回数券の役割 と導入するホントの理由。そして問題点

回数券の役割 とデメリット

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

回数券の役割 は大きく分けて3つあります。

1つ目は、 お客さんの都度払いのストレスを無くしてあげる。
2つ目は 回数券 を持っていることでリピートしやすくなる。
そして3つ目は、 キャッシュフローを前倒しにできること。

前回、 施術の都度払いになると、 知らず知らずのうちにストレスが溜まっちゃうよ~、 というお話をしました。
そのストレスを解消するには、 お金を使っているという感覚をなくしてあげること。
そのために有効なのが 回数券っつーわけですわ。

回数券の役割 とは・・・

回数券の役割 キャッシュフローを前倒し

回数券 には、 リピーターさんを毎回お金を支払うストレスから開放し、 リピートを続けやすくするという役割の他に、 もう1つ大きな大きな役割があります。

それはキャッシュフローを前倒しにすること。

ビジネスには売上も利益ももちろん大事です。
でも1人サロンや治療院などの小規模なビジネスの場合、 何よりも大事なのがキャッシュフローです。

キャッシュフローとはお金の流れのことです。
もう少し噛み砕くと、 いま自由に使えるお金がどれぐらいあるのか?ということ。

例えば、 1週間に1回、 1万円の施術を受けに来る人が10週間来れば、 10万円の売上になります。

でも、 週に1回、 1万円がパラパラと入ってくるだけなので、 大きな使い方はできません。しかもちゃんと10回来てくれるかどうかは、 分からないですよね。
もしかすると、 2回目で来なくなってしまうかも知れません。

そうすると10万円の売上を見込んでいたのに2万円しか入ってこないことに。。。
お客さんにとっても、 中途半端にリピートするだけだと施術の効果も出ないし定着しないので、 お金と時間の無駄遣いになってしまって、 何もウレシイことはありません。

じゃぁ、 最初に10万円の 回数券 が売れればどうでしょうか?

まとまったお金があれば、 広告を追加することもできるし、 他の支払い、 自己投資にもあてることができます。
もちろん、 利益として貯蓄してもOK!

回数券の役割 キャッシュフロー

ある程度まとまった金額が手許にないと、 家賃の支払いすらできない・・・ということに

しかも、 お客さんも 回数券 を買っているので、 使わないともったいない、 というリピートする理由も作ることができます。

その結果、 カラダの不調や悩みも解決できれば、 お客さんにとってもウレシイことですよね。

つまり 回数券 はキャッシュフローを前倒しにして自由になるお金を増やすことができるし、 お客さんもリピートする理由になる。一石二鳥の仕組みなんです。

そして、 売れた 回数券 の枚数を数えれば、 売上の計算が簡単にできるという、 おまけも付いてきます。
ほんとに、 おまけですけどね。

回数券のデメリット

回数券の役割 のデメリット

そんな、 一石二鳥で便利な 回数券 なんですが、 いいことばっかりかっていうと、 そうでもなくデメリットがあります。

それは、 、 、

回数券が売れたときにしかお金が入ってこない。ということ。まぁ、 当たり前なんですが。

とはいえ、 これは大きな問題。

それを解消するには、 新規集客をして 回数券を売り続けることが必要です。でも、 新規集客には波がありますよね。広告の良し悪しもあれば、 季節的な変動もあります。

まだ 回数券 を使い切ってないリピーターさんに、 回数券の更新をすすめる、 なんてこともできないですしね。
まぁ、 そのための裏ワザもあるっちゃー、 あるんですが。

キャッシュフローを前倒しにはできるけど、 月単位で見たときのキャッシュフローが安定しにくい。。。
このデメリットがあるから、 回数券を導入しないという人もいます。

この 回数券特有の問題を解決する方法って、 ないんでしょうか?

それが、 あるんですよ。
実は。

その方法とは、 、 、 次回のお楽しみ!!

今日のまとめ

お客さんがリピートしやすくなるし都度払いのストレスも減る、 さらにキャッシュフローも前倒しにできる。

回数券 は経営を安定させるのに、 有効だけど、 売れたときにしかお金が入らない、 、 、 というデメリットもあるよ。

そして、 その解消法とは・・・▶⑤継続課金 は安定経営へのパスポート

みんなにシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★