リピートがとれない 、、、2つのホントの原因

リピートが取れない 2つの原因

この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
6 59 秒です。


リピートがとれない 、続かない、と悩むサロンや治療院の経営者はたくさんいますが、リピートがとれない 原因はどこにあるでしょうか?

施術の腕?立地や利便性?価格?お客さんとのコミュニケーション?それとも、強力なライバルの存在?

どれもいい線をついていますが、ちょっと惜しい^^

新規のお客さんが来ても リピートがとれない ホントの理由のは2つあります。

その1つ目それは、、、

僕がグルーポンでやらかした、大失敗。

リピーター が離れる

僕は数年前、整体院の集客にグルーポンを利用したことがありました(もうなくなっちゃいましたね)。

もし、あなたも掲載したことがあれば分かると思いますが、グルーポンやポンパレに広告を出すと、メチャクチャ新規のお客さんがくるんですよ。

僕が掲載したクーポンの販売枚数は200枚で、利用期間は3ヶ月あ
クーポンは3日ほどで完売でも、最初のうちは予約もチラホラと入る程度それが、最後の1ヶ月を切ると電話からもネットからも続々と予約が。

予約殺到 でも リピートが取れないまさに予約殺到!!といった感じの盛況ぶりクーポンを買った人のほとんどが期限切れ間際の2週間に集中し、結果的に1ヶ月の新規来店がグルーポンだけで130人以上
もちろん新記録。

でも、そんな人数の予約が入っても、回せるはずがなく完全にキャパオーバー。

クーポンを買ったけど予約を取れないお客さんには、当然クレームを言われるし、リピートを勧めたこともクレームになりました。
なんでやねん!!

しかも、既存のリピーターさんも予約が取れずに離れていく始末。

グルーポンの新規174人のリピート率は・・・・

最終的にグルーポンからの来院は174人でしたが、リピートしたのはわずか5人。

リピート率でみると3%以下。
そして、10回以上続いたのはたったの1人そのお一人は5年以上リピートして、70万円以上使ってくれている優良顧客ですが、それにしたって170人のうちの1人。

10回リピート率0.6%という、目を覆いたくなるような数字。

じゃあ、なんでこんなことになったかというと。

最初からリピートする気のない見込み客集めてしまったから。

リピートがとれないホントの理由① リピートしない人を集めている

新規かリピートかは最初に決まっている

つまり、リピートするかどうかの分岐点は集客するときから始まっているのです。

言い換えれば、リピートしないお客さんを何百人集めても、リピートがとれないし、売上も利益も増やすことはできません。

ほんとに来てほしいのは、1回だけで終わらずに、ちゃんとリピートしてくれる人ですよね?

そのために必要なのが、リピートする前提の人であり、かつあなたのサロンのお客さんとしてふさわしい人に、ターゲットを絞り込むことです。

新規集客のときは、初回割引などのオファーが強ければ強いほど(極論すると0円)、人を動かしやすくなります。
でも、お客さんを集めることだけに気を取られて、その先の流れ=リピートを考えてないと、リピートには繋がりません。

だからクーポンサイトなど、価格競争になりがちなメディアからの集客は、リピートに繋がりにくくなるのです。

グルーポンのような強力なオファーも全然ダメなものではありません。
でも、その後の仕組みが作れていないと、リピートがとれないし安さ目当ての人を集めて忙しくなるだけ・・・という残念な結果に終わってしまう諸刃の剣なので要注意

リピートがとれないホントの理由② リピートする商品設計になっていない

1回で治るから リピートがとれない

これは、施術やサービス自体にリピート性がないということ

例えば、車のヘコミ修理みたいに、1回で0から100まで終わるようなサービスだと、お客さんがリピートしたくてもリピートできませんよね。
また行きたいから、自分で車を凹ますわけにもいかないし。

また、通りすがりで入って、そのときだけ楽になればいいようなサービスであっても、リピート性は低くなります。
仮にリピートするとしても、完全にお客さん次第。

それではビジネスとして組み立てることができません。

他にも「1回で治します!」ってアピールしている治療院もよく見かけます。

そして、ウチは1回でよくなるからリピートがとれない・・・って本気で悩んでる人もいます。

 

施術や治療に対する考え方は人それぞれなので、ほんとに1回でよくなるのか?というのはちょっと置いといたとして、リピートしないのは1回で治るからではありません

「一回でよくなる!」って言ってると、もちろんのことながら、1回でよくなりたいお客さんが集まります。
で、「1回でなおす!」って言ってるからリピートもおすすめできない。

お客さんからすると「1回で治るのに、なんでまた来る必要があるの?」と思われても仕方ありませんよね。

もし仮に、ほんとに1回で症状を改善できるスキルがあったとしても、ただ改善するのが目的ではなく、いい状態を維持することを目的にする。

ちょっとした考え方の違いですけど、これだけでリピート性を作ることができす。

車だと、ちょっとした修理で持っていっても、必ず他の部分もチェックするし、車検前にはDMが送られてきますよね。
あれは、ヘコミ修理だけだと単発だけど、車検や他のメンテナンスもすることでリピート性をもたせているのです。

以前、車をぶつけられたとき、相手の保険会社を通じて修理に出しました。
すると、なんとその修理屋さんから、車検や保険、メンテナンスのDMが来たんですよ商魂たくましい。
まぁ、車業界も厳しいですからね

今日のまとめ

しっかりとリピートにつなげるためには、リピートする人に絞り込んで集客する。

そして、リピートに続く商品・サービスにする。
どちらかがかけても、リピートはとれないので、頭に刻み込んでおきましょう。

次の記事は・・・▶③けっこう見落としがちリピーター さんがストレスに感じていること

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★