新規客と リピート客 の正しい割合ってどれぐらい??

リピート客 の比率

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
5 55 秒です。


新規顧客獲得コストは、リピート客 維持にかかるコストの5倍~10倍だからリピートを獲得する仕組みを作る事が重要。

という話を聞いたことがあると思います。

それはサロンや治療院でも同じこと。
僕もいろんなところで喋ってるし、ブログでもメルマガでも書籍でも書いてます。

では、全てのお客さんが、リピート客 だとしたらどうでしょうか?

100%がリピーターだったら

目の前の利益率だけを見れば、かなり儲かります。
しかも、関係性が作られているので、気を使わかなくていいし、仕事も楽チン。

でも、少し長い目で見た場合、お客さんの100%がリピーターというのは、けっこう危険です。
なぜなら、 お客さんは必ずあなたのサービスを受けなくなる日が来る から。

いやいや、そんなことないよもう長く来てもらってるし、関係性もしっかり構築できてるから、離れるなんてことないよ。

なんて思いますか?
いやぁ、甘い。それは甘い。
赤福餅に黒蜜をかけて、和三盆をふりかけたより甘い。
もう、So Sweet!

お客さんは必ず離れていく

どんなに長くリピートしていて、しっかりと関係性が築けているお客さんでも、あなたのもとを去っていくときは必ずやってきます。

それは、引っ越しや病気、身内の看病、介護、本人が亡くなる、リストラや転職、倒産などで経済状態が急激に悪くなる、家が火事になった、洪水で流された、結婚した、離婚した、妊娠した、子供ができた、などなど、お客さん自信が通いたいと思っていても、リピートできなくなる要因なんていくらでもあります。

もちろん、ほかのライバルサロンに浮気して、そのまま流れるなんてことも、いくらでも起こりえます。
結婚していても、浮気してそのまま離婚なんてのもよくある話。

お店とお客さんの関係なんて、もっともっと、もろくて儚いものです。

このように、理由は様々ですが、どんなお客さんであっても、リピートしなくなるタイミングは必ずやってきます。

これは、もうどうしようもありません。
この世の中に、変わらないものなんてないのです。

新規集客は常に続けないといけない

だから、常に新規顧客を集客していくことも、リピーターを増やすのと同じぐらい大切。
人間の体と同じく、お客さんも新陳代謝が必要なんです。

また、リピートばかりに注力して、新規集客のための活動をしていないと、新規客を獲得するためのノウハウがだんだんダメになっていきます。

以前は反応の高かったチラシが、時間が経過して使えなくなる、なんて珍しくありません。

ネット集客も流行り廃りがあるので、それにあわせてサロン集客でもツールや集客方法を変えていく必要もあります。
いまさら「ミクィシ集客にパワーかけます!!」 なんて言っても、いやいや、時代が違うでしょ~って話です。

ミクシィでガッツリ集客します!
えッ!!!?

だから、どんなにリピーターがたくさんいたとしても、 新規集客は絶えずやりつづけるべき ことなんです。

僕が色んな所で「新規集客よりもリピート化が大事!」 って言ってるのは、多くのサロンや治療院経営者が、新規集客ばかりに時間をお金をかけてるから、そのエネルギーの一部をリピート獲得に使おう、ということです。

決して「リピーターがいっぱいいるなら、新規集客なんてしなくていいよ~」 ってことではありません。

理想的な新規とリピートの比率とは?

では、具体的に、どれくらいのリピートを獲得すればいいのでしょうか?

理想は新規顧客が2に既存顧客8の割合、です。
僕の整体院が、だいたいこれぐらい。

収益も安定しつつ、新しいお客さんも絶えず入ってくる。

口では2:8というのは簡単に言えます。でもやってみるとわかりますが、これはけっこう大変です。
ですから、あくまで「理想は」 なのです。

なので、まずは5:5を目指しましょう。
これである程度の売上と利益が出ているなら、新規集客を少し緩めてもいいぐらい。

当たり前ですが、売上が20万しかないなら、新規集客を止めちゃいけません。

目安としては80万ぐらい売上が上がってれば、ガツガツお金をかけて新規集客しなくても、リピーターだけで売上が上がるようになってきます。

そして、そこからは新規顧客とリピート顧客の獲得を並行して、新規顧客のリピート化と、リピーターのロングリピート化の施策を色々と試しながら、徐々にリピートの比率をあげていきます。

サロン経営を安定させるためには、2:8を目指しつつ、3:7にいけばオッケー!、と長い目で見て、少しずつ改善を繰りかえしてってください。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」 と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

羅針盤の山口でした。

 

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す