チラシで集客 できない!2つの大きな理由

チラシで集客 できない理由


この記事を読むのに必 要 な 時 間 は ・ ・
8 21 秒です。


「 チラシで集客 できない」、「チラシは集客に使えない」、「 チラシで集客 できる時代は終わった」。

こんな言葉をよく聞きます。
僕も開業する前に働いていた治療院は、チラシで集客ができていなかったし、開業後に自分でチラシを作った時も集客できませんでした。

なので、「やっぱチラシは集客できへんねんや」と、思っていました。

でも、いまは違います。
断言します。チラシは集客できます。

なぜ チラシで集客 できないのか?

チラシで集客 なぜできないのか

では、チラシでは集客できない、、、といわれるのはどうしてでしょうか?

その理由は、大きく2つに分けることができます。

チラシで集客できない理由の1つ目は
集客できるチラシが作れていないから。

そして2つ目の理由は、
チラシの運用方法をわかっていないから。

2つの理由について説明する前に、まずは下の24の項目をみて、セルフチェックしてみてください。

すべての項目にチェックがつくなら、1つ目の理由は問題ないはずなので、飛ばして2つ目の理由を読んでみてください。
でも、もしチェックのつかない項目があるなら、チラシを配布するのはちょっとお待ちを。
おそらく、それではいくら配布したところで、集客にはつながりません。つまりはお金と時間の無駄づかいということ。

チラシのチェック項目24

  1. □ 計画(新規集客、モニター募集など)に沿った内容か?
  2. □ ターゲットは明確になっているか?
  3. □ ターゲットに呼びかけているか?
  4. □ キャッチコピーは、読み手の注意を一瞬でつかめているか?
  5. □ ベネフィットが明確に伝わるか?
  6. □ 読み手の感情を刺激しているか?
  7. □ ただの自慢話になっていないか?
  8. □ 他ではなく、あなたを選ばなければならない理由はあるか?
  9. □ あなたやあなたのサービスが信頼できる証拠はあるか?
  10. □ 見込み客が抱えそうな疑問は、すべて答えているか?
  11. □ 見込み客の不安やリスクを解消するオファーはあるか?
  12. □ いますぐ、行動(問合せ・予約)するべき理由はあるか?
  13. □ 難しい言葉、専門用語を使っていないか?
  14. □ ひとつの文章が長すぎないか?
  15. □ 意味の分からない文章はないか?
  16. □ 曖昧な表現はないか?
  17. □ 具体的な数字に置き換えられる部分はないか?
  18. □ 見込み客がどんな行動を取ればいいか明確か?
  19. □ わかりやすく、反応しやすい問合せ先か?
  20. □ ちゃんとたどり着ける地図になっているか?
  21. □ 声に出して読みやすいか?
  22. □ 小さすぎる文字はないか?
  23. □ ターゲットにあった文章になっているか?
  24. □屋号が一番目立っていないか?

集客できるチラシの組み立てができていない

チラシで集客 チラシができない

まず。根本的な問題ですね。
集客できるチラシを作れていないなら、何万部を配布したところで、集客にはつながりません。

上のチェック項目を見てもらうとわかりますが、ターゲットやベネフィットなど、広告のコアとなる部分をしっかと考えて作りこまないと、集客できるチラシにはなりません。

つまり、たまたまポストに入っていた、よそのサロンや治療院のチラシをマネして作ってもダメ、ということです。

ターゲットやベネフィットだけじゃなく、あなたを選ばないといけない理由や、それを裏付ける証拠、チラシを見た人が感じる疑問に対する回答などは、競合とは違うあなただけのモノのはず。

「あなたを選ばないといけない理由」が競合と同じだと、「あなたを選ばないといけない理由」にならないですしね。

とはいえ、ヨソのチラシを参考にするのが完全にダメかというと、そうではありません。

集客できる広告を、100%自分の頭で考えだすなんて不可能です。
だから、チラシや広告に限らず、いろんなものを見て参考にしましょう。そこから参考になるアイデアだけ、抜き出してくる。
そして、コアとなる部分は、自分の頭でしっかり考える。
そうすることで、集客できるチラシが作れるようになっていくのです。

デザイン会社でチラシを作れば集客できる?

チラシで集客 デザイナー

デザイナーに作ってもらったチラシなのに、集客できない・・・

というのもよく聞く話。

これは、話が逆で

デザイナーに作ってもらったチラシだから、集客できない んです。

デザイナーさんは、きれいなチラシ、かっこいいチラシを作る専門家です。
そのためにデザインの勉強をしているし、それで食ってます。

でも、集客の専門家ではありません。

フリーランスのデザイナーさんなら、自分が請け負うデザインの仕事のための集客や受注に関してはプロかもしれません。
でも、サロンや治療院の集客に関しては素人だと考えておいたほうがいいです。

また、デザイン会社に雇われているデザイナーさんの場合。
仕事は営業さんが受注してきます。
で、営業さんが受注してきた仕事を、デザイナーさんはがんばってデザインしてくれるわけです。

て、ことは、、、
言わずもがなですよね^^

インスタントに集客 する方法

2018.04.04

サロン の集客と相性がいい「 チラシ の型 」とは

2018.01.12

効果を高めるチラシの運用方法を知らない

チラシで集客 運用方法

チラシができたからといって、それで集客できる!と思うのは気が早い。

セオリーに沿って作ったチラシなら、ある程度の効果は期待できます。

でも、いきなりバンバン集客できるかというと、残念ながらそうは問屋が卸しません。

チラシに限らず、広告というのはテストを繰り返すことで、徐々にブラッシュアップしていき、効果を高めていくものです。
そのためには、ちゃんと効果測定もしないといけないし、チラシで来てくれたお客さんに、何が良かったのか、どこに惹かれて選んでくれたのか、ということをヒアリングすることが大事です。

そうしないと、作ったチラシのいいところも、悪いところもわかりません。

なんだか思ったように効果がないなぁ、、、

なんて感じると、チラシの内容を変更したくなるもの。
例えばヘッドラインを変えたり、メインビジュアルを変えたり、説明の内容を変えたり、色々と変更するポイントはあります。

でも、もしかしたら「ここが悪いのかも・・・」と思って変えたところが、実はお客さんに響いているポイントかもしれません。
そこが、他の競合にはない魅力を、伝えられているのかもしれません。

なのにそこを変更してしまうと。
もっと、反応は悪くなってしまいますよね。

で。

やっぱチラシは集客できないんだ・・・って結論付けちゃう。

せっかくがんばって作ったチラシを、そんなふうにしてお蔵入りにしてしまうなんて、もったいないですよね。

お花を植えるときも、季節や気温、日照時間なんかの環境を考えて選定し、ちゃんと根付くように植えることも大事です。
でも、それよりもちゃんと世話をして、きれいな花を咲かせるように育てることのほうが大事ですよね。
そうしないと、すぐに枯れてしまって終わりです。

それと同じ。
チラシをはじめとした広告は、ターゲットやベネフィット、オファーなどなど、最初に内容をしっかりと煮詰めて作る=チラシの苗を植えることが大事です。

でも、それ以上に、効果を高くできるように運用していくこと=チラシを育てていくことが大事なのです。

これだけ簡単!実行力が上がる PDCA サイクルの回し方

2017.11.02

チラシ集客で失敗する 最大の原因は大○配○

2017.07.15

チラシポスティング の効果を高くする 5つの裏技

2017.05.24

最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「お、なかなか参考になるやん」と感じたなら、SNSでみんなにシェアしてもらえると嬉しいです(^^)

ご意見、ご感想はコメント欄にコメントを残していただくか、お問合せフォームからお願いします。

サロン集客塾 羅針盤の山口でした。

7つの繁盛法則

みんなにシェアする

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

<年収1000万サロンナビゲーター> 1975年12月27日生まれ。大阪府富田林出身。 自身、脱サラして1人整体院の開業から、様々な失敗や紆余曲折を経て約2年で年収1000万円を達成。 現在も同じ整体院を経営しながら、現場で実践済みの、すぐに役立つアイデアや解決策を活用したコンサルタントも行う。  ★詳しいプロフィールはこちら★