あなたは知ってる? WIN-WIN の6段活用

win-win の6段活用





この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
9 37 秒です。


よくビジネス書や経営書などで「 Win-Win 」 で考える、というのが出てきます。

でも、「Win=勝つ」 って考えると、ちょっと日本人の感覚だとしっくり来ません。

そこで、サロンや治療院だと「 Win-Win 」 はどうなるのか?

というのを考えてみました。

Win-Win とは

私も勝って、あなたも勝つ。
人との関係において、私とあなた双方に得のある良好な関係のことを示しています。

今では、ビジネスだけじゃなく日常生活でも使われることがありますね。

スティーブン・R・コヴィー博士の著書で世界的なベストセラーである「7つの習慣」 で紹介されたことで広く知られるようになりました。

まだ、読んでないなら読んだほうがいいっすよ。

「Win」 ってなんて訳すの?

Winは直訳すると、こんな意味があります。

勝つ、勝ち取る、獲得する、取る、得る、博する、得させる、得る、(賭け事などで)稼ぐ、(結婚してくれるように)口説き落とす

最後の「(結婚してくれるように)口説き落とす」 なんてかなり特殊。欧米人のセンスが炸裂してますね^^

でも、サロンとお客さんの関係に当てはめると、どれもいまいちピンと来ません。

なので、ちょと意訳して「望む結果を得る」 。

これでもまだ回りくどいので、もっとズバッと「ウレしい!(≧∇≦)b」 で、どうでしょう?

しっくり来ませんか?

サロン経営で「ウレしい!(≧∇≦)b」 ってなるのは、売上が上がること。
ではなく、利益が出ること。これについては後で解説します。

お客さんにとっての「ウレシイ(≧∇≦)b」 は、悩みや症状が改善したり、なくなることですよね。

loseもあります

また、Winと対をなす概念で「lose」 もあります。これも直訳すると、こんな感じ。

負ける、失う、なくす、置き忘れる、遺失する、見失う、迷う、道に迷う、途方に暮れる

ん~。ネガティブ。。。

でも、これもwinの「うれしい(≧∇≦)b」 の反対を意味すると考えると「ウレシクない( ´д`ll)」

そのまんまですね。
ひねりがなくて、すみません。

サロン経営だと利益が出ないこと。ぜんぜん嬉しくないですよね。
あとは時間の無駄遣い。時間はお金以上に貴重なリソースなので、これもぜんぜんウレシクない。

お客さんの立場だと、症状や悩みが改善しないこと。
あるいはお金や時間の無駄遣い(と感じること)。

こんな感じですかね。

Win-Winの6段活用

7つの習慣で紹介されているのは「win-win」 だけではありません。

winとloseの組み合わせで6つの段階があり、これをWin-Winの6段活用と、僕は勝手に読んでます。

では、この6段活用をサロンや治療院に置き換えて、考えてみましょう。

win-win|(≧∇≦)bー(≧∇≦)b

あなたもお客さんも、満足行く結果が得られて、お互いに「うれしい(≧∇≦)b」 ってなってる状態。
サロンや治療院でみると、実は1回だけの来店や施術だけでは「win-win」 にはなりません。

なんでかって言うと、 初回の来店では利益が出ないことが多い から。
いくら売上が上がっても利益が出ていないなら、タダ働き。

売上も大事だけど、利益で考えるクセもつけましょうね^^

また、一回の施術やサービスで悩みや症状が改善するわけじゃないから、お客さんにとってもホントのwinではありません。

つまり、Win-Win (≧∇≦)bー(≧∇≦)b を実現しようと思うと、ある程度のリピートが前提となります。

win-lose|(≧∇≦)b-( ´д`ll)

リピートしてもらうことで利益が出ているので、あなたは満足しているけど、お客さんは満足していない状態。

お客さんが

リピートすすめられたから続けてるけど、なんか効果が感じられないなぁ・・・

最初はいい感じだったけど、最近あまり変化がないなぁ・・

って感じているときはwin-loseです。

これは早く手を打たないと、リピートから離れていっていまいます。

lose-win|( ´д`ll)-(≧∇≦)b

あなたは利益が出ないので満足できないけど、お客さんは満足している状態。

新規のお客さんがはじめてきたときで、かつ「お得だから満足♪」 というお客さん、いわゆるチェリーピッカーの場合はこれになります。

安くてオトクな金額で一回受けられることに満足している人は、基本的にリピートしないと考えましょう。

てことは、 こんな人がたくさん来ると、あなたはず~っとウレシクない( ´д`ll)が続く ことに。

もし、そうなっているならリピートのとり方じゃなくて、集客やターゲティングからやり直しが必要かも知れません。

lose-lose|( ´д`ll)-( ´д`ll)

新規のお客さんが値段にも施術にもサービスにも満足できなかった、最悪のときはこうなります。

リピートにはつながらないので利益も出ず、あなたもお客さんも、どっちもがっかりで、だれもハッピーじゃない状態。

あとは、1~2回リピートしたけど、お客さんは満足できず、あなたも利益が十分に回収できない段階で

もうやめときます

って言われたとき。

できるだけ、こんな状態は避けたいですよね。

win!|\(≧∇≦)/!!

これは自分だけが満足して、相手の状態に構わないこと。

はじめて来たときに回数券や物販などで利益が確定して

利益が出たから、もう来ても、来なくてもどっちでもいいや!へへっ

ていう状態がこれに近いですかね。

こんな考え方じゃ、お客さんといい関係性を築くことはできないし、もちろんwin-winにもならないですよね。

No deal|( ̄_ ̄)ノ~~

「No deal」 とは同意しない、承諾しない、取引しないという意味。

取引したところで、お互い満足できないことが事前にわかっているので、何もしないということ。

サロンや治療院だと、問合せの電話やカウンセリングの時点で、あなたの施術内容やサービス、適応症状などと、お客さんの望むものが合わないので来店や施術をお断りすること。

できないことはできないと、きっぱりと言ったほうがお互いのためです。

外の世界に目を向ける

さて、ここまで見てくると、当たり前ですがwin-winが一番大切です。

お客さんが満足しているからこそ、長期のリピートに繋がるし、それが経営を安定させる土台でもあります。

長期に渡ってお客さんを満足させるのは、何も施術の効果だけではありません。

あなたの人柄や接し方、会話の内容、サロンの内装や空間の雰囲気など、たくさんの要素があります。

何よりも施術を通じてあなたのサロンで過ごす時間に、他では得られない満足感や刺激、ストレスの解消など、他では得られないものがあるからお客さんもwinになるし、その結果としてあなたもwinになれるのです。

これは、とてもむずかしいこと。

そのためには施術のスキルだけではたりません。
コミュニケーションスキルや、幅広いジャンルの知識、色々なことに興味を持つ姿勢など、様々なことが必要になってきます。

治療や施術のことばっかり考えるんじゃなく、たまには外の世界に目を向けることも大切です。

僕も自分の整体院で、すべてのお客さんにWINを提供できているわけではありません。

でも、売上の8割以上がリピーターからで、さらにリピーターの7割以上が1年以上続いている人だということを考えると、それなりにWin-Winを築けているんだと思っています。

じゃなかったら、偉そうにこんなこと書けないですからね。

あなたはお客さんが「WIN|ウレしい!(≧∇≦)b」 ってなる状態を提供できていますか?


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」 と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの法則無料セミナー

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★