継続課金 は安定経営へのパスポート

継続課金

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
6 6 秒です。


キャッシュフローを前倒しにはできるけど、月単位で見たときのキャッシュフローが安定しにくい。。。
この問題を解決する方法って、ないんでしょうか?

それが、あるんですよ。
実は。

その方法が、継続課金システムです。

継続課金 とは

継続課金 の仕組み

継続課金とは、毎月決まった金額が自動的に入ってくる仕組みのことです。
サロンや治療院で導入しているところは、まだかなり少ないんじゃないかと思います。

スポーツジムも継続課金の会員制ですよねエステや脱毛サロンも会員制が多いですね。

他にもAmazonのプライム会員やNetfrix、HULUなどの動画配信サービスも継続課金制。

携帯の支払いも、カーシェアリングも、サプリの定期購入も、こどもチャレンジも、クリクラも継続課金。

他にも挙げていけばキリがありません。

どうしてこんなに多くの企業が 継続課金制度を使っているのかと言うと、経営を安定させるのにメチャクチャ有効だから。

それはサロンや治療院でも同じこと。
つまり、この仕組を作ることができれば、安定経営へのパスポートが手に入ったようなものなのです。

継続課金 で月初に80万円確定

2つの力で疾走

僕は、クレジットカードを使って毎月自動的に月会費を引き落とす、という 継続課金の仕組みを作っています。

継続課金の内容は

1ヶ月の会員費は9,000円それで通常1万円の施術が1回受けられる
さらに、会員であれば回数制限なく、1回7,000円で施術を受けられる

というもの。

継続課金のための条件

ただし、月額会員になるには制限があって、それは回数券を使い切っている、ということ。

それは、通いはじめのリピーターさんに、毎回サイフからお金を出すというストレスをかけないのと、回数券でキャッシュフローを前倒しにしたいからです。

回数券の役割 と導入するホントの理由。そして問題点

2018.04.19

リピーター さんがストレスに感じている、けっこう見落としがちなこと

2018.04.19

僕の治療院は、リピーターさんが80人から~90人ぐらいで推移していますが、そのうちの半数ぐらいは継続課金に移行しています。

なので、毎月何もしなくても、月初の時点で約40万円の売上が確定しています。
しかも、リピーターさんの売上だから、この40万円はクレジットカードの決済料以外、ほぼすべて利益です。

今後、他のリピーターさんも回数券が切れるタイミングで移行していくので、最終的には継続課金の売上が75~80万円ぐらいになる想定です。
僕の整体院では99,000円の回数券をメインに売っているので、3人リピーターがとれれば、それだけで月商100万円を達成できます。

そして、僕が作った仕組みのリピート率は80%以上なので、4人集客するだけで100万オーバーです。

年間の総売上で見ると、回数券だけを売ってたるときと大差はありませんが、継続課金と組み合わせることで新規集客の変動に影響されずに、かなり毎月のキャッシュフローを安定させる事ができるようになりました。

 

キャッシュフローを前倒しにする回数券

毎月自動で売上が入ってくる継続課金

この2つが、これからの1人サロン・治療院の売上を安定させる両輪になっていきます。

クレジットカード決済を活用しよう!

継続課金 クレジットカード

この 継続課金の仕組みをつくるのは、何も大掛かりな機械やややこしい手続きもいりません。

僕と同じクレジットカード決済の仕組み(スクエア)を使っているなら、いますぐに始められます。
もし使ってなくても、利用申請をしてから1週間もあれば、始めることができます。

具体的にはスクエアの定期支払という機能を使っています。

すご~く前に、paypalを使ってやってたんですが、paypalはお客さんに観てもらう画面の見た目や、使い勝手がいまいちなので1年ほど使って、やめてました。

それに比べると、スクエアの機能は格段に使いやすくなってます。

数年前までは個人事業で取り入れるのは難しかったのですが、最近になってインフラが整ってきたので、簡単に始められるようになりました。

そもそも、個人経営の治療院やサロンのような役務系業種でクレジットカードを使うなんて、10年前ならとてもじゃないけど、できるもんではありませんでしたしね。

スマホを使って決済できるようになってきたのが、ここ5年ぐらいの話。
クレジットカードが使えなかったら、99,000円の回数券なんて売れないし、毎月自動引き落としなんてのも、無理ゲーでした。

僕の整体院の最高額メニューは48万円ですが、そんなの現金しか使えなかったら、絶対に売れません!
売れない自信があります!!

でも、いまはこういったインフラをうまく活用すれば、いくらでも売上を作ったり、安定させる仕組みを作り出すことができます。

便利な世の中になりましたね^^

今日のまとめ

毎月の売上を安定させたいなら、継続課金の仕組みを作りましょう!

で、その仕組みの作り方は、、、
次の⑥リピートの仕組みで月商100万円を売り上げる方法で。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★