ガラパゴス が1人サロン・治療院が生き残る秘訣

ガラパゴス サロン 生き残り

 ▷この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ガラパゴス 諸島って知ってますか?

南米アクアドル沖の太平洋に浮かぶ島々の総称で、 多くの固有種がいることで有名。

世界遺産登録の第一号でもあります。
僕も死ぬまでに行きたいスポットリストの筆頭にガラパゴス諸島が入っています。

そんなガラパゴス諸島からネーミングされた、 『ガラパゴス(化)』 という言葉は、 日本のビジネス界ではあまりいい意味で使われていませんよね。

でも、 小さなサロンや治療院が生き残るためには、 『ガラパゴス』 はめちゃくちゃ大事なことです。

ガラパゴス 化とは・・・

ガラパゴス 携帯

日本でガラパゴスというと、 ガラパゴス携帯=いわゆるガラケーを思いうべかる人が多いんじゃないかと思います。

スマホが普及する前の日本の携帯電話市場は、 世界の中ではかなり異質な存在でした。

例えばメール機能は、 世界では電話番号で送るショートメッセージが標準だったのに、 日本では携帯電話独自でメールアドレスを持って、 長文も送れる、 というのがスタンダードでした。

それが、 さらに進化して絵文字が遅れるようになったり、 文字装飾ができるようになったり、 写真を添付できるようになったりといった、 日本独自の路線に発展。

それ以外にも、 ジョグダイヤルがついたり、 やたら小さくなったり、 ものすごくデザインコンシャスな色や形になったり、 ゲームができたり、 パカパカだったり、 スライドだったりと、 僕たち日本人が好むようにと、 まさに進化していきました。

他にも、 おサイフケータイや防水・防塵機能やお年寄り向けの簡単ケータイ、 子供向けの見守りケータイ、 機能をそぎ落としたシンプルケータイ、 ドコモだけが使える「iモード」やauだけの「ezweb」などなど、 どんどんユーザーの好みに合わせて細分化し、 毎シーズン、 何十種類も新機種が登場するという、 日本独自の携帯マーケットができあがることに。

当時、 日本で流通していた携帯電話のほぼすべてが日本の家電メーカーが作ったもの。

日本製への信頼感と、 その独自進化のために海外メーカーが参入することができず、 さらに独自の進化=ガラパゴス化は拍車をかけていきました。

そして、 スマホが上陸した時、 特殊な機能を盛り込んでいることで、 汎用性が低くなってしまった日本製の携帯電話は、 市場シェアをあっさりとスマホに逆転されてしまいました。

その結果、 今では日本で使われているスマホの6割がiPhone。

androidのシェアではサムソン、 ファーウェイ、 シャオミなどの中国・韓国メーカーが独占。

日本で唯一ガンバっていたソニーもトップ10から姿を消してしまいました。

てな感じで、 『ガラパゴス(化)』 というと、 特定ターゲットの要求を満たそうとしすぎて、 大きなマーケットでの競争力を失ってしまうという、 マイナスなイメージで使われることがほとんどだと思います。

でも、 実はガラパゴス化っていうのは、 小さなサロンや治療院にとっては間違ったことではありません。

というよりも、 積極的にガラパゴス化を進めるべきです。

その理由とは、、、

ガラパゴス化=独自に枝分かれ

枝分かれ

日本の携帯がガラパゴス的に進化したのは、 ユーザーの求める機能や使い勝手などを取り入れ、 さらに細分化して細かく枝分かれしていったから。

つまりは、どんどんニッチ化していったから、 あれだけたくさんの機能を搭載することになったわけだし、 あんなにたくさんの機種に枝分かれしていったのです。

これをサロンや治療院で置き換えるなら、『専門特化による差別化』 と考えることができます。

「いやいや、 日本のメーカーはそれでだめになったんじゃないの?」

と思いますか。

たしかに、 家電メーカーの場合は、 ニッチ化しすぎて大きなマーケットでの競争力がなくなってしまいました。

でも、 僕たちのような小規模サロンや治療院が、 大きなマーケットで勝負することってありますか?

ないですよね。

だったら、 思いっきりガラパゴス化していったほうが、 そのガラパゴス状態を求めている人への訴求力が高くなります。

ガラパゴス化したオタッキーネイリスト

ガラパゴス化 痛ネイル

僕の知り合いに、 アニメオタクのネイリストがいます。数年前に独立したのですが、 いまメチャクチャ稼いでます。

はっきり言って、 僕のよりも稼いでます。
たぶん、 倍以上。。。

じゃぁ、 彼女が何をしたかというと、 アニメオタク専門のネイル、いわゆる『痛ネイル』です。しかも、 ネイルシールの通販。

もともとはサロンでオーダーを受けて、 アニメ柄のネイルをしていました。
でも、 お客さんから「イベントの時に付け替えたりしたいからシール作って」という依頼が。

ついでに、 依頼になかった自分が好きなアニメのシールも作ってサロンに置いてみると、 以外に好評。

最初は小遣い稼ぎにと、 練習もかね仕事の合間に色々なシールを作って、 ヤフオクで販売するということをしていました。

で、 これがあたったワケです。

今では、 サロンを閉じて、 自宅でネイルシールを作って通販専門でやっています。

しかも、 日本のアニメは外国でも人気があるので、 海外からもオーダーがあるとのこと。

もとは、 普通のネイルサロンでしたが、 『一般の女性受けするきれいなネイル』 という大きなマーケットではなく、 『アニメオタク向けの痛ネイル』 とニッチ化した=ガラパゴス化したからこそ、 それだけの成功を手に入れることができたのです。

※さらに細かいアニメのジャンルがあるみたいですが、 そっち系は疎いので・・・

あなたもも、 ガラパゴス化できるところはありませんか?

そこを見つけて、 どんどん進化していけば、 競争相手はいなくなりますよ。

お客さん目線 を置き忘れたアイデアに走ってまいせんか?

2018.04.23

専門特化して集客するときに気をつける4つのポイント

2017.09.20

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

みんなにシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★