送るか、ピッチャーを変えるか、敬遠するのかなどなど状況を分析し、打ち手を考えていく現場レベルでの指揮が戦術です 。

いかにして、いま行われている試合に勝つための対策が戦術です 。

プロ野球球団の戦闘

そして、選手一人ひとりのプレーが戦闘になります 。
どれだけいいプレーをするかが戦闘、です 。

どんなに頑張っても上位概念を覆せない

ここで大事なのは、下位の概念で上位の概念を覆せないということ 。
どんなに1人の選手がいいプレーをしても、監督の指揮が悪ければ試合には負けてしまいます 。
イチローがどれだけ素晴らしいヒットを打っても、監督からの他の選手へのサインが見送り三振だと、負けてしまいます 。

また、1試合だけどんなに良い采配をしていても、どんなにいい勝ち方をしていても、ピッチャーが1人しかいなくて、交代選手がいなかったりすると、多く勝つことはできません 。

サロン経営に置き換えてみると

サロン経営や独立開業の目的が政略です 。
あるいは目的を達成するための目標です 。

広告宣伝、メニュー、立地などなど、売上を上げるための方法が戦略です 。
マーケティングも戦略の1つですね 。
例えば、肩こり解消に特化して、肩こりの人だけを集客するというのも戦略の1つです 。

施術やサービスそのものが戦術です 。
肩こりと一口に言っても、症状は様々です 。その症状やお悩みにあわせて、どんな組み立てで施術をするのかというのが、戦術です 。

施術の1つ1つのテクニックが戦闘です 。
筋肉をほぐす、リンパを流す、骨格を矯正する、ストレッチする、低周波や温熱治療器をあてる、などなど、施術全体を構成している、1つ1つの要素が戦闘です 。

いくらサロンで経験を積んでも、経営とは無関係

整体やマッサージ、アロマなどのスクールで教えてくれるのは、戦術=施術の組み立てまで 。それもバリエーションは限られています 。
多くの場合、スクールを卒業した後、サロンで働いて経験を積むわけですが、それでも戦術のバリエーションが増えるだけ 。

戦略や政略がないままに、独立開業するから、集客できない、リピートが続かない、一度受けてもらえば分かってもらえるのに・・・となって、結局は廃業に追い込まれます 。

20年間も経験を積んで、開業して1年で貯金を使い果たして廃業なんてのも、珍しくありません 。
いくら、従業員として戦術の経験を積んだところで、政略や戦略が立てられないと、経営はうまくいかないのです 。

そして、戦略を立てるには政略=目標がしっかりと明確になっていること 。
あなたも、本当の目的を明確にする、7つのステップのワークを、ぜひ試してみてください 。


最後まで読んでいただきありがとうございます 。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします 。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした 。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★