自分の人生を他人に委ねたくない人が 独立開業する理由

独立開業する理由


この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
6 44 秒です。


あなたが 独立開業する理由 はなんですか?

独立開業するには、デメリットもあれば、リスクもあります。
売上が上がらないときは焦りだけがつのるし、家賃や公共料金などの支払いに追いつめられることもあります。

貯金を取り崩すたびに、自己嫌悪に陥るし、間違った選択をしたんじゃないかと怖くなります。

売上が気になって寝付けないこともあれば、夜中にふと目が覚めて眠れなくなることもあります。

独立開業は自分との戦い

「今日も誰も来なかった・・・」
「明日の予約はちゃんと来てくれるだろうか・・・」
「もうこれ以上は貯金を使えない・・・」
「今月の家賃は払えるだろうか・・・」
「このまま、やっていけるだろうか・・・」
「独立開業したのは、まちがいだったんじゃ・・・」

悶々としたまま、気が付くと朝。なんてことも全然珍しくありません。

やりたいことも我慢しないといけないし、自分の時間も自由に使えなくなります。

雇われていれば、仕事がうまくいってなくても、とりあえず給料日はやってきます。
でも独立開業すると、自分で売上を作り出さなければ、収入は生まれません。

「再就職したほうが楽なんじゃ・・・」という誘惑に負けそうになることも一再ではありません。

いつまで経っても売上が上がらなければ、経営が立ちゆかなくなりサロンは潰れます。
夢に見た生活は、あっさり崩れてしまうかもしれません。

独立開業して、いきなり順風満帆、悠々自適とは、なかなか行きません。
めちゃくちゃ頑張らないとダメだし、何度も心が折れそうになります。
辛くて泣きたくなることもあります。

それだけの思いをするからこそ、雇われていては手に入れられない多くものを、独立開業すれば手に入れられることができます。

あなたが 独立開業する理由 は?

収入
雇われていては手にできない収入を手に入れられる
自分の力で安定した収入を作り出せる
ゆとりのある生活を手に入れられる

成長
仕事や人間関係、お金や人生設計などへの視野が広がる
マーケティングや経営、コミュニケーションなどの知識が増える
決断力、実行力があがる

メンタル
失敗にめげない、強い心になる
愚痴を言わなくなる
自分に自身が持てるようになる
人間関係に煩わされなくなる

ライフスタイル
ワークライフバランスを自分でコントロールできる
望むライフスタイルを手に入れられる
家族や子どもと過ごす時間が増やせる
仕事に縛られず、好きなところに住める

勤め人を辞めて、独立開業すると、ざっと挙げただけでも、これだけのメリットがあります。

どこに魅力を感じるかは、人それぞれですが、どれも雇われていては手に入れにくいものばかり。
どれだけ頑張っても手に入らないものもあります。

でも、独立開業すれば、自分のがんばり次第で、手にすることができるし、もっと多くのものを手にする人もいます。

自分の人生を他人に委ねることなく、自分でコントロールできるようになるのです。
だから、僕は独立開業することを、強くおすすめします。

とは言うもの、独立開業にはメリットもデメリットもあります。

独立開業することのメリット・デメリット

独立開業すると、色々なメリットがあります。

収入が増える、自分の時間が増える、働く日や時間を選べる、望んだライフスタイルを手に入れられる、なりたい自分になれる、などなど。
独立開業して、経営を成り立たせていくための知識や経験も、独立するからこそ学べることです。

でも、その反面、多くのデメリットやリスクもあります。

責任が重い、業務量が増える、自分ですべて決断しないといけない、学び続けないといけない、変化し続けないといけない、などなど雇われで働いていた時と同じ感覚では務まりません
また、自由な時間、ライフスタイル、それを実現するための収入を得られるようになるまでは、必死になって頑張らないといけません。

しかも、独立開業して経営に失敗すれば、文無しになるかも知れません。
ヘタすると、借金地獄にハマる可能性もあります。

付き合う人が変わる

また、人間関係にも変化が生まれます。
経営者と被雇用者では仕事に対する視点が全然違うので、仕事の話になると、全然噛み合わなくなります。

仕事の愚痴をこぼす人には「話のレベルが低い」と感じるし、できない言い訳ばかりする人には「言い訳せずに、とりあえず動けよ」と感じます。
新しいことを始めたいのに始められない、そのうち始めると言って始めない人には「口先ばっか」と感じてしまいます。

それで友人関係が壊れるまで行くことは、あまりないと思いますが、心から共感したり、同じ側に立って考えることは、難しくなります。
そうなると、必然的に同じ視点で会話ができる人=経営者か経営者視点を持った人がまわりに増えていきます。

その結果、これまでよく会っていた友人と、あまり合わなくなる、疎遠になっていくことも往々にしてあります。

独立開業は選択肢の1つ

安定を手に入れるには、雇われるのではなく、自分で作り出すのが一番です。
でも、それ以外にも選択肢はたくさんあります。

先はどうなるかわからないけど、雇われで働いていれば、とりあえずの安定は手にできます。
旦那さんの稼ぎが十分にあるなら、ずっと主婦でいるというのも、1つの選択です。
そもそも、働かなくてもいいぐらいに資産があれば、独立開業なんてする必要もありません。

独立開業して働ける技術を身につけたからといって、みんなが独立開業しないといけないわけじゃありません。
リスクもいっぱいあります。

独立開業はギャンブルではありません。

独立開業はギャンブル じゃない

2016.10.27

しっかりと自分にできるのか、しんどくてもやっていくだけの意志があるのか、しっかと考えてみてください。
独立開業にはお金がかかりますが、考えるだけならタダです。
家族や友人に相談してもいいし、一人で考えるのもいいです。

まずは、じっくり、しっかり考えて、自分が納得行く答えを出しましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★