ホームページ はサロンや治療院に必要なのか?

ホームページ サロン集客 治療院集客

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
8 9 秒です。


ホームページ はサロンや治療院の集客に、ほんとは必要なんでしょうか?

地域密着だし、口コミや紹介が多いからいらない?
チラシやフリーぺーパーでの集客が中心だから、なくても大丈夫?
ホームページはなくても、アメブロ・フェイスブックなんかのSNSで十分?
いまはいろんなポータルサイトが増えてるから、なくても困らない?

結論から言うと、ホームページ は必須です。

ホームページ があれば集客出来る!なんてことはない

10年ほど前までは、サロンや治療院業界でも、ホームページを作ればそれだけで集客できると言われていました。

実際、僕も自分の整体院を開業した2012年。
集客のルールやホームページのセオリーなんかを全くわかっていない状態で作ったホームページでも、月に10~15人ぐらい集客できていました。

それは、ルールも何も知らなくても、僕の天才的なセンスで集客できるホームページが作れたから。

ではなく、ホームページを作っている治療院の競合が少なかったから。
単純に検索してヒットする治療院のホームページが少ないから、ただ集客できていただけです。

もう、データが残っていないので見ることはできませんが、今思い出しても酷い出来でした。。。

そんな、適当なホームページでも集客できていたいい時代は終わり、いまはちゃんと集客できるロジックを踏まえたホームページでなければ、集客にはつながりません。

「高いお金を払ってホームページを作ったけど集客できない」なんてことはいくらでもあります。

スマホが普及して、何でもすぐにネットで調べられるようになり、ネットは集客に欠かせないツールとなりました。

では、ホームページを作るメリットとは、どこにあるのでしょうか?
SNSやポータルサイトでは、なぜ不十分なのでしょうか?

SNS・ポータルのリスク

SNSやポータルサイトは確かに便利です。
無料で使えるものも多くあるし、ポータルサイトは集客に直結しています。

すぐに始めることができるし、形式に沿って入力したり画像を配置するだけで、それなりの物ができて便利です。

でも、SNSやポータルには大きなリスクがあります。

リスク① 仕様・ルールが突然変わる

SNSやポータルは突然ルールが変わることがあります。

記憶に新しいところでは、アメブロがビジネス利用NGという規制を厳しくしたことや、フェイスブックがタイムライン表示だけになった事があります。

それまでがんばって集客していたのに、突然「掲載停止!」なんてことも、珍しくありません。

アメブロ集客 だけに頼ってるサロンに先がない理由

2016.12.16

リスク② 書ける内容に制限がある

ユーザー保護という観点が強いですが、使ってい表現や触れていい内容などに制限があります。(特にポータルサイト)

アメブロのビジネス利用NGというのも、掲載内容に制限があるのと同じですね。
(アメブロはコミュニケーションツールとしてリリースされているので、もともとビジネスに使っちゃダメ!というルールがあります)

サロン集客を ポータルサイト頼み にするとダメな6つの理由

2017.05.25

リスク③ サービス自体が終了する

これが最大のリスクかもしれません。
終了しなくても、完全に下火になって、誰にも見向きもされなくなるということもあります。

いわゆる「オワコン」になってしまうこと。

メジャーなところでは、ミクシィ。

一時はSNSといえばミクシィ。みたいな時代がありました。
当時は、「ミクシィで集客する」的なノウハウが溢れていました。

でも、いまは???

他にもカカオトークや、セカンドライフ、フレンドスター、マイスペースなどなど。
アメブロも片足以上、突っ込んでます。

リスク④ つながりを他に持っていけない(2018年5月追記)

あなたはフェイスブックの友達は何人いますか?

僕は2018年の5月2日時点で2386人です。
これが多いのか、少ないのかはわかりませんが、この大半、おそらく90%以上は、会ったことも話したこともない人たち。

つまりはフェイスブックだけのつながりです。

そんな人達と繋がれるのが、フェイスブックのいいところなんでしょうが、フェイスブックが終わると、この人達とのつながりも、ほぼすべて切れてなくなるでしょう。
もちろんフェイスブックからメルマガを読んでくれたり、僕のセミナーに参加してくれる人もいるので、100%がなくなるわけじないけど、そんなのは微々たるもの。

フェイスブックも、これまでのミクシィやアメブロなんかと同じく、その世界だけでしかつながりが続かないし、他の世界(SNSやプラットフォーム)に、そのつながりを持っていくことはできません。

どんなにがんばって友達を増やしても、フェイスブックがだめになって、新しいSNSがでてきたら、またゼロからつながりを作り直し。
じつは、SNSというのは、そんな脆弱なつながりの世界なんです。

ホームページを持つメリット

では、ホームページのメリットとは何でしょうか?

メリット① 好きなことがかける

自分でページを作るので、あなたの倫理観が許す限り、好きなことがかけるし、好きな写真や動画を使えます。
もちろん、薬事法や景表法、著作権や肖像権は守ってくださいね。

また、施術の内容やこだわり、内装、あなたの思い、経歴、なぜこの仕事を選んだのか、どんな人に来てほしいのか、どんな人に来てほしくないのかなど、事細かに、詳しく書く事もできます。

メリット② 自分で作り変えれる

自分でホームページを持っていると、好きなように作り変えてリニューアルすることもできます。

文章主体から、画像主体へ変えることなんて簡単です。
画像も横幅いっぱいの大きなモノを入れたり、スライドショーを作ることもできるし、動画をいっぱい埋め込んだりもできます。

とはいえ、集客のセオリーを外すと、効果が出なくなるので、そこは注意が必要です。

メリット③ 終わらない

SNSやポータルサイトは、サービスが終了するか、オワコンになってしまう可能性があります。
でも、自分で持っているホームページは、あなたが続けようと思う限り、終わることはありません。

この先、ホームページの形や機能、セオリーが変わることはあっても、インターネットという環境がある限り、ホームページという役割はなくならないでしょう。

すべての集客ルートの集約場所

さて、そんなホームページ。
何のために使うのかというと、もちろん集客のため。

でも、直接ホームページに集めることだけが目的ではありません。

チラシやDM、紹介、ポータルサイト、フリーペーパー、新聞広告などなど、他の集客ルートでは多くの情報を伝えきれません。

それは、詳しい場所や行き方などもそうだし、どんな雰囲気なのか、どんな施術をするのか、どんな人が受けているのか、どんな流れで施術をするのか、どんな人がやっているのかなど。

チラシやDMはもちろん、ポータルサイトでも、伝えられる情報量には制限があります。
より詳しい情報を読み込んで「ここに行こう!」と思ってくれた人は、リピート率が高くなります。

反対に、少ない情報量で決める人は初回割引や紹介割引などの価格が決め手になることが多いです。
そして、価格が決め手になってくる人は、内容に惹かれているわけではないので、リピート率が低くなります。

そのために、すべての集客ルートの集約口として、ホームページが必要なのです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

SEOマニュアルプレゼント
あなたもこんな間違ったSEO対策していませんか?
予約の空き状況をブログで発信している
毎日ブログを更新してページ数を増やす
キーワードを繰り返し使って記事を書く
これ、みんなマイナス効果です。
今なら1人サロン・治療院のための、ゼロから始める SEO対策マニュアルを無料プレゼント!

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★