インスタントに集客 する方法

インスタントに集客

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
5 56 秒です。


インスタントに集客 できる方法があればいいのにな。

経営者ならだれでも考えることですよね。 結論から言うと、 インスタントに集客する方法はあります。

しかも、 それほど難しくない。

実際、 そんな インスタントな方法でドバーっと集客して、 最初のキャッシュフローをよくする。

という経営の方法もあります。
でも、 それっていつまでも続けられるものではないですよ。 というお話です。

言葉の裏に透けて見えるもの

ある人に質問されました。

「絞り込みって必要なん?」

「ベネフィットって必要なん?」

「施術してるだけやのに、  商品設計なんかいらんのちゃうん?」

「治る!て言うたら来るんちゃうん?」

「差別化とか強みとか言われても、 そんな難しいこと分からんわ」

まぁ、 いろいろと言うてはるんですが、 裏にすけて見えるのは・・・

「もっと簡単に集客できる方法ないの?」

っていうこと。 だと思います。

結論からいうと、 インスタントに集客できる方法はあります。

インスタントに集客 する方法

ネットなら、 繁盛している競合のホームページを、 そのまま、 まるまるコピー。
さらに金額をその競合よりも安く、 極端にいうと0円にして、 PPC広告に高単価で入札すればいいだけ。

ホットペッパーなんかのポータルサイトでも同じですよね。
コピーして、 露出が大きくなる最上位プランで契約してガンガン出していけばいいだけ。

チラシも同じように、 まるまんまコピーして安い金額にして、 毎週2万枚ぐらい配布すれば1か月後には30人ぐらい余裕でしょう。

完コピすれば、 あっという間に集客できます

こうすれば一過性の売り上げなんて、 パパッと作れます。
その分、 お金もかかりますけどね。

でも

それでリピートが続くでしょうか?

集客し続けられるでしょうか?

利益が出せるでしょうか?

パクるのホントの意味

僕はブログやメルマガ、 セミナーなどで、 「いい広告をパクったらいい」という話をします。 でも、 ここでいうパクるとは、 その広告のロジックや構成、 デザイン的な見せ方などのこと。

内容をそのままパクっても、 同じサービスを提供できないなら、 どんだけ集客できても、 リピートにはつながらないですからね。

効果の出ている広告を真似するのは、 とても有効な手段です。 まっさらのゼロのところから自分で効果の出る広告を作るなんて、 めちゃくちゃ難しいです。
っていうか、 できないと思います。

だから効果のあるものを、 みんな真似していくから広告は似たものに収斂していくんですけどね。
そうして、 収斂したものはテンプレートやフォーマット、 公式、 などと呼ばれるものになっていきます。

テンプレート= インスタントではないよ

テンプレートの何がいいのかといえば、 あるていど集客のための枠組みができているからです。

その枠組みに沿って、 広告の内容を詰めていけば、 それなりに集客できる効果のある広告を作ることができます。

でも、 その内容に他所と同じことを書いていたら集客はできるでしょうか?
できなくはないかもしれないけど、 結局は金額勝負、 立地勝負になってしまいますよね。

そして、 金額にしても立地にしても、 大手のチェーンやフランチャイズには絶対に勝てません。

だから、 広告の内容はしっかりと自分で考えて、 作りこんでいかないといけないのです。

そして、 ちゃんと集客できてリピートが続いているところって、 自分の強み・弱み・競合との差別化や、 ターゲットの絞り込み、 ベネフィットの明確化、 などなど、 しっかりと考えて広告を作っています。

だから、 お客さんに選ばれるんだし、 リピートもとれるし、 紹介もしてくれるようになるんですね。

インスタント は インスタント に終わる

インスタントな方法で集めたお客さんは、 インスタントな売り上げだけで終わります。
グルーポンやポンパレがいい例ですよね。

しっかりと安定した売り上げの軸を作っていきたいなら、 小さいことの積み重ねです。

サッカーのカズだって、 毎日毎日、 コツコツと練習を積み重ねているから50歳を越しても現役でいられるんですよね。
ず~っと何もしてなくて、 50歳になっていきなり全力でサッカーしたら、 最初の2分で燃え尽きて体壊して終わりでしょ。

そこまでのレベルじゃなくても、 なんでもそうですよね。

外国人とコミュニケーションをとるために英語を身に着けたい、 と思う人は多いでしょう。
でも、 ちょっとした日常会話レベルならスマホの自動翻訳で十分。 だからと言って自動翻訳ばっかり使ってたら、 いつまでたっても英語を話せるようにはなりませんよね。

仕事もそう、 経営もそう、 勉強もそう、 スポーツもそう、 コミュニケーションもそう。
なんでも積み重ねです。

あなたも、 サロンを安定して繁盛させたいなら、 インスタントな集客じゃなく、 ちょっと大変に思えても小さなことを積み重ねて、 ぶれない軸を作っていってください。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、 なかなか参考になるやん」と感じたなら、 SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、 ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★