習慣を変える には、 3週間あれば大丈夫!

習慣を変える には、3週間あれば大丈夫!

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
6 11 秒です。


習慣を変える のって、なかなか難しいですよね。。。

「人間は習慣の奴隷である」という言葉を聞いたことがありますか?

読んで字のごとく、人間は習慣に支配されているということ。

だからと言って、そこから抜け出せないのかというと、そんなことはありません。
脳の仕組みをうまく利用すれば、3週間あれば、 習慣を変える ことができるのです。

習慣とは

【習慣】あることが繰り返し行われた結果、その事がしきたりになること。しきたり。ならわし。
あなたはどんな習慣がありますか?

起床後のストレッチ、週3日の運動、毎日の読書、朝起きたら新聞を読む、食後にタバコを吸う、寝る前にスマホでゲームする、などなど。

色々ありますよね。
誰でもやっていることでは、歯磨きも習慣ですよね。

我が家には4歳になる娘がいます。

まぁ、大体どのお子さんもそうだと思いますが、以前は食後や寝る前の歯磨きを、とても嫌がっていました。

なだめ、すかし、時には怒りながら歯磨きをするのですが、いざゴロンと横になっても口を開けなかったり、すぐに遊ぼうとしたりと、毎日大変でした。

でも、いまでは「歯磨きする~」と言って、自分から始めます。

もともと、歯磨きをする習慣なんて誰にもありません。
でも、毎日毎日続けることで「歯磨き」が習慣化できたのですね。

このように、最初は意識して、あるいは強制的に行っていることが、繰り返し繰り返し続けることで、習慣化していきます。

タバコもそうですね。
生まれたときからタバコを吸っている人なんていないので、どこかのタイミング(大体は中学生や高校生の頃に)で意思を持って吸い始めたはずです。

スマホもそう。
そもそもスマホが登場して、まだ10年も経っていません。
寝る前や電車の中、ちょっとした空き時間にスマホを触ってしまうという習慣は、ごくごく最近になってできた習慣です。

では、あなたが辞めたい習慣はありますか?
じつは習慣をやめると言うのは、かなり強い意志力が必要です。

習慣を変える には

例えば、寝る前にスマホを触ってしまう習慣がある場合、なんとなくスマホを触ろうとしたときに、我慢しないといけません。
これってけっこう大変ですよね。

意志力の強い人は、今日から辞める!といって習慣になっていることを辞めることもできます。
僕の父はタバコが値上がりしたときに「高いから辞める」といって、スパッと禁煙しました。
だったら、もっと早くに禁煙したらいいのに、と思いますが。

でも、これはなかなか難しいですよね。

じゃぁ、習慣を変えるのはめっちゃ大変かというと、そんな事はありません。
ポイントは「書き換え」です。

ディスクシステムじゃないですよ。

習慣は書き換えることが大事

禁煙をする人がよくする方法が、タバコを吸いたくなったらアメを舐めたり、ガムを噛んだりするというもの。

食後や、ちょっとした空き時間などに口が寂しくなったときに、タバコを吸うという習慣を「アメを舐める」や「ガムを噛む」に置き換えているんですね。

タバコの場合はニコチン中毒なので、この置き換えだけでは難しいと思いますが、それでも成功する人はいます。

スマホの場合も同じ。
スマホを触りたくなったときに、別の行動に置き換えてあげればいいだけです。

僕がおすすめしているのは本を読むことです。

スマホでゲームやネットをしていても時間のムダにしかなりませんが、読書すれば何かしら得るものがあります。

ビジネス書や実用書を読めば、仕事に活かせる事があるかもしれないし、小説やノンフィクションでも新しい気付きや発見、感動を得ることができます。

コミュニケーションの中で、とても大きなウェイトをしめている、語彙力も上がりますしね。

そもそもこれから独立開業しよう!とか、年収1000万円越えてやろう!って思っている人がスマホゲームで時間を潰している暇なんてないですよね。

習慣は3週間で書き換わる

人間の記憶は、脳にある「海馬」という組織に一時保存されたあと、記憶として定着していきます。
色々な習慣も、行動として記憶されています。

考え方や思考のパターンもじつは習慣です。

そして、この海馬には3週間分の記憶が蓄積されると言われています。
つまり、3週間続けて新しい行動をすれば、それが記憶として脳に蓄積されて、新しい習慣となるのです。

なので、

新しい習慣を身に着けたければ3週間がんばって行動する。
辞めたい週間があれば、3週間ちがう行動に置き換える。

そうすることで、習慣を書き変える事ができます。
そして、習慣化したことは、やらないと気持ち悪いので、意識しなくてもずっと続けられるようになるのです。

習慣を変えれば結果が変わる

新しい習慣を身に着けると、行動が変わり、行動が変われば結果が変わります。

歯磨きが習慣になれば、虫歯になりにくくなります。
タバコを辞めると健康になっていきます。
ストレッチが習慣化すれば、柔軟性が上がります。

同じように、経営やマーケティングの本を読めば、知識が増えて考え方が変わっていきます。
そうすれば、独立開業も早く進むかもしれないし、サロン経営のヒントも得ることができます。

あなたはどんな習慣を身につけたいですか?

安定化志向と可塑性 脳の2つの特徴を活かして成功体質になる

2016.10.20

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★