リピーター さんがストレスに感じている、けっこう見落としがちなこと

リピーター が感じているストレス

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
5 43 秒です。


せっかく リピーター さんになってくれたら、長く続けていい関係を築いていきたいですよね。

そのためには、リピーターさんが来店・来院することへのストレスを減らし、気持ちよく来てもらうことが大切。

でも、けっこう見落としがち、というか、完全に無視してしまっていることもある リピーターさんがストレスに感じていることがあります。

それは、、、、

あなたもこんな経験はありませんか?

リピーター

新しく習い事や、趣味、スポーツなどを始めたときに、どれぐらい通えるかわからないから、最初はとりあえず都度払いで。

もっと上手になって、行ける時間も増えたら回数券を買ったり、月額払いにしよう!

でも、そのうち

「今日はドラマの最終回だしな・・・」、「雨が降ってるしなぁ・・・」、「明日は朝早いからな・・・」、「いまから行くと晩御飯が遅くなっちゃうから・・・」と行かない言い訳を探しはじめ、、、

、くたびに、お金を払うのももったいないなぁ・・・」って思ってやめてしまう。

おそらく、新しく始めたときは、やる気満々だったはず。

そして、その先にあるベネフィット(痩せてスリムになる、テニスが上手になる、覚えた楽器を披露する、など)をイメージしていたはずです。

なのに、行かなくなる言い訳を探し続けている。

なんて、経験はありませんか?

リピーター が無意識にストレスに感じていること

リピーター のストレスもちろん、

、ていたほど、楽しくなかった・・・

自分には、あまり向いていなかった・・・

うまくなるイメージが沸かなかった・・・

忙しくなって行く時間が作れなくなった・・・

などなど、色々な理由があることだと思います。

でも、あなたも知らず知らずのうちにストレスに感じていることがあります。

そして、それはあなたのサロンの リピーターさんも、ストレスに感じていることでもあります。

そのストレスとは、、、

、、サイフから現金を支払うことです。

小銭程度ならば気にならないでしょうが、数千円以上のお金を、施術に行くたびにサイフから出して支払うというのは、リピーターさんにとっては、けっこうなストレスです。

金額が大きくなればなるほど、そのストレスは大きくなっていきます。

リピーターさんは無意識にやめる理由を探し続けている

リピーター は理由を探すリピーターさんがあなたのサロンに通い続けてくれているのは、もちろん施術の効果やサービスに満足しているからだし、あなたの人柄に惹かれているからでしょう。

でも、じつは、リピーターさん本人も気づかないところでリピートをやめる言い訳を探し続けています。

続けるべき理由の方が大きければ、リピートし続けますが、やめる理由が大きくなれば長く来ている リピーター さんでも、離れていってしまいます。

その理由として、毎回いくらかのお金を支払わないといけない、というのは大きなウエイトを占めます。

反対にAmazonや楽天などのネットショップだと、いらない物までついつい買ってしまうのは、お金を支払う感覚=ストレスがないからですよね。
僕もついつい本を大量に買ってしまいます

ちなみに、僕は昨年の暮に、公共料金などの生活費の引き落としに使っている、クレジットカードを紛失してしまいました。(あとから出てきたんですけどね)
新しいクレジットカードに切り替えるまでの間、光熱費も、水道代も、ガス代も、ネットの回線費も、携帯代も、NHKの受信料も、健康保険料も、車の保険もすべて払込用紙を使ってのコンビニ払い。

支払う金額は変わりませんが、1ヶ月の間に何回も何回もサイフからお金が出ていくのは、かなりなストレスでしたよ。
でも、それが家計を見直すきっかけになったので、結果オーライ。

あなたのサロン続けていこう!と決めた リピーターさんも同じ。
つねに無意識のうちでリピートをやめる理由を探しているのです。

せっかくリピートが取れたと思っても、2回、3回だけで来なくなってしまうと、利益も少ないし、また新規集客しないといけないし、何よりあなた自信の心が凹みますよね。

だから、 リピートをはじめたら途中でやめられないような仕組みを作る ことが、とても大切なのです。

そのために僕が強力におすすめしているのが、回数券の導入です。

今日のまとめ

毎回、サイフを開くのは、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていくよ~というお話でした。

で、そのための回数券については次回・・・▶④回数券 を導入するホントの理由と問題点

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★