たったこれだけ! 信頼感 を高めてリピートにつなげる会話のテクニック

信頼感 を高めてリピートにつなげる会話のテクニック

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
4 13 秒です。


あなたに 信頼感 があるのか?

あなたが頼りになる人なのか?

自分のことを任せてもいい人なのかということは、初めてあなたのサロンでカウンセリングを受けるお客さんが、これから施術やサービスを続けて受けるかどうか=リピートするかどうかを考えるときに、とても大きな判断材料になります。

もちろん、そのためには原因をつきとめる検査やカウンセリングでの説明が大事なのは、言うまでもありません。

でも、実のところ、あなたがしている検査や、説明していることがほんとに正しいのかは、ほとんどお客さんにはわかりません。

じゃぁ、お客さんは、どうやってあなたが 信頼感 があるかどうかか、リピートするかどうかを判断しているのでしょうか?

どっちの整体院がいいですか?

では、ちょっと想像してみてください。

あなたは長年、腰痛で悩まされています。
そろそろ本気で改善したいと考え、良さそうな整体院を2つ見つけて、それぞれでカウンセリングを受けたところ、こんな説明をしてくれました。

A整体院

あなたの腰の痛みは、骨盤が歪んでいることが大きな原因だと思います。
だから骨盤のバランスを整えれば、楽になると思いますよ。
この先も定期的に続けて受けることで、どんどん安定していくと思うし、ほとんど痛みも感じなくなると思います

B整体院

あなたの腰の痛みは、骨盤が歪んでいることが大きな原因です。
だから骨盤のバランスを整えれば、楽になります。
この先も定期的に続けて受けることで、どんどん安定しいくし、ほとんど痛みも感じなくなります

あなたは、どちらの整体院で施術を受けたいですか?
そう感じた理由は、なんでしょうか?

「思う」 はできるだけ使わない

日本人のコミュニケーションの特徴として、断定や言い切り避けるという傾向があります。
それは慮る、忖度する、相手を思いやるといった日本人のコミュニケーションの特徴で、その代表的な言葉が「思う」 です。

自分はこう「思う」 けど、あなたはどうですか?

という、自分の考えも伝えながら、相手の意思も尊重したコミュニケーションができる、とても便利でいい言葉です。

でも、断定しないということは、自信がないことの表れとも取られてしまう、実は使い方が難しい言葉でもあります。

先程の例文は、それぞれの文末に「思う」 があるかないかだけの違いですが、それでだけも相手に与える印象が大きく変わってしまいますよね。

信頼感 を高める多少の演出・演技は必要

人とのコミュニケーションで、相手が信頼できるか、頼っていい人なのかの判断材料としては、自信を持って話しているかどうか、がとても大きなウェエイトをしめています。

どんなに人あたりが良くて
話を丁寧に聞いてくれて
わかりやすくまとめて説明してくれて
優しそうな人だったとしても。

自信なさ気な人だと、安心して身体を委ねることはできないですよね。

お客様に安心して、施術やサービスを受けてもらうためには、たとえ自信がなかったとしても、自信があるように演出しないといけません。
もちろん「絶対治る!」 って言ったり、できないことをできると言ったりするのはNGですが、嘘にならない程度の演出や演技は必要です。

そのためにはできるだけ「思う」 というフレーズを使わないようにしましょう。
それだけでもお客様に与える印象と信頼感は大きく変わります。

あなたは、お客さんから見て、自信のある人に見えていますか?

信頼性 を高める3つの簡単な方法

2018.02.13

第一印象で乗り越えないといけない4つの壁

2017.12.06

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」 と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

 サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す