ポイントカード でリピート率を上げる簡単なコツ

ポイントカード でリピート率を上げる

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

来店促進のためにと思って、 お客さんに渡している ポイントカード 。

ポイントが貯まれば割引にもなるのに、 あんまりリピート促進の足しになってないなぁ。。。

そんな、 悩みはありませんか?

実は、 ポイントカード でリピート率を高めるには、 ちょっとしたコツがあります。

ポイントカード に最初からおまけを付けておく

お客様がポイントカードのポイントを貯めたくなるコツ。

それは、 最初からオマケでポイントをつけておくことです。

スタンプカードなら、 お客さんにお渡しするときに、 いくつかスタンプを押しておくのがオススメ。

実はこの「最初からポイントカードのポイントが貯まっている」という状況が、 リピート率アップにつながります。

2つのポイントカードの実験

「ホントにそんなことでリピート率が上がるの??」と思いますか?

これを裏付けるために、 ジョゼフ・ヌネスとゼイビア・ドレーズという研究者が行った実験があります。

二人はある洗車場の顧客300人をサンプルに実験をしました。
その内容は、 次のどちらのポイントカードの方がリピート率が高くなるかを比べるというもの。

「8回利用すれば洗車が一回無料になる」ポイントカード

「10回利用で1回無料だけど、 最初から2回分スタンプされている」ポイントカード

どちらのポイントカードも、 あと8回洗車に来ないと無料の特典をもらえないのは同じ。
あなたは、 どちらのポイントカードのリピート率が高くなったと思いますか?

結果は明確に数字に現れました。

何も押されていない8回のポイントカードは無料特典に到達した方は19%

一方、 あらかじ2回分のスタンプがされた10回のポイントカードは、 34%もの人が特典をゲットしました。

8回リピート率が約180%も増えた計算になります。

しかも、 まだ続きがあります。
オマケつきの10回ポイントカードを渡されたお客さんのほうが、 8回のポイントカードを渡された方に比べて、 洗車の間隔が2.9日短くなったのです。

つまり、 リピート回数もリピート頻度も、 おまけ付きカードのほうが良い。
という結果が出たのです。

おまけをつけるとリピート率が上がる理由

じゃぁ、 なんでおまけ付きポイントカードだとリピート率とリピート頻度が上がったのでしょうか?

それには2つの理由があります。

1つはツァイガルニク効果。

もう1つはコンコルド効果と言われるものです。

ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果とは、 わかりやすく言えば「中途半なものは気になるから、 最後までやってしまいたい」という心理的な働きのこと。

続きモノのドラマや漫画、 小説などは、 すごく盛り上がってきたところで次回へ続く・・・という引きがやってきます。

そうすると、 めっちゃ気になって続きが見たくてみたくてウズウズしますよね。

僕はアメリカのドラマ(特に24)でこれにやられました。
何回、 朝まで観続けたことか・・・

ポイントカードも、 最初から中途半端にポイントが貯まっていることで、 最後まで貯めないと気持ち悪い~ってなるから、 リピート効果があるのです。

コンコルド効果

コンコルド効果とは「せっかくここまでやって来たことが、 無駄になるといやなので最後まで続けよう」と思ってしまうこと。

ポイントカードのポイントが貯まっていくと、 もうここまできたなら最後まで貯めないともったいない~ってなるので、 続けて来ちゃうのです。

コンコルド効果とは
イギリスの高速旅客機コンコルドが、 事業を継続すればするほど赤字が増えていくことが分かっていたのにもかかわらず、 これまで投資してきた時間とお金を無駄にしたくないという理由で運用し続け、 最終的に倒産にいたったことからこう呼ばれます。
ギャンブル好きな人も「ここまで突っ込んできたお金を無駄にできない!」という固い決意で、 どんどんお金をつぎ込んでしまいます。

ツァイガルニク効果にしても、 コンコルド効果にしても、 お客さんは「リピートしたい!!」と思ってるわけではなく、 「ポイントカードを満タンにしたい!!」と思っています。

しかし、 その心理の働きをうまく利用すれば、 リピート率を高めることができるのです。

なので、 せっかくリピート促進のために渡しているポイントカードが、 白紙のままだとメチャクチャもったいない。

ポイントカードはおまけ付きで。

覚えておきましょう♫

ちなみに、 いくらポイントカードをうまく活用したからといって、 あなたのサロンが「リピートしたくない!」って思われるような状態だと意味がありません。

ポイントカードも大事ですが、 まずは「また行きたい」と思われるサロンになること。
当たり前ですが、 それが一番大事です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、 なかなか参考になるやん」と感じたなら、 SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、 ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、 お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

みんなにシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★