『効果実証済み集客テンプレート14種』を無料で手に入れる

【2020年最新】サロンで使える集客方法17種類一覧!効果的な集客方法の選び方

一言に「集客」といっても様々は方法があるから、どれがサロンや整体院で効果的に使えるのか、あるいは使えないのかを判断するのが難しいですよね。

ということで、今回ご紹介するのは、サロンや整体院ビジネスで使える集客方法についてです。

サロンや整体院で、集客に悩む人はとても多くいます。

というより、サロン経営者のほとんどが、集客方法については常に頭を悩ませているのではないでしょうか?

では、なぜ多くのサロン経営者が集客方法で悩んでいるのかというと、集客の基本的な5つの考え方と、どんな集客方法があるのかを知らないからです。

必要な知識がないので、なかなか集客を成功させることができていないわけですね。

ということで今回は、

サロン集客のための基本的な5つの考え方

サロンで使える集客方法17選

について、詳しく解説していきます。

サロンや整体院を経営するなら、集客を無視するわけにはいきません。

ぜひサロン集客についてしっかりと知識を増やして実践し、お客さんに困らないビジネスを展開してください。

この記事の目次

 まずは確認。効果的な集客方法を選ぶうえで必要な5つの前提条件

効果的なサロン集客を行うためには、まず知っておいてしい基本的な5つの考え方があります。

その5つの考え方とは、

  1. 勝手に決めつけない
  2. ターゲットを明確にする
  3. 勝手に集客できる仕組みを作る
  4. 安易に安売りしない
  5. PDCAを回すこと

いくら多くの知識やアイデアがあったとしても、この5つの基本を無視していると、あなたにあった効果的な集客方法を選ぶことはできません。

だから、これから説明する5つのことはサロン集客の前提条件と呼べるものなのです。

それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

サロン集客の「核」とも言える重要な部分になので、暗記できるぐらいまで、しっかりと読み込んでおいてください^^

サロン集客の前提条件1.勝手に決めつけない

あなたは、集客方法を選ぶときに、こんな決めつけをしちゃってませんか?

「SNSが流行っているからとにかく使うべき」

「チラシなんて、もう古いくて集客できない」

「今はネット集客が主流で、リアルでの集客は効果が低い」

「1度離れたお客さんは、もう戻ってこない」

などなど、ほかにも色々ありますが、とにかく集客方法を考えるときは「勝手に決めつけないこと」が、めちゃくちゃ重要なんです。

勝手に決めつけてしまうと、効果のある集客方法を最初から除外してしまうことにもなります。

中でもとくに陥りがちなのが、いま流行っているものにばかり目を向け、古い集客方法はもう使えないと決めつけてしまうパターン。

また、自分は口コミをあてにしないから、とか、動画を見ないから、という理由で集客方法を決めてしまう人も多くいます。

でも、集客方法を決めるのはあなたの行動ではなく、見込み客の行動です。あなたが口コミを見なくても見込み客が口コミを見ているなら、口コミを使うことは有効だということ。

もしあなたにも心当たりがあるなら、今すぐ「勝手な決めつけ」を頭の中から追い出してください。

そうすると、今まで見えていなかった集客方法に目が届くようになり、あなたのサロン集客にあった集客方法を見つけやすくなります。

集客方法を決める基準は あなたじゃぁない

集客方法 を決める基準は、あなたじゃぁない

サロン集客の前提条件2.ターゲットを明確にする

集客をするときはターゲットをコレでもかというぐらい明確にして「ターゲットはどんな人なのか」、「そのお客さんはどこにいるのか」を言葉で表すようにしてください。

どんなに爆発的な効果のある集客方法でも、あなたの施術やサービスを欲しがるお客さんがいない場所でやっていては、当たり前ですが集客できません。

極端な例を挙げると、産後矯正の広告を男子大学生けに発信したところで、何の意味もありませんよね?
どんなに良い広告で合っても、それを目にする男子大学生性が必要としていないので、100%集客には繋がりません。

もしかすると、学生結婚をしていて奥さんが産後矯正に興味がある、というケースもあり得るかも知れませんが、そんなレアケースに期待していても効果はのびません。

ここまで極端な例はなかなかないにしても、あえて見込み客の少ない媒体で集客を行い、失敗している人は意外と多くいます。

こんなことにならないよう、ターゲティングはしっかりと行い、「ターゲット」と「ターゲットのいる場所」を明確にしてから、集客をはじめるようにしましょう。

ドリル うんこ 集客

ドリルを売るな!うんこを売れ!うんこドリルに学ぶターゲティング

サロン集客の前提条件3.勝手に集客できる仕組みを作る

集客方法を考えるときには、自動で集客できる仕組みを作ることを意識しておいてください。

なぜかと言うと、仕組み化しなければ、集客を再現できなくなってしまうからです。

集客の仕組みづくりをするさいには、3つの基本的なステップがあります。

ステップ1|来院見込み度の高いお客さん候補を効率的に集める

ステップ2|お客さんから信頼を獲得する

ステップ3|あなたのサービスを選ぶべき理由を正しく伝える

つまりは、この3つをあるていど自動で行えるような仕組みを作ることが必要ということですね。

ネットとスマホが普及し、サロン・整体院業界でも比較検討が簡単にできるようになったことで、広告を見た見込み客をすぐに集客する、というワンステップマーケティングが難しくなってきています。

だから、サロンや整体院でもブログやSNSで見込み客を集め、発信する情報でお客さんの信頼を獲得し、メルマガやLINEで関係性を気づいてサービスの必要性を教育する、といった流れのツーステップマーケティングが一般的になりつつあります。

ついでに言うなら、このブログやブログから登録できるメルマガは、僕が作っているツーステップマーケティングの仕組の一環です。

サロン集客の前提条件4.安易に安売りしない

集客を行う場合、あなたが提供する施術やサービスについての価格設定を、しっかりと利益の出るものにしておかなければいけません。

はい。当たり前ですね。

どういうことかというと、手っ取り早く集客したいがために無理な値下げをしてしまう人がよくいるんですが、それは絶対にやめたほうがいいよ、ということです。

お客さんを集めたい、ということばかりに目が向いてしまい、値下げをした結果、十分な利益を出すことができずに経営が立ち行かなくなる、ということも珍しくありません。

集客はできていても儲けがないから広告も増やせず、あなたの収入も増えず、いつまで経っても忙しい、、、ということに陥ってしまいます。

このようなことにならないためにも、集客するときは、安易に値下げをせず、きっちりと利益がだせるように価格設定を考えておくことが大切です。

価格の安さで勝負するのではなく、あなたの価値通りの価格をキープしつつお客さんが集まる仕組みを作ってください。

サロン集客の前提条件5.PDCAを回すこと

集客するときはPDCAを回し、常に改善しながら進めていくようにしましょう。

PDCAとは「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」という、物事を改善するためのサイクルです。

結果にはいいことも悪いことも含まれるので、ただ「Action(改善)」するのではなく、ダメなところは改善し、いいところは伸ばしていくという意味で「Adjust(最適化)」とするケースもあります。

僕はこっちの方が好きです。
って、まぁ個人的な好みは、どうでもいいですね。

集客はうまくいくこともあれば、全然うまくいかないこともあります。ていうか、上手くいかないことの方が圧倒的に多いです。

もしくは、最初はうまくいっていたのに、気づくと集客できなくなっていく、という場合も少なくありません。

なので集客は常に、いまの手段や方法がうまく機能しているのか確認し、そのつど改善していくことが大切です。

上手くいかない手法にこだわり続けることは、お金と時間を浪費することでしかありません。

だからこそ、常に今行っている集客のデータを集め、改善できることはないか、うまくいっているのかどうか、といった確認は徹底するようにしましょう。

いつまでも同じやり方が通用すると考えないことが、変わり続ける時代の流れの中で生き残るコツの1つです。

サロン集客 仕事術 PDCA 実行力

これだけ簡単!実行力が上がる PDCA サイクルの回し方-1人サロンの仕事術

 【一覧】サロンで使える集客方法17種類

ここからは、実際に使える集客方法17種類を一覧で紹介していきます。

  • チラシで集客する
  • DM(ダイレクトメール)で集客する
  • 手書き看板で集客する
  • 既存客の紹介で集客する
  • 無料セミナーで集客する
  • タウン誌の広告で集客する
  • 新聞広告で集客する
  • 休眠客掘り起こしで集客する
  • ホームページで集客する
  • SEO対策で集客する
  • ランディングページで集客する
  • オウンドメディアで集客する
  • SNSで集客する
  • 動画共有サイトで集客する
  • 口コミサイトで集客する
  • ソーシャルメディア広告で集客する
  • リスティング広告で集客する

ざっと、一覧を見て、

こんな方法、サロンの集客には使えないよ ・・・

と思ったものはありますか?

実は、その思い込みがあなたの集客が上手くいっていない原因かも知れません

サロン集客の前提条件の1つ目にも書いたように、勝手な決めつけをしないことは、とても重要です。

なので、まずはフラットな気持ちで、この先を読み進めてください。

集客する場合、基本的にはこれらの集客方法からあなたのサロンに合っているものを探す、という流れになります。

それでは1つずつ詳しく説明していきますので、あなたのサロンと相性がいい方法がないか、探してみてください。

 ちなみに、

1個目~8個目まではリアル媒体で行う集客方法

9個目~16個目まではネット媒体で行う集客方法

になっています。

リアルで行う集客方法

まずは、リアルで行う集客方法について紹介していきます。

 サロン経営者の中には「リアルは古い、今はネット集客の時代だ」と考えている人もいますが、その考え方は間違いです。

確かにネット媒体での集客は非常に効果的ですが、ビジネスによってはまだまだリアル媒体での集客の方が向いているという場合もあります。

とくにサロンのような実店舗型地域ビジネスでは、リアル集客はとても有効です。

では実際にどのような集客方法があるのか、1つずつ確認していきましょう。

集客方法1|チラシで集客する

まずは、おそらく知らない人はいない、めちゃくちゃポピュラーな方法です。
ネット集客が広がっている今、チラシは古臭い手法のように感じるかも知れませんが、チラシを配るというのも立派な集客方法です。

そして、実店舗型地域ビジネスのサロンには相性のいい、めちゃくちゃ強力な集客方法です。

配布方法としては、新聞に折込チラシを入れたり、個人宅にチラシをポスティングしたりします。

折込チラシの場合、広い範囲にチラシを配ることできますが、その反面、配るターゲットを絞ることができなかったり、新聞購読層にしかアプローチできないので、無駄撃ちになってしまう割合は高いです。

一方、ポスティングの場合、ある程度ターゲットを絞ってチラシを配ることができるので、折込チラシに比べれば無駄になる割合は低くなります。

 また、チラシを配る場合、当たり前ですがチラシの内容が非常に重要です。というか、それが集客の成否と完全にイコールです。

チラシを手にとってくれた人の目を引きつつ、ぱっと見で内容を理解できる作りにしなければ、効果は出てくれません。

あなたも新聞に折り込まれているものや、ポストに投函されているチラシを見てもらうとわかりますが、実は配られているチラシの中には、一目では何を言っているのかわからないような、イケてないチラシも多くあります。

でも、チラシを見る人は、いきなり熟読するのではなく、まず流し読みをしてから読み込むか決めるため、パット見て何の広告なのかが分からなければ、効果性は激減してしまいます。

もし効果的なチラシを作りたいなら、見様見真似で作るのではなく、基礎から学んで作るようにしましょう。

チラシに限らず、どの広告でもおなじことが言えますけどね^^

チラシ集客

【集客初心者向け】サロン集客専用テンプレートを使ったチラシの作り方

集客方法2|DM(ダイレクトメール)で集客する

見込み客に直接、広告を郵送するDM(ダイレクトメール)という方法もあります。

1つ1つ封筒を作り、郵送代を使って送るわけなので、1通あたりの経費としてはやや割高です。

でもその分、送りたい相手に確実に届けることができるので、チラシに比べると費用対効果は高くなります。

 ダイレクトメールで重要なのは、見込み客にどうやって封筒を開けてもらうかというところ。

なぜなら、ダイレクトメールに関しては、封筒を開けずに捨ててしまうという人が多くいるから。

あなたも心当たりありませんか?

だから封筒の色や形、宛名の書き方などを工夫し、封筒を開けてもらえるように工夫することが、めちゃ重要です。

 DMを送るのが大変。。。

という場合は、郵便局が展開しているタウンプラスというサービスをオススメします。

これは、配布地域を指定するだけで、郵便局がダイレクトメールを配布してくれるというサービスで、町名や番地単位だけでなく、マンションなどの集合住宅物件単位でも配布先を指定できます。

オートロックがかかっていて、管理人が常駐しているセキュリティの高いマンションだとポスティングに入ることはできませんが、タウンプラスだと郵便局からの配送物として配布してくれます。

ということは、競合がアプローチできていない見込み客にリーチできるということ。

やらない手はないですよね^^

郵便局 DMファクトリー

小規模なDM配布には郵便局のタウンプラスがおすすめです。

集客方法3|手書き看板で集客する

黒板などを使った手書き看板も、強力な集客方法です。飲食店などでは、かなり活用されていますよね。

固定の看板と違って、手書き看板のいいところはカンタンに書き換えられること。

キャンペーンや記念イベントなどの情報をタイムリーに書くことで、見込み客に効果的にアプローチです。

また、看板を見ているということは、その前を通っているということ。つまり、看板を置いている位置が日常の行動範囲に入っている人をターゲットにすることができます。

ただ、看板だけだと見込み客の行動に繋がりにくいので、チラシやリーフレットを看板に設置して、組合わせるのがオススメです。

集客方法4|既存客の紹介で集客する

既存のお客さんにお客さんを紹介してもらう、という紹介制度を導入するのも効果的です。

サロン集客において、お客さんが新たなお客さんを連れてくるという流れは非常に重要です。なぜなら、集客のためのコストが掛からないから。

コレは大きな理由ですよね。

そして、もう1つ大きな理由があります。

それは、最初からコミュニケーションが成立しやすいこと。

ホームページや広告を見て、あなたのサロンにやってきた人は、あなたのことをまったく知りません。

でも、紹介できてくれるお客さんは、紹介してくれた既存客からあなたのことを聞いて知っているので、関係性を構築しやすい状態にあります。

そもそも、紹介してもらったときに

おすすめされたけど、自分にはあってなさそうだな・・・

と感じていると、来てはくれないですよね。

お客さんを紹介してもらうということは、既存のお客さんというフィルターを通して、あなたに合わない人は(ある程度)ふるい落とされているということ。

サロンや整体院に限らず、新しいお客さんを紹介してくれたら〇〇をプレゼントする」というような紹介制度を導入している企業も、とても多いですよね。

学習塾やこどもチャレンジなどの通信教育、スポーツジムやエステなどでは定番の手法ですよね。

そして、ずっと続けられているということは、それだけ効果があるということ。

紹介制度をより機能させるには、紹介してくれたお客さんに、何かしらの還元(お返し)をするという仕組みを作っておくことをおすすめします。

サロン 集客 紹介 増やす方法

【新機集客】楽して一気に紹介集客を増やす 方法

集客方法5|無料セミナーで集客する

無料のセミナーやワークショップを開催し、そこに集まった人に来店・施術を勧めるという集客方法もあります。

サロン集客でセミナー開催するの?

と思われるかも知れませんが、セミナーもとても有効な集客方法です。

例えば、腰痛のセフルケアや、鍼治療とはどんなものなのか、といったセミナーに人を集め、そこで施術に興味を持った人に絞り込み、セミナー参加者だけの特別価格や特別サービスをおすすめして、来店に繋げる、という流れです。

つまり、無料セミナーをフロントエンド、来店をバックエンドとして設定する、ということですね。

少しずつ個人のサロンや整体院でも、このタイプの集客をする人が増えてきています。

セミナーへの集客は、リアル・ネットどちらも使えます。地域型ビジネスのサロンや整体院の場合、チラシやタウン誌への広告が何気に効果です。

また、市区町村などの自治体、文化センターなどでもセミナーやワークショップの開催者を募集しています。これを利用すれば市報などに掲載されるので、集客の負担もかなり少なくなります。

セミナーを開催すると思うと大変に感じるかも知れませんが、月に1回のセミナー開催で10人が成約(来店)できれば、それだけで1ヶ月の集客がまかなえてしまいます。

しかも、セミナーですでにコミュニケーションが取れているので、リピート率も高くなるので、毎日毎日集客のことを考えるのがしんどい・・・と感じているなら、セミナー集客も考えてみては?

サロン 新規集客 フロントエンド バックエンド

【新規集客】サロンで集客する前に知っておきたい フロントエンドとバックエンド

集客方法6|タウン誌の広告で集客する

ホットペッパーなどのタウン誌・クーポン誌に広告を出すのも、サロン集客の常套手段です。

タウン誌・クーポン誌というとホットペッパーのように『雑誌』の体裁を思い浮かべがちですが、チラシのようなペラ物で新聞に折り込まれたり、ポスティングで配布されているタウン誌もあります。

これらのメディアは出稿する媒体によってリーチが違う=集客力が異なるので、地域密着型であればあるほど、近隣住民の認知度も高くなります。

ただ、掲載できるスペースが限られているため、少ない面積でいかにあなたのサロンの特徴をアピールできるかが重要です。

大きな枠や、全面の広告もありますが、1人サロンにとってはコストが高い(数十万円程度)ので、実践するならきちんと計画を練って行いましょう。

フリーペーパーナビ

まずは、あなたのエリアで配布されているタウン誌を探してみては?

集客方法7|新聞広告で集客する

新聞に広告を出せば、タウン誌より広い範囲にリーチすることができます。ただその分、興味のない層にも届くため成約率は低くなります。

 また、タウン誌の全面広告などと同じように、コスト面も気になるところ。たとえ地方紙でも、小さな掲載スペースで数万円~十数万円はかかることが普通です。

なので、個人経営のサロンには向いていない集客方法と言えるでしょう。

朝日新聞広告掲載料

集客方法8|休眠客掘り起こしで集客する

以前、リピートしてくれていたお客さんにアプローチすることは、厳密に言うと新規集客ではありませんが、とても大きな効果の期待できる集客方法です。

新規集客にお金がかかるのは、まずあなたのサロンのことを知ってもらうために広告を出さないといけないから。

でも過去にリピートしてくれていたということは、すでにあなたのことをよく知ってくれているということなので、広告費をかける必要がありません。

とは言うものの、いきなり「来てください!!」という、セールス感出まくりのハガキや手紙を送っても逆効果。

なので、まずは3ヶ月に1度でもいいのでニュースレターを定期的に送ること。

それをしていないなら、年賀状や暑中見舞いなど時候の挨拶を送って、あなたのサロンのことを思い出してもらってから、掘り起こしのレターを送れば、復活してもらえる可能性も高くなります。

サロン リピート維持 ザイオン効果 親近感

リピート維持の秘訣はザイオン効果。お客さんとの親近感を高める簡単な方法

ネットで行う集客方法

ここからは、ネット上で行う集客方法について紹介していきます。

ネットだけが正しい集客方法というわけではもちろんありません。でも、スマートホンの普及率が80%を越えたいま、サロンや整体院にとってもネット集客は欠かせない集客方法です。

スマホが登場してまだ10年余りですが、その間にブログ、SNS、動画といったものの利用率も大きく伸び、それに伴って、さまざまなコンテンツやWebサービスを使った集客方法も増えてきました。

 では実際にどんな集客方法があるのか、1つずつ確認していきましょう。

 集客方法9|ホームページで集客する

ネット集客するときにもっとも基本的なのが、自分のサロンのホームページを作って公開することです。

十分なアクセスを集めることができれば、ホームページ単体でも集客媒体として活躍してくれるし、直接のアクセスが少ない状態でも、チラシやクーポン誌などのリアル媒体で知った人に詳しい情報を確認してもらうためにも使えます。

また、後で書いているSNSやポータルサイトなどからも、ホームページにリンクを送ることで、より詳しい情報を渡すことができます。

つまり、ホームページはあらゆる集客方法のハブとして使うことができるのです。

ちなみにホームページ作成を外部委託する場合には、後々の拡張性や運用面まで考えてくれる業者を選ぶことが大切です。というのもホームページ制作会社の中には、ただ見た目だけきれいに整えて多額の請求をしてくる業者も多いからです。

たとえきれいで凝った作りになっていても、ターゲットにあっていなかったり、ユーザビリティが低かったりすると、集客にとってはむしろマイナスです。

また、ホームページのデザインには流行り廃りもあるし、スマホ対応やhttps(暗号化)対応などの機能強化や拡張性も大きなポイントです。

こういったことに対応できないと、またゼロから作り直しで数十万円・・・なんてことになりかねないので、ちゃんと知識や技術を持った業者なのかを見極めるようにしましょう。

ちなみに、僕はスマホ対応とレイアウデザインの変更で、痛い目に会いました・・

集客方法10|SEO対策で集客する

ホームページを作ったただけでは、残念ながら誰にも見てもらうことができません。

そこで、ネットで検索しているユーザーにホームページを見つけてもらうためにGoogleやYahoo!といった検索エンジンで上位表示させ、そこからアクセスを集めるのがSEO集客という方法です。

SEOというのは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略です。

検索結果に表示されてホームページを見てくれた人が来店する、ということは広告費をかけずに集客できるということ。

これは事業規模が小さく、多額の広告費を使うことが難しい個人事業のサロンにとっては、とても魅力的ですよね。

ただ、上位表示させるためには、しっかりとSEO対策を施して個々のページを含めたサイトを作り込む必要があるので、SEO対策の知識がある程度以上は必要です。また、SEOの効果が出てくるまでには時間がかかるので、それまでは広告やSNSでアクセスを集める必要があります。

集客方法11|ランディングページで集客する

ランディングページとは、ユーザーのアクションを促すことを目的に作られたページのことで、基本的には1ページ完結のものです。

略して「LP」とか「ランペ」とか呼ばれています。

たとえば次の「やずやの発芽十六穀米」のように、商品に関する情報がダダダダ~っと書かれていて、最後に申し込みから決済へと誘導する、といった構成になっていることが多いです。

やずや 発芽十六穀米

サロンや整体院であれば、予約や問い合わせに繋がるように作ることになります。

こういったランディングページを作っておけば、ホームページに訪れたユーザーをランディングページに誘導したり、Google広告などのWeb広告や、FacebookなどのSNSのリンク先として設定することで集客に繋げるという、使い方ができます。

集客方法12|オウンドメディアで集客する

オウンドメディア(owned media)とは、宣伝したい人がコントロールできるメディアのこと。

具体的には「ホームページ」、「ブログ」、「メールマガジン」、「Facebookページ」など、自分が所有しているメディアのことです。

ちなみに、カタログや小冊子などの紙媒体もオウンドメディアに含まれます。

サロン集客でネットのオウンドメディアを使うなら、ブログやメルマガがメインとなるでしょう。

いま、世界中のWEBページの35%以上がWordPressでつくられているらしいですが、WordPressはもともとブログを書くための仕組みでした。

それが、どんどん機能が拡張されて豊富になって、ホームページやランディングページとして使えたり、ECサイトや会員制サイト、はてはメルマガ配信のホストとして使うこともできます。

なので、ブログとホームページの切り分けは、どんどんと曖昧になってきています。

ブログもホームページと同じく、ウェブ検索でユーザーに見つけてもらわないと書いている意味がないので、SEO対策が重要になってきます。

集客方法13|SNSで集客する

Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)などのSNSで集客を行うのも効果的です。

ホームページやブログ、メルマガなどの自分でコントロールできるメディアを「オウンドメディア」と呼ぶのにたいして、SNSのように自分ではコントロールできないメディアを「アーンドメディア(Earned Media)」といいます。

SNSはその場で直接集客するというより、ファンを作ることに適しています。

なので、まずはユーザーの興味を引く投稿を繰り返してサロンのことを知ってもらい、ファンになってもらって関係性を築いてから行動を促すという、ツーステップマーケティングでの集客が主流になります。

またSNSには「拡散力」、「ユーザーの声を聞くことができる」といった特徴もあるので、上手く使うことができれば強力な集客ツールとして活用することができます。

日本国内のSNSシェア推移

Source: StatCounter Global Stats – Social Media Market Share

集客方法14|動画共有サイトで集客する

動画共有サイトは数多くありますが、まず筆頭に挙げられるのは「You Tube(ユーチューブ)」です。

You Tubeに動画を掲載するだけなら無料なので、効果的に動画をつかえば無料で集客につなげることができます。

また、日本国内のYou Tubeのユーザー数はネット人口の80%を越えると言われます。しかも全年代でまんべんなく使われているので、幅広いユーザーにアプローチできるという特徴があります。

ただ、他のSNSと同じように、動画から直接集客につなげるということは難しいので、数多く動画を公開してファンになってもらい、You Tube動画からメルマガやLINE、Facebookページ、ブログなどに誘導して見込み客になってもらってからアプローチする、という流れになります。

You Tube

集客方法15|口コミサイトで集客する

ホットペッパービューティー、エキテンなどの口コミサイトに登録すれば、サイト経由で集客ができます。

ほぼすべての口コミサイトで無料掲載ができますが、無料の場合は掲載できるページ数やクーポン数、画像数などに制限が多く、また掲載順位もデフォルトで下位に設定される傾向にあります。

つまりは口コミサイトで集客したいならば、エリアなどによる違いはありますが、基本的には有料プランで契約していないと難しくなります。

また、口コミサイトは競合店と横並びで表示されるため、価格競争になりがちという特徴があります。価格競争で勝つために格安オファーで集客しても、リピートには繋がりにくいので、結果的に単価やリピート率を下げることになってしまいがち。

なので、口コミサイトをメインの集客方法にするのは、おすすめできません。というか、やめておいたほうがいいです。

とは言うものの、多くの人が口コミサイトを見てサロンや整体院を探しているし、すぐに掲載・公開できるという利点は大きいので、サロン集客の方法の1つとしてはまだまだ有効です。

ホットペッパービューティー

ホットペッパービューティー

Screenshot of beauty.rakuten.co.jp

楽天ビューティ

Screenshot of beauty.epark.jp

EPARK

Screenshot of www.ekiten.jp

エキテン

集客方法16|ソーシャルメディア広告で集客する

Facebookなどのソーシャルメディアでは、投稿するだけじゃなく広告を出稿すして集客することもできます。

Facebookでは「いいね」や「シェア」、「もっと読む」などのクリックを200回すると、本人でも気づいていない趣味・嗜好までわかると言われているほど、ユーザーの好みはメディア側にバレバレ。

スマホのGPS機能を利用して、どこに住んでいるのか、どのあたりで日常的に活動しているのかといった個人情報も筒抜けです。

まぁ、そう考えると怖いですが、広告を出す側としては、これらを活用して細かいターゲティングができることがSNS広告の大きなメリットです。

また、1日百円程度の広告費から始めることができるので、資金力に乏しい個人経営のサロンでも、それほど負担をかけずに広告を出すことができるのも、大きな特徴です。

ただしソーシャルメディアの性質上、すぐに集客するといったアプローチではなく、関係性を構築してからオファーを提示するツーステップマーケティングが基本になるので、そこはしっかりと頭に入れておきましょう。

集客方法17|リスティング広告で集客する

Google広告やYahooリスティングなどの、リスティング広告も有効な集客方法です。

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果にあった広告をだす仕組みのことです。

下の画像のように、「梅田 整体院」で検索したときに、「広告」と表示されているのがリスティング広告です。

検索ワードとエリアによって、上位はほぼ広告でうまることも。


広告なので出稿するには、当たり前ですがお金がかかります。

でも、リスティング広告はオークション式で広告単価が決まるので、競合が多いほど単価は高くなるし、競合が少なければ広告単価は低くなっていきます。

ということは、反対に競合が狙っていない検索キーワードで広告を出すことができれば、費用対効果をグッと高めることができるということ。

そもそもの競合が少ない地方都市だと、Google広告を出稿している競合の少ないので、都心では考えられないような単価で集客することもできます。

【まとめ】集客方法は最適なものを選んで使わないとダメ

今回はサロンで使える集客方法について、お話ししてきました。

実店舗型ビジネスにとらわれなければ、まだまだもっと集客方法はありますが、大切なのは多くの集客方法のメリットデメリットを知った上で、あなたのサロンのターゲットと、あなた自身にあった最適な集客方法を選んで使うこと。

どんなに流行りの集客方法でも、ターゲットの目に触れなければ意味がありませんからね。

基本的に、万能な集客方法というものはありません。

集客に必要な5つの考え方を軸に、あなたのビジネスにあった集客方法を選び、それを運用して改善を続けていくことこそが、正しい集客の作り方なのです。

サロン集客の強化書 ダウンロード

みんなにシェアする

あなたもマーケティングの最新情報をサロン集客に活用しませんか?下記フォームから登録いただくと、ヒャクゴエ!ブログの更新情報をお届けします。
※メールアドレスはいつでも解除できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。