プラシーボ 効果を発動させて、リピート率を上げる方法

プラシーボ リピート率

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
6 9 秒です。


先日、目薬を買いました。
お値段は2,300円。

大手のドラッグストアが出しているOEM商品だと、300円ぐらい。

それと比べると、メチャクチャ高いですよね。
でも、けっこう売れているみたいです。

もちろん、僕もこんな値段の目薬を買うのは初めてです。

そして、効果はどうかというと、、、

もうほかには戻れない

めっちゃ目が楽です。

疲れ目も吹き飛ぶし、寝る前にさすと、朝起きた時にシパシパしない!!
長時間、パソコンをした疲れもチャラヘッチャラ!!もう、最高!
ほかの目薬には戻れない!!!

って、感じです。

でも、、、

ホントに、、、

そんなに、、、

劇的に、、、

効果は高いんでしょうか?

 

せっかく高いのを買ったから、しっかり効果を出したい!
と思っているので

目薬を差した後、涙点から流れ出ないように1分ほど目を閉じて、目頭を押さえたりもしています。
また、こまめに目を休ませるようにもしています。

それもあって、効果が高いということが考えられます。

涙点とは。
目をうるおしたり、守ってくれる涙は、目での役目を終えると涙点から吸い込まれます。
そして、目と鼻をつなぐ鼻涙管を通って、鼻にながれていきます。
なので、目薬を差しあと涙点をおさえると、目薬が流れていかず、しっかりと効かせることができます。

ちなみに、泣いたときに鼻水が出ますが、これは実は鼻水ではなく、涙点から流れ込んだ涙です。
鼻涙管を伝って鼻腔に入ったときに、鼻水と混ざるので鼻水よりは粘度が低く、涙よりは粘度の高い液体となって、でろ~んと出てくるのです。

でも、それよりも大きな要因が考えられます。

それが、「  プラシーボ 効果  」。
じゃ、ないかと思っています。

プラシーボ 効果とは

プラシーボ 効果

プラシーボ 効果とは、プラセボ効果ともいい「偽薬」 と訳されます。

実際には薬効成分の含まれていない錠剤を、薬だといって飲ませると、効果が出るという現象のことです

プラシーボの反対で、 ノーシーボ効果(ノセボ効果) というのもあります。
これは、ちゃんと効果のある薬なんだけど、効かないと思って飲んでると、ほんとに効果がないという現象のこと。

プラシーボにしても、ノーシーボにしても、要は思い込みの力ですね。

僕はこの目薬のことを

ほかのものよりも、数倍も高額な目薬。そら、メチャクチャ効くはずはずやで!!

と、勝手に思い込んでます。

もちろん、安い目薬に比べて、それなりに効果は高いのでしょうが、そこまで劇的に効果が高いのかどうかは、ちょっと分かりません。

製薬会社の人、ごめんなさい。

でも、実際に目は楽です

もったいない買い物をしたとは、思っていません。むしろ、買ってよかったと思ってるぐらい。

なくなったら、また同じものをリピートするでしょう。

つまり僕は、メーカーが仕掛けた 「値段によるプラシーボ戦略」 に、完全にはまってるわけです。

これは、サロンや治療院でも同じことが言えます。

高い値段にするのが怖いから、安い金額で提供する。

その気持ちも、よくわかります。僕も昔そうでしたから。

でも、値段を高くするとお客さんは

こんな金額なんだから、腕は確かだろう

これだけ高いと、ちゃんと効果があるだろう

と考えてくれるということが確かにあります。

また、高いから選んでくれる、ということもあります。

安かろう、悪かろう

プラシーボ 安売り

反対に、安い金額でサービスを提供していると、「安かろう、悪かろう」と思われてしまいかねません。

つまり、安い金額がノーシーボ効果を生んでしまう可能性があるのです。

この金額だったらこれぐらいだろう

良くならなくても安いから仕方がない

で、効果を実感できないし、自分でも効果を継続するために生活習慣を意識したりしないので、

ま、こんなもんやろ。

安かったしな。
また、別のところ探そ。

で、リピートしない。

もちろん、ただ値段を上げるだけではダメで、それなりの効果を出せないといけないし、それを補完するコミュニケーションスキルも必要です。

でも、施術のスキルにはそれなりに自信がある、コミュニケーションもちゃんと取れている、なのに、なかなかリピートが続かない、って悩んでるなら、思い切って値上げすることも考えてみてください。

それが、突破口になるかもしれませんよ。

施術単価 を1時間1万円が最低ラインにしないといけない理由

2018.02.06

値上げ をしたいなら、牛丼を理解することからはじめましょう。

2017.09.07

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

ご自由にコメントをどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★