独立の目的は? 年収1000万円と答えたあなたは大間違い

独立の目的は? 年収1000万円と答えたあなたは大間違い

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちは 。
繁盛サロン育成集客塾 羅針盤の山口です 。

あなたが独立開業する目的は何ですか?
「年収1000万円」なんて言ってたら大間違い 。

これは「目標」であって「目的」ではありません 。

目的と目標の違い

独立開業のことを書いた本や自己啓発本、ビジネス書などには「目的を明確にする」「明確な目標を設定する」なんて、書かれています 。

似たような言葉だし、どっちでも一緒でしょ?
そう思っているあなたは、確実にビジネスで成功できません 。

では、目的と目標の違いは何でしょう?

目的は「●●のため」

目的とは「それをするのは何のためなのか」ということです 。
到達点とも言い換えられます 。

例えば、ダイエット 。

「5㎏痩せる」は目的ではありません 。
何のために5㎏痩せたいのか?
5㎏痩せたら、何がかなえられるのか?

履けなくなったジーンズを履くために、5㎏痩せる
フラれた彼氏を見返すために、5㎏痩せる
友人の結婚式でドレスを着るために、5㎏痩せる

この「●●のために」の●●が目的です 。

※もっと目的を深掘りすると、目的だと思っているものも、実は手段に過ぎないことがわかるのですが、それは、また別の記事で詳しく書きます 。

目標は、目的までの距離

では目標はというと「目的にどれぐらい近づいているか」の指標を数値で表したもの 。

上記の例の「5㎏」が目標です 。
でも、ある朝おきると、いきなり5㎏痩せてるなんてことはないので、5㎏までの数値を1㎏、3㎏、4㎏のように分解します 。

この、ゴールまでの距離を測るための、数字のことを目標と言います 。
つまり数値にできないものは、目標として成り立ちません

目的と目標の違いを意識できていないと「独立開業の目的は年収1000万円」なんてことになり、人前で言って恥をかいてしまいますよ 。

あなたの目的は?

さて、では、あなたが独立開業する目的は何でしょうか?

ゆとりのある生活をするため?
ハワイに移住するため?
家族と過ごす時間を増やすため?
老後の備えのため?
いつ離婚しても1人で食べていける様になるため?

これを明確にしないと、これからビジネスをしていくうえで、方向性がぶれてしまいます 。

このサイトでは、一人サロンで年収1000万円を掲げていますが、この1000万円は、あくまで目標です 。
なので、これをゴールにしてはいけません 。

例えば「目的は年収1000万円!」とすると、極端な話が年中無休24時間対応で営業時間を増やせばいい、となります 。
ホントは家族と過ごす時間を増やしたいと思っているのに、気が付くと雇われて働いていた時よりも仕事に時間を取られて、全然家族団らんがない!なんてことになりかねません 。

それでも稼げりゃいい!っていうんならいいですけどね 。

でも「目的は家族との時間を増やすため!目標は1000万円」と目的と目標を明確に立てていると、家族団らんが無くなるほど、仕事に時間を費やすような働き方になりません 。
家族団らんを確保しつつ、目標の年収1000万円をどうやって達成するか、という思考になります 。

なので、目的をはっきりとさせて意識することは、独立開業する上で、とても重要です 。最重要と言ってもいいぐらい 。
なんとな~くではなく、はっきりと言葉にできるまで、一言で人に伝えられるぐらいまでしっかり考えましょう 。

それがあなたが、独立開業で思い描いた生活を手に入れられるか、失敗するかを大きく左右します 。


最後まで読んでいただきありがとうございます 。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします 。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした 。

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★