ポスティング はやっちゃダメなことなのでしょうか?

ポスティング はやっちゃダメ?

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
4 33 秒です。


チラシを作った!いざ、ポスティング に行こう!! と思って行ってみると、ほとんどのマンションには『チラシポスティングお断り』・『関係者以外立ち入り禁止』などの張り紙が。

だから、ポスティングはやっちゃダメなのか・・・と尻込みしていませんか?

でも、ちょっと想像してみてください。

目の前に熱中症でフラフラの子供がいます。
あなたは買ったばかりの、よく冷えたペットボトルの水を持っています。

ペットボトルを差し出そうとすると、その子の横にはこんな立て札が

「勝手に水をあげないでください水を上げた人は通報します」

あなたはどうしますか?

ポスティング はやっちゃダメなことなのか?

チラシを作った!
いざ、ポスティングに行こう!!

と思って行ってみると。

ほとんどのマンションには

『関係者以外立ち入り禁止』

『チラシポスティング お断り』

『警察官立ち寄り所』

『監視カメラ作動中』

さらには

『無断ポスティングは広告主に着払いで全量送り返します』

『無断でチラシを投函しているのを発見したら、ただちに警察に通報します』

なんて脅迫めいたことも書いてたりします。

管理人が常駐しているマンションだと、そもそもポスティング しに入りにくいですしね。

だから、ポスティングをしたいけど怖くてできない・・・

で、

せっかく作ったチラシも、配布せずにそのまま残ってる・・・

なんてこともあるのではないでしょうか?

これは、よく相談や質問を受けることでもあります。

あなたのサービスが必要なのは誰?

でも。
ちょっと考えてみましょう。

あなたがチラシを届けたいのは、マンションに住んでいて、何かしらの解決策を探している人たち。

ポスティングされているチラシをみて、あなたの施術を受けることで、大きな悩みが解決するかもしれない人たち。

一方

勝手にチラシをポスティングするな!

って言ってるのはマンションの管理会社。

管理会社としては、住人が肩こりで悩んでようが、腰痛で苦しんでいようが関係ありません。
ただ単に、会社の方針としてポスティングお断り!って言ってるだけ。

それを気にして、あなたの助けが必要(かも知れない)人、情報を必要としている人に届けることをためらう理由があるでしょうか?

マンションの住人がチラシをみて、自分に関係ないと思ったら捨てるだけ。
だから遠慮する必要なんてないのです。

まぁ、詭弁といえば詭弁です。

でも、そんなことを気にしてたら、商売なんかできないよってこと。

自信をもって商売しましょう

自分で行くのが気が引けるなら、ポスティング業者に頼めばいいだけ。

業者に頼んでポスティングしても、あとから電話がかかってきて、「もう、入れるな!」って言われることもありますけどね^^

そんなときは素直に謝りましょう。

でも、僕はこれまで数十万枚の量のチラシをポスティングで配布していますが、警察から電話がかかってきたことはありませんし、いきなりおまわりさんがやって来た、ということもありません。

もちろん、裁判なんかにもなっていません。

 

他人の迷惑を顧みずに集客しろ!

とは言いませんが、ポスティングお断りなんて張り紙を見たら

 

人の商売の邪魔すんな!この野郎!!

って思えるぐらいに、自分のやってることに自信を持ちましょう!

チラシポスティング の効果を高くする 5つの裏技

2017.05.24

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

 

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★