独立開業の目的 を見つける7ステップ

7ステップのワークであなたのホントの目的を見つける

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
15 24 秒です。


あなたの 独立開業の目的 はなんですか?

「ゴールは独立開業!」や「目的は年収1000万円!」なんてことを言ってしまわないように、本当の目的を見つけましょう。

それには、7つのステップで目的を深掘りしていきます。

でも、1つ問題が。
それは、この7ステップをすることで、独立開業する必要がなくなるかも知れないこと。

そうなると、このブログの読者が1人減ってしまうので、残念ですが、あなたが本当の目的を見つけられるなら、良しとしましょう。

目的確認の7ステップ

ステップ1 具体的かつ現実的な数値で目標を設定する
ステップ2 現状を確認し、目標までのギャップを確認する
ステップ3 適切な期限を設定する
ステップ4 目標の再確認。なんのためにその目標が必要か?
ステップ5 その目標を達成すると何が手に入るのか?
ステップ6 手段を目的化していないか確認する
ステップ7 本当の目的とは

これだと、わかりにくかもしれないので、わかりやすくダイエットを例にしてみましょう。

例題「ダイエット」の目的を7ステップで分解する

ちなみに、いつまでたってもダイエットに成功できない人は、ダイエットという手段を目的にしているから。
これも、追々わかってきます。

ステップ1 具体的かつ現実的な数値で目標を設定する

目標は数値化しなければ意味がありません。
また、現実離れした途方もない数字であっても意味がありません。
ここでは「体重を50kgにする」と数値化します。

ステップ2 現状を確認し、目標までのギャップを確認する

目標を具体的に設定しても、どれぐらい頑張れば良いのかが分かりません。
そのために、次のステップは今の状態を知ること。

いま体重が52kgなら、ちょっと頑張れば達成できそうですが、100kgならめちゃくちゃ頑張らないと達成できません。

ここでは今の体重を55kgとします。現状を把握したら目標までのギャップを確認します。
今の体重が55kgなので、目標の50kgまでは5kgの差。

このステップでは「55kgの体重を5kg減らして、50kgにする」となります。

ステップ3 適切な期限を設定する

目標も数値化した!ギャップもわかった!
でも、いつまでに達成すればいいの?

そう、目標は期限を決めて、初めて意味を持ちます。

とはいえ闇雲に期限を設定すればいいというものでもありません。
やたら長くても意味がないし、短すぎても達成の見込みがなくなります。

期限が長すぎるとモチベーションが続かなくなり、結果的に直前になって追い込まれないと行動を始めることができません。
夏休みの宿題と一緒ですね。

5kg体重を減らすのに、20年という期限を設定してもあまり意味が無いし、1週間だと(少なくとも健康的には)達成できる期限ではありません。

がんばれば達成できる、現実的な期限を設定する必要があります。

この例では半年間を期限として設定します。
すると「55kgの体重を半年間で5kg減らして、50kgにする」となります。

ステップ4 目標の再確認。なんのためにその目標が必要か?

ここまでは、数字だけを見てきました。
でも目標を立てるからには、何かご褒美があるはずです。

次のステップでは、目標の先にあるご褒美を確認します。
ダイエットの場合「痩せたら●●する」「きれいになると●●できる」の●●の部分になります。

この例の場合では「友人の結婚式でキレイなドレスを着るため」とします。
その結果「友人の結婚式でキレイなドレスを着るため、55kgの体重を半年間で5kg減らして50kgになる」が、目標となります。
かなり具体的になってきましたね^^

ステップ5 その目標を達成すると、何が手に入るのか?

この辺りから、どんどん核心に迫っていきます。

目標を達成すると実現できることがあります。
でもほんとに欲しいのは、さらにその先にあるもののはず。

このステップでは、ご褒美の先にあるものを見つけるために、もっと具体的に分解していきます。
そして、この段階でキーになるのは感情です。

人間は感情の生き物です。
感情を満たすために行動していると言っても過言ではありません。

なので、このステップでは自分の気持ちに素直になって、どんどん問いを繰り返して、思考を深掘りしていきます。

ここまでのステップで「友人の結婚式でキレイなドレスを着るために、55kgの体重を半年間で5kg減らして50kgになる」まで、目標を具体化してきました。
さて、結婚式でキレイなドレスを着られたら、どんないいこと、嬉しいことがあるでしょうか?

みんなに「キレイ♪」と言われる?この場合は自分の褒められたい欲求を満たすことができます。
ただこれでは、まだ漠然としているので、もっと深掘りしていきます。

「キレイ♪」と言われるのは、何も女性からだけではありません。もちろん男性からも言われます。
より多くの男性にそう思われたなら、その中から個人的な友人関係から恋愛発展することもあるかもしれません。

なので、50kgになってキレイなドレスを着て結婚式に参列した結果、手にするのは「彼氏」です(ちょっと強引ですが)。
そこまで露骨じゃなくても「異性からモテる」という状況を手に入れる事ができます。

では、ここで一度、目標の再確認をしておきましょう。
「彼氏を見つけたいから、友人の結婚式でキレイなドレスを着るために、55kgの体重を半年間で5kg減らして50kgになる」
かなり露骨で具体的ですね。

さて、ここまで具体化したあと、次のステップ6が、とても重要な意味を持ちます。

ステップ6 手段を目的化していないか確認する

場合によっては、ここでちゃぶ台返し的な事が起こります。

「手段の目的化」というのはよく起こります。
わかりやすいのがダイエット。

ダイエットと言うのは、その先にある結果を手に入れるための手段でしかありません。
でも、世の多くの女性はダイエットを目的してしまっているので、いつまでたってもダイエットできません。

ダイエットして5kg痩せて、キレイなドレスを着るのは、彼氏を作るため。というのが前のステップ5までで、分かりました。

でも、彼氏を作るために、キレイなドレスを着ることが必要なんでしょうか?
5kgやせることが必要なでしょうか?

彼氏を作るために必要なのは、出会いのある場に行く行動力かも知れないし、出会った人といい関係を築くためのコミュニケーション力かもしれません。
新しい出ないがなくても、コミュニケーションが変われば、これまで身近にいた人との関係性が変わることもあるでしょう。
あるいは、英会話を身につけて、別の部署や業務に変わることで出会いだって生まれでしょう。

こうしてみると、これまで考えていた手段や目標は間違えているかもしれません。

と。
ここまで読んで、「はっ」と気づいたあなたは、鋭い。
そう、あなたが叶えたい目的のためには、独立開業が必要ないというケースもありえます。

もし、そうなったら、ステップ1からやり直して、本当の目的を探しだしてみてください。
独立開業も、目的を叶えるための1つの手段です。
手段ありきでは、本当の目的を見つけることはできません。

ステップ7 本当の目的とは。具体的に言語化する。

ステップ6までを終えて、手段と目標の方向性が一致していたあなたは一安心。
あとは、本当の目的をより深掘りして、具体的に言語化していきます。

そして「私が独立開業するのは、●●を実現するため」というフレーズに落とし込みます。

別に、一言にする必要はありませんが、20秒で他人に伝えることができるぐらい具体的かつシンプルにしないといけません。
シンプルに表現できないということは、あなたの頭のなかでも、まとまっていないから。
この作業は少し大変ですが、がんばって独立開業の目的を言語化して行きましょう

ダイエットの例では、結婚を前提に考えられる人と交際をして、幸せな結婚をしたいから、彼氏を見つけたい!ということに至った、ということにしましょう。
あまり深掘りし過ぎると、生臭い話になってしまいそうなので。。。

なので、

「結婚を前提として付き合える、彼氏を見つけたいから、友人の結婚式でキレイなドレスを着るために、55kgの体重を半年間で5kg減らして50kgになる」

が、ダイエットの目的分解の結果です。
1フレーズにすると「私がダイエットするのは、いい彼氏を見つけて、結婚をするため」となります。

目的確認の7ステップ

ステップ1 具体的かつ現実的な数値で目標を設定する
ステップ2 現状を確認し、目標までのギャップを確認する
ステップ3 適切な期限を設定する
ステップ4 目標の再確認。なんのためにその目標が必要か?
ステップ5 その目標を達成すると何が手に入るのか?
ステップ6 手段を目的化していないか確認する
ステップ7 本当の目的とは

ぜひ、やってみてください。

では、次に僕の 独立開業の目的 を分解してみましょう。

独立開業の目的 山口の場合

あなたも、「自分だったらこうなる」と一緒に考えてみてください。

ステップ1 具体的かつ現実的な数値で目標を設定する

ここでは、このサイトのテーマ年収1000万円を数値目標にします。

「年収を1000万円にするために、独立開業する」

ステップ2 現状を確認し、目標までのギャップを確認する

すでに独立開業しているなら、今の収入を(売上ではないですよ)ここに入れます。
まだ独立開業していなくても、今の仕事での収入がここに入ります。

前職では、大体500万円ぐらいだったので、500万円としておきましょう。

「500万円の年収を500万円増やして、1000万円にするために、独立開業する」

ステップ3 適切な期限を設定する

この辺から、頭を使い出します。
今の年収や仕事の状況から考えて、年収を1000万円に増やすにはどれぐらいの期限が適切でしょうか?
あまり長くても短くても意味が無いので、妥当な期限を設定します。

僕は会社員を退職する時に、5年で年収1000万円という期限を設定しました。

「5年で、500万円の年収を500万円増やして、1000万円にするために、独立開業する」

ステップ4 目標の再確認。なんのためにその目標が必要か?

独立開業して年収1000万円になると何が手に入りますか?色々と思い浮かぶと思いますが、僕の場合は家族との時間を増やすためです。

「家族と過ごす時間を増やすため、5年で、500万円の年収を500万円増やして、1000万円にするために、独立開業する」

ステップ5 その目標を達成すると何が手に入るのか?

この辺りから難しくなってきますよ。しっかりと考えましょう。

家族と過ごす時間が増えると(普通は)みんなの笑顔が増えたり、子供の成長をしっかりと見届けることができるようになります。
また、家族の会話が増えることで、家族の絆が強まる、色々な話をしたり本を読んであげることで、子供の好奇心が強くなる、感受性が高まるというのもあるでしょう。

そのためには、子供への投資を惜しみたくないし、色々な経験をさせてあげたいので旅行にも行きたいし、本もたくさん買ってあげたい。だからまとまった収入も必要です。
じつは、僕が一番大事にしているのは、こんな事です。
まぁ。それはさておき。

「子供の成長をしっかりと見届けるため、家族と過ごす時間を増やすため、5年で、500万円の年収を500万円増やして、1000万円にするために、独立開業する」
が、このステップで導き出されました。

ステップ6 手段を目的化していないか確認する

さて、ここが一番重要。

本当に独立開業という手段が必要なのかを、見極めます。

今、それなりの収入があり、自由になる時間もたくさんあるなら、独立開業する必要なないかもしれません。
独立開業することで、忙しくなって家族と過ごす時間が少なくなる。。。なんていうのはよくある話です。

僕の場合、前職でも、あと10年も勤めていれば、年収1000万円は達成できていたと思います。
でも、その分、忙しくなることは目に見えてました。当時は、どうやって月間の残業が100時間をオーバーしないように仕事するかというのが、
単身赴任なんてすると、子供の成長に関わることができません。

だから、いくら収入があっても、自分で働き方を選べないサラリーマンでいることは、ありえませんでした。
また、サラリーマンでいるかぎり、いつ会社の事情で仕事がなくなるかわかりません。
(今の時代、会社自体が潰れることも考えとかないといけません)

だから、独立開業という道を選んだのです。

「独立開業したいから独立開業する」ではなく、あなたの叶えたい目的や夢を叶える手段として、独立開業という手段があるべきです。

ステップ7 本当の目的とは

僕の目的は、家族を大切にし、子供が成長する過程にしっかりと関わっていくこと。
そんな家庭環境を築くことが一番の目的です。

そのためには、自由にできる時間もたくさんいるし、自分の都合で自由に休めることも大事です。
また、それだけ休んでもゆとりの生活を送れるだけの安定した収入も、もちろん必要です。

そうして考えた結果、目的を達成するための手段として、独立開業を選びました。

現在は、整体院の経営とコンサルタントを、生業としています。
とはいえ、この先、ず~っとこの仕事を続けるとは思っていません。

今も、他にビジネスとして構想していることがあります。
それは興味があるから、やってみたいからというのもありますが、何よりも僕の目的を叶えるために必要だからです。

なので、どんなに条件が良くても、雇われて働くということはありえません。
年に5000万円ぐらいもらえて、いつ来てもいいよっていう待遇なら考えますが。。。
でも、それだと自分が何も成長できなさそうなので、やっぱりないかな。

あなたの本当の目的とは何ですか?
独立開業はそのために必要な手段ですか?
いまの仕事の延長線で、技術も身についたし経験も積んだから、とりあえず独立開業でもしようかな・・・では、いずれ行き詰まる時が来ます。

自分の心の声をしっかり聞いて、本当の目的を見つけてください。

安定化志向と可塑性 脳の2つの特徴を活かして成功体質になる

2016.10.20

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★