トマトジュースの売上が25%もアップした秘密とは

トマトジュースの売上が25%もアップした秘密

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちは。
繁盛サロン育成塾 羅針盤の山口です

トマトジュース、といえばカゴメ。
というぐらい、トマトジュースの定番中の定番。

誰もが知っている有名なトマトジュースですが、2016年の商品リニューアルをきっかけに、売上が前年比30%アップ。2017年も25%アップと爆発的に売り上げが伸びているそうです。

2015年の売上を100とすると、2017年は162.5。なんと2年で60%以上も売上がアップしているのです。

新しい商品ならともかく、カゴメのトマトジュースが最初に発売されたのは1933年。

和暦になおすと昭和8年!
80年以上も昔からある商品が急に世間に知れ渡って、それまで知らなかった人に飲まれだす。なんてことも考えにくいですよね。

っていうか、すでにめっちゃメジャーな商品やし。

じゃ、なんでそんなに売上がアップしたんでしょうか?
気になりますよね。

え、気にならない?

そんなこと言わずに、つづきを読んで見てくださいな^^

売上げアップの秘密は、、、

味が美味しくなった?

トマトの品種を変えた?

安くなった?

チャクチャお金をかけてプロモーションした?

いえいえ。
どれも違います。

味も中身も変えてないし、大きなプロモーションもしていません。

変えたのは、、、

パッケージに次の言葉を書き加えただけ。

「血中コレステロールが気になる方に」

「血圧が高めの方に」

カゴメのホームページ

このひとことを入れただけで、コレステロールや高血圧が気になっている人、健康志向の高い人たちの注目を引き、売上が上がったわけです。

見込み客の頭の中の言葉を使う

普通、売上を上げようと思うと、サービスや商品の改善や開発、プロモーションを変えないといけないと思いがちですよね。

でも、このカゴメのトマトジュースのように、ターゲットを絞り、その人たちが気にしている言葉、頭の中にある言葉を使うことでも売れるのです。

これならパッケージのデザインをちょっと変えただけなので、商品を開発したり、大掛かりなプロモーションをすることに比べれば、ものすごく低コストですみますよね。

サロンや治療院でも同じことがいえます。

やってしまいがちな間違いが、多くの人を対象にしたほうが集客しやすく、売上が上がると思って、幅広い人に向けたサービスや広告を作ってしまうこと。

色んな人に向けている、ということは呼びかけやメッセージがぼやっとしてしまって、結局は誰にも届かなくなってしまいます。

ただ単に

お~い、太っている人~

って呼びかけても、あんまり反応する人はいません。

「太っている」って言うのは具体的なようで、実はメチャクチャ曖昧です。
どこまではやせていて、どこ以上が太っているっていうのは完全に主観ですからね。

それよりも

身長160cmから165cm、体重が75kg以上で痩せたい人~

と呼びかけたほうが、メッッセージが届きますよね。

あるいは

体脂肪率30%以上で、高血圧が気になる人~

とか。

他にも

腰が痛くて、1ヶ月に4回以上シップを貼ってる人~

 

冬になると貼るカイロが欠かせない人~

 

お風呂で温まっても、寝るときには足が冷たくなってる人~

などなど。
少し考えれば、どんどん出てきますよね^^

この機会に一度見直してみると、トマトジュースのように、ガッツンと売上を伸ばすことができるかもしれませんよ。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

羅針盤の山口でした。

 

みんなにシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★